4120565 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2020.07.13
XML
カテゴリ:映画
レイニーデイ イン・ニューヨーク■♪音が出ます!!

うつりぎ気な恋の空模様にご用心。

大学生のカップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。
きっかけは、アシュレーが学校の課題で有名な映画監督ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをすることになったこと。
生粋のニューヨーカーのギャツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。
ギャツビーは自分好みのデートプランを詰め込むが、2人の計画は晴れた日の夕立のように瞬く間に狂い始め、思いもしなかった出来事が次々と起こるのだった……。

「君の名前で僕を呼んで」■のティモシー・シャラメ、「マレフィセント」シリーズのエル・ファニング、「スプリング・ブレイカーズ」のセレーナ・ゴメス、「キング・アーサー」のジュード・ロウ。
 ティモシー・シャラメは、■ストーリー・オブ・マイライフ■にも出ている、売れっ子だ!

この映画の監督は、ウッデイ・アレン。
ウッデイ・アレンは、セクハラ暴露をきっかけに起きた「#MeToo」運動でハリウッドから干されていたのに、けっこう早く復帰したなと思う。

「セクハラ失業した男」ウディ・アレン
NY 映画を見ていたら、NYに行きたくなった。
1980年代はじめ頃と、1990年代、■2003年から2004年の年末年始■の3度行ったことがあるけど、まだまだ見ていないところが多い。

今度行ったら、「アールデコ建築」をメインに見たい。
コロナで行けないけど・・・。( ;∀;)
ウッディ・アレン監督

1935年、アメリカ、ニューヨーク州出身。
1966年『What's Up, Tiger Lily?』で監督デビュー。
『アニー・ホール』(77)でアカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞の4部門を受賞。
今なお多くの映画ファンに愛される名作である。ほぼ年に1本のペースで作品を撮り続け、
『ミッドナイト・イン・パリ』■(11)は世界中で大ヒットを記録。
アカデミー賞4部門の候補となり、脚本賞を受賞。
『ブルージャスミン』(13)■では主演女優ケイト・ブランシェットにオスカー像をもたらし、自らも16回目のアカデミー賞脚本賞ノミネート(うち3度受賞)を果たしている。
同年ゴールデン・グローブ賞では、長年にわたり映画界に多大な功績を残した人物に贈られるセシル・B・デミル賞を受賞した。
近作に『マジック・イン・ムーンライト』(14)、
『カフェ・ソサエティ』(16)、■『女と男の観覧車』(17)など。
次回作『Rifkin's Festival』(原題・20)はスペインでの撮影を終え、公開を控えている。

・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・
  






Last updated  2020.07.13 00:00:58
コメント(0) | コメントを書く


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

『雪の練習生』 New! Mドングリさん

その後もドラマティ… New! hoshiochiさん

ラウンジサービスは… New! ぶどう^_^さん

UR GLRAM SLIM SKETC… New! ノマ@320lifeさん

神が戦い人も戦った… New! マックス爺さん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[3]:ペットボトルのリサイクルの問題点(07/27) maki5417さんへ 竹の盃ですか・・・。 竹…
maki5417@ Re[2]:ペットボトルのリサイクルの問題点(07/27) 天地 はるなさんへ 大阪と渋谷で、竹筒…
天地 はるな@ Re[1]:ペットボトルのリサイクルの問題点(07/27) maki5417さんへ 昔(時代劇など)は竹の…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.