3926236 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2020.04.09
XML
カテゴリ:お出かけ

4月3日、自転車で桜の花を見に行った。

ついでに、■大津神社■で花見。

いつもの年なら、多くの人で賑わう神社も、私以外に人はチラホラ。
人が少ないので、ゆっくりと見て回った。
いつもは見逃すところも見ることができた。

大津神社は、十世紀はじめ、醍醐天皇の御代に編纂された延喜式神名帳の河内国丹比郡に「大津神社三座鍬・靱」と明記されている由緒の古い神社で、「丹下の郷の大宮」と称えられていた。


古い時代は、どこまで遡れるのかと見て回った。
▲神社の周りはぐるりと石の柱が立っている。
▼「氏子中」の文字。「中」とは、志を同じくするものという意味。




▲手水舎(てみずしゃ)があったので、さっそく、手を清めた。▼


▲水の神様の龍から水。

境内の中にも石の鳥居がいくつかあった。
この鳥居は古そうだ。
よく見ると一本の石ではなく、継ぎ合わせている!
どうしてだろう、継ぐのって難しいと思うけど・・・。

▲井戸と「奉納」の文字がある手水鉢。
▼災害時には、ここが使えるようになっている。



▲この灯篭は、元文年間。「元文」1736年~1741年▼



▲石灯籠には、▼「明和三年」の文字。
明和は、 1764年から1772年。


寄進したのは、「泉州・堺 鰯屋利右衛門」。
どんな人だったのだろう。
この近くの出身者だとか・・・妄想が膨らむ・・・。

▲「天保九年」。天保とは、1831年から1845年。

ちなみに、明治は、西暦1868年10月23日(明治元年9月8日)から
1912年(明治45年)7月30日まで。

▲この神社の由緒が書いてある。
▼寛永と書いてある。寛永は、1624年から1645年
江戸幕府の将軍は、3代・徳川家光の時代。

その裏には、


昭和と平成の文字が・・・。
寛永のものを修理したののようだ。


▲お百度石が2か所に。▼

病気になった時、昔の人は、この、お百度石に快癒の願いを込めたのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2020.04.09 00:08:32
コメント(0) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

ランボー 最後の戦場 New! おいら ^o^さん

3年生に、書道セッ… New! **たまこ**さん

お得すぎるおためし… New! maya502さん

#フェイジョア 、#梛… New! 隠居人はせじぃさん

ノマド(遊牧民)的… New! Leadcoreさん

Freepage List

Comments

maki5417@ Re:21世紀の資本★ピケティ、格差社会を斬る。(05/25) 今度のコロナでまた富の集積が進みます。 …
天地 はるな@ Re[1]:散歩:昭和レトロに出会う。(05/23) makiさんへ 24日は、16000歩以上歩きまし…
maki@ Re:散歩:昭和レトロに出会う。(05/23) 目標、4000歩!(少な!!) 8000歩…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.