4662407 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2021.01.14
XML
カテゴリ:チープシック
 
今年、お正月の食器として、新しく加わったのが、塗りの雑煮椀。

夫の実家から引き継いだもので、夫の母親が結婚した時には、すでにあったというからどんなに少なく見積もっても70年以上。

この器は、夫の父親の家で使っていたもので、元は20客あったそうだ。

それを、夫の実家と夫の叔母がそれぞれ10客づつ分けた。
もちろん、箱入り。

私は、骨とう品が大好きで、貰い物の中に沢山の古い食器がある。
しかし、雑煮椀はなかったので、本当に嬉しい♪

お椀って「赤」と思っていたけど、本当は、朱塗りなんだと鮮やかな朱色を見て思った。
この模様はなんというのだろうか・・・。

今年からは、塗りのお椀がお正月の主役。
塗りのお椀でお雑煮が食べられるということは、私がこの家で元気に暮らせるということ。
これからは、一年一年を大事にしていきたい。
とはいえ、娘が欲しいといえば、譲るつもり。
未だに、食器や家具など、いいものがあると物欲がふつふつと湧くが、
体はいつまでもつか分からないから・・・。

正月は冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし
〜 一休禅師 〜

一休の歌がしみじみ分かる歳になった。
●お正月の買い物メモ●

*お雑煮用のミズナが柔らかくなくて困った。
*おせち料理は、毎年多すぎる。
来年こそは、足りないくらいにしよう。
*松、南天、ハランなどが家ので間に合うし、柳も見つけたから来年買うのはは、正月の花も、センリョウとウラジロだけでいい。
*ケーキか和菓子が欲しかった。
*イチゴの粒の大きいのを少し買って、一日一粒、3日間で食べた。
 イチゴを買ったのはセイカイだったと思う。

正月の器を仕舞う。2018
正月の器を仕舞う2020
◆手前左の食器、蓋つきの椀は、お雑煮用で、もう30年くらい前に骨董品店で買ったもので松竹梅の模様。
塗りのものは、扱いが大変なので陶器のものを買った。

◆手前、右の器は■鶴の皿。■
バザーで一枚70円で買った。

◆上の段右の蕎麦チョコは、湯のみに使っていて、100円ショップで。

◆真ん中の小さな湯飲みは、酢の物などを入れるものとして使っている。
もらったもの、これも松竹梅。

◆左の奥の皿は、もらいもので松と千鳥の模様。

◆これらを乗せている木製の黒いお盆は、100円ショップで500円。
普段からお盆として、ランチョンマット代わりとして使っている。

◆右の置いてある赤い紙ナプキンは、お正月っぽいかなと思って北欧の100円ショップ「タイガー」で購入。
クリスマス・シーズンだったので赤があったが、お正月に使えると思い購入。

こうして写真を撮っておけば、来年の参考になる。

▲鶴の形をした皿。
岡山の実家にあったものを2枚貰ってきた。
大好きな■futabaさんの動画の3分のとこに■出てくる黒いお盆がうちのとそっくり!!
うちのは、100均で500円だったけど・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2021.01.14 00:54:33
コメント(0) | コメントを書く
[チープシック] カテゴリの最新記事


PR

X

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

アチコチからいっぱ… New! ブルーミント5さん

『買えない味』2 New! Mドングリさん

今やってる翻訳 New! はんらさん

人生はつづれ織り絨… New! hoshiochiさん

027.最後の晩ごはん … New! ノマ@320lifeさん

Freepage List

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.