4768430 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

2021.02.26
XML
カテゴリ:父の麦わら帽子
今から60年以上前の子供の頃、私の生活範囲は、歩いていける狭い場所だった。
バスに乗って少し離れた町まで行くことは、年に一度もあるかないかのことだった。
 ある日、私は、バスで父と一緒に山陽本線の和気駅のある町に行った。
歯医者かどこかに連れていってもらったのだろうか・・・。
 帰りは、和気駅の前にあるバスターミナルから乗る。
誰も車を持っていなかった当時は、和気駅からあちこちに向けてバスが出ていて、結構人が乗り降りしていた。
 バスターミナルには、平屋の建物があった。
そこの入り口で、帰りの切符を買って、建物の中に入る。
中は土間になっていて、木枠の四角い炉がきってあった。

炉の中には、灰がはいっていて、真ん中で炭火がかっかとい熾っていた。

土間の火鉢を囲みながら大人が喋っている。
話好きな父は、すぐみんなと笑いながら話をしていた。
 私は、入り口のガラス戸から外を見ていた。
外には、バスが止まっていて、女性の車掌さんがバスを雑巾で拭いていた。

小さかった私は、車掌さんが羨ましくて仕方がなかった。
一番前に立って、腰から鞄を下げ、右手に切符を切る鋏を持っている車掌さん。
なにより、毎日バスに乗れることは素晴らしいと思った。
 当時から多くなかったバスの本数は、今は一日2往復だとか・・・。
ほとんどの人が車を使う。
和気駅前のバスターミナルにあったバスの待合所は、とおの昔になくなった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  






Last updated  2021.02.26 00:02:07
コメント(0) | コメントを書く
[父の麦わら帽子] カテゴリの最新記事


PR

X

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

スマホ、装備は整っ… New! MAYUKOはんさん

『文壇アイドル論』4 New! Mドングリさん

「FOURB」のベーグル New! はんらさん

喪失感を抱える二人… New! hoshiochiさん

059.欲が出ました [ … New! ノマ@320lifeさん

Freepage List

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


© Rakuten Group, Inc.