4510882 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2020.11.26
XML
カテゴリ:父の麦わら帽子
 11月5日、夫の実家の柿の収穫に行った。
60年以上前からそこにある柿の木は、毎年多くの実をつける。
夫が木に登って柿の実を取り下で、段ボールの箱を待っている私に向けて落とす。

少しして、私の頭に痛みが走った。
柿の実が落ちてきたのだ。

「さるかに合戦や!」と私。
 私が幼い頃、父や母から聞いたおとぎ話のひとつに「さるかに合戦」があった。

握り飯を持った蟹が、木の上で柿を取っている猿に、
「握り飯と柿の実を替えことしよう」と提案する。
意地悪な猿は、木の下の蟹をめがけて柿をぶつけ、蟹は死んでしまう。
蟹の子どもが、臼や蜂、栗と蟹の仇をうつという話。
 今から60年以上前、田舎にいても、私の家には柿の木がなく、柿はめったに食べられなかった。
弁当  そんな中、私の妹は、おやつのおにぎりを持って、家の前に立っていた。
うちの家の前の家の子ども、■A子ちゃん■が柿を持って立っていた。

「かいとうしょう」と妹が自分のおにぎりを差し出した。
「かいとう」とは、「かえこと」つまり、交換ということを妹なりに言いたかったのだ。

いつも父や母に語ってもらった「さるかに合戦」が妹の頭にあったのだろう。

母は、私たちが大きくなってから、何度もその話を楽しそうにした。
 その後、柿とおにぎりが交換されたかどうか私は知らない。
 今年も柿は豊作だった。
食べきれない柿を夫があちこちに配った。

柿が食べたくても食べられなかった、60年以上前の妹や私に食べさせてやりたいと思った。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2020.12.08 00:03:26
コメント(0) | コメントを書く
[父の麦わら帽子] カテゴリの最新記事


PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

新年、新展示。galle… New! 歩楽styleさん

靴はコインランドリ… New! **ター子**さん

日向ぼこ New! あみたん7289さん

中国由来の迷惑千万 New! Mドングリさん

完結「水は海に向か… New! KUMA0504さん

Freepage List

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.