4035445 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2020.03.17
XML
テーマ:読書(3856)
カテゴリ:読書
●しのぶ梅 着物始末暦
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
着物の染み抜き、洗いや染めとなんでもこなす着物の始末屋・余一は、職人としての腕もよく、若くて男前なのだが、人と深く関わろうとしない。
一方、余一の古馴染みで、柳原土手の古着屋・六助は、難ありの客ばかりを連れてくる。
余一の腕を認めながら、敵対心を燃やす呉服太物問屋の若旦那・綾太郎。
朴念仁の余一に片思いをしている一膳飯屋の看板娘・お糸など…。
市井の人々が抱える悩みを着物にまつわる思いと共に、余一が綺麗に始末する!!
人情味溢れる筆致で描く、連作短篇時代小説。

 大好きな■高田郁さんのお薦め!■だそうだ。
【目次】(「BOOK」データベースより)
めぐり咲き/散り松葉/しのぶ梅/誰が袖
の四編からなっている物語。
そのすべてに古着が関わっている。
「きもの」をキーワードに、こんなに奥深いストーリーが展開されるとは、驚き。
いろいろな、いわゆる「職人もの」は読みましたが、この手のジャンルは斬新です。
江戸時代、着物のほとんどが古着だったという。
新品は、よほどの金持ちでなければ買えなかった。
「あきない世伝金と銀」■の五鈴屋も元は、古着屋(昔は古手屋といった)だった。
●読書メモ●

●吉原ではひとりの女と馴染みになると、他の女に手が出せない。
遊廓でお客の相手になる娼妓のことを「敵娼(あいかた)」という。

悉皆屋(しっかいや
普通の女は自分の手で洗い張りや縫い直しをするものの、染み抜きや染め直しとなると、さすがに
素人の手に余る。
そういう仕事をよろず請け負う店のことを、上方(かみがた)では、「悉皆屋(しっかいや)」と呼ぶらしい。
悉皆とは「ことごとく、すべて」という意味。

着古して褪せた黒色を俗に「羊羹色」という。

●裾模様の座敷衣装に白の半襟は吉原芸者にのみ許された恰好

●着物の始末屋・余一と一膳飯屋の娘、お糸は、神田川の和泉橋、筋違橋にほど近い所に住んでいる。

筋違橋とは、現在の万世橋。
昌平橋の隣だ!!

着物に関する雑学がいっぱい。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・
  






Last updated  2020.03.17 00:00:58
コメント(0) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

不可解なgo to キャ… New! 七詩さん

◎ 7月の歌 4首 New! sunkyuさん

可愛すぎて悶絶!ミ… New! maya502さん

3キロ痩せた! New! はんらさん

「いろいろ一遍に電… New! りぃー子さん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[1]:世界人口デー2020(07/11) New! maki5417さんへ 人間50年の時代と違って8…
maki5417@ Re:世界人口デー2020(07/11) New! 年収が不明ですが、5人はやはり多いです…
天地 はるな@ Re[1]:北海道歳時記:北海道の七夕(07/07) maki5417さんへ 七夕より、夏越の祓が有…
maki5417@ Re:北海道歳時記:北海道の七夕(07/07) 仙台も8月ですね。 関西では、仙台や平…
天地 はるな@ Re[4]:ハリエット★奴隷から英雄に(06/20) シェーグレンさんへ いろんな所で、血液…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.