3657428 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

全75件 (75件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

八百八橋散歩

2019.01.08
XML
カテゴリ:八百八橋散歩

渡辺橋の名称は

古代から中世の文献にも見られるが、当時は現在の橋とは異なる位置にあったとされ、古代~中世文献における渡辺橋の正確な位置もはっきりしない。

現在の地に橋が最初に架けられたのは江戸時代で、堂島開発の一環として架けられた5つの橋(大江橋、渡辺橋、田蓑橋、堀江橋、船津橋)のうちの1つである。
渡辺橋の名称は、古代大阪の渡辺津(上町台地の北端あたりに比定される説が有力)からとられたとされている。

現在の橋は、地下鉄四つ橋線の建設と高潮対策の2つの理由により、
1966年に架け替えられたものである。
1991年には歩道部の改装がおこなわれた。

(▲1966年の親柱)
2003年に橋面と高欄部の改修が行われたが、その際、1966年に架けられた当時の親柱が橋の南詰東側に保存された。

肥後橋と合わせた顕彰碑も同じ場所に設置されている。


「渡辺」は渡しのほとりを意味し、大阪の古地形から上町台地の北端部あたりを指したものと考えられる。

平安時代にはこの水陸の結節点に勢力を張った渡辺党という武士団があった。
江戸時代になり、堂島開発にともなって渡辺橋はほぼ現在の位置に架けられた。
江戸期には大江橋と渡辺橋の間の堂島の浜は、堂島米会所を中心として米仲買人の家が立ち並び、米の街といってもよいほどの盛況であった。

(▲肥後橋と渡辺橋のデザインは、今も昔も一緒。)




堂島米市場跡碑

江戸時代米の取引きは、当初蔵屋敷の連なる土佐堀川沿岸の、北浜の路上で行われていた。
これを開いたのが豪商淀屋の2代目个庵(こあん)といわれ、そのため「淀屋の米市」と称されていた。
その後、交通妨害になることや、当時開発されたばかりの堂島新地の振興もあって、当地に移された(元禄 10年、1697)。
この移転は、淀屋の幕府によるとりつぶしの関係も考えられるが、いずれにしても公認のものではなく、米商人の自主的取引きであった。
その後江戸商人による公認の市場開設などあったが、享保(きょうほう)15年(1730)公認の帳合米市場が発足し、ここでの相場が全国の基準となった。

幕府崩壊と共に、明治2年(1869年)に明治政府により廃止された。
それに伴い堂島周辺の諸藩の大名蔵屋敷も没収されている。

その後、明治4年(1871年)に「堂島米会所」として復活。
明治6年(1873年)に油取引を加えて「堂島米油会所」となったが、明治9年(1876年)に油取引を分離して「堂島米商会所」となり、明治26年(1893年)に「大阪堂島米穀取引所」へと発展した。
大正7年(1918年)には過剰投機により米騒動を引き起こした。
昭和14年(1939年)に米穀配給統制法による日本米穀株式会社に吸収されて幕を閉じた。

靴 北区堂島浜-丁目3
中之島ガーデンフリツジ北東詰

天満橋■洪水で流失、耐久願い鉄橋に
天神橋■江戸時代にだんじり崩落事故。
難波橋(なにわばし)■ライオン橋
鉾流橋(ほこながしばし)
水晶橋■本来は汚水排出用につくられたダム。
大江橋■ 日の目を見なかった第二案
中之島ガーデンブリッジ
 渡辺橋
田蓑橋(たみのばし)
玉江橋
堂島大橋
上船津橋
船津橋


土佐堀川に架かる橋
天満橋■洪水で流失、耐久願い鉄橋に
天神橋■江戸時代にだんじり崩落事故。
難波橋(なにわばし)■ライオン橋
栴檀木橋(せんだんのきばし)
淀屋橋(よどやばし)■ - 御堂筋(国道25号)の橋
錦橋(にしきばし)■ - 歩行者専用の橋
肥後橋(ひごばし)■ - 四つ橋筋の橋
築前橋(ちくぜんばし)
常安橋(じょうあんばし)■ - なにわ筋の橋
越中橋(えっちゅうばし)■ - 歩行者専用の橋
土佐堀橋(とさぼりばし)■ - あみだ池筋の橋
湊橋(みなとばし)■ - 新なにわ筋の橋
端建蔵橋
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・






Last updated  2019.01.09 21:07:18
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.07
カテゴリ:八百八橋散歩

(▲大江橋と堂島川。)

中之島より上流が大川、または天満川(てんまがわ)、下流が安治川と呼ばれる。

(▲大川から堂島川と土佐堀川に分かれるところ。)

(▲左・堂島川、右・土佐堀川)
中之島では南北両岸に分かれ、北が堂島川、南が■土佐堀川(とさぼりがわ)■と呼ばれる。

堂島川はかつて■大江橋■の直前で堂島の北側へ■曽根崎川■を分岐していた。

また、1878年(明治11年)には田蓑橋の上流側から大阪駅に向けて■梅田入堀川(堂島堀割川)■が開削された。
しかし、曽根崎川は梅田入堀川より上流部が1909年(明治42年)の「北の大火」(天満焼け)で生じた瓦礫の廃棄場所になって埋め立てられ、1923年(大正14年)には下流部も埋め立てられた。
梅田入堀川も1967年(昭和42年)には全て埋め立てられ、阪神高速11号池田線やオオサカガーデンシティの一部に利用されている。


天満橋■洪水で流失、耐久願い鉄橋に
天神橋■江戸時代にだんじり崩落事故。
難波橋(なにわばし)■ライオン橋
鉾流橋(ほこながしばし)
水晶橋■本来は汚水排出用につくられたダム。

大江橋■ 日の目を見なかった第二案
中之島ガーデンブリッジ
渡辺橋
田蓑橋(たみのばし)
玉江橋
堂島大橋
上船津橋
船津橋


土佐堀川に架かる橋
天満橋■洪水で流失、耐久願い鉄橋に
天神橋■江戸時代にだんじり崩落事故。
難波橋(なにわばし)■ライオン橋
栴檀木橋(せんだんのきばし)
淀屋橋(よどやばし)■ - 御堂筋(国道25号)の橋
錦橋(にしきばし)■ - 歩行者専用の橋
肥後橋(ひごばし)■ - 四つ橋筋の橋
築前橋(ちくぜんばし)
常安橋(じょうあんばし)■ - なにわ筋の橋
越中橋(えっちゅうばし)■ - 歩行者専用の橋
土佐堀橋(とさぼりばし)■ - あみだ池筋の橋
湊橋(みなとばし)■ - 新なにわ筋の橋
端建蔵橋
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2019.01.07 00:40:01
コメント(0) | コメントを書く
2018.08.30
カテゴリ:八百八橋散歩

■中之島ガーデンブリッジ■は、

大阪市の堂島川(旧淀川)に架かる橋。

大阪市北区中之島2丁目と堂島浜1丁目の間を結んでいる。
橋の上を阪神高速1号環状線が通過している。
歩行者専用の橋。

ANAクラウンプラザホテル大阪の前に階段があり、

その横に堂島米市場跡記念碑がある。
1990年(平成2年)3月に架橋された(但し、正確には同年の4月1日から開催された花博'90に合わせて、突貫工事を行い、4月1日午前4時頃に完成した。

橋の特徴として、橋脚が端に寄せられ、片持ち梁の橋桁でくさびのような形状としている。


橋の中央に松岡阜の彫刻「そよかぜ」がある。

幅員は広めになっており、くつろげる空間が確保されている。
橋洗い
大阪には江戸時代より、町人たちがお上に頼らず自らの私財を投じたり、労力を惜しまず完成させたものが多くあり、「橋」もその一つです。
自ら「橋」を架けた心意気は「なにわの八百八橋」という言葉に表れているほどです。
この先人達が私財を投じてつくった橋や道が、何世代にも渡って受け継がれてきています。
私たちはその心意気を受け継ぎ、 大事に守り育てていかなけ ればなりません。
この想いが「橋洗い」に結びつきました。

「中之島ガーデンブリッジ」は、防災の使命を持って生まれた平成の橋です。
バブル最盛期の橋
中之島遊歩道と堂島公園を結ぶ歩行者専用橋として1990年に架設された新しい橋である。
同時に、堂島地区から、広域避難地に指定された中之島地区へ避難するための通路としても想定されている。
まるで、公共工事の予算を取るためにいろいろ詰め込んだ多目的ダムか広域農道のような橋だ。

おまけに、1990年4月1日の花博開催に間に合わせるため表装工事は徹夜の突貫工事をし、4月1日午前4時頃に何とか完成したとか。

公共工事に盛り、たくさんの意味をくっつけて湯水のような支出を正当化しようというバブル最盛期の典型のような橋でもある。


橋長:77.5m
幅員:20.0m
形式:桁橋
完成:平成2年
行政区:北区
河川名:堂島川
靴 アクセス:京阪中之島線 大江橋駅 
1番出口 およそ50m 徒歩1分

■堂島川■
天満橋■洪水で流失、耐久願い鉄橋に
天神橋■江戸時代にだんじり崩落事故。
難波橋(なにわばし)■ライオン橋
鉾流橋(ほこながしばし)
水晶橋■本来は汚水排出用につくられたダム。
大江橋■ 日の目を見なかった第二案

(▲中之島ガーデンブリッジの上には、江戸時代、明治時代の橋の絵が。)
中之島ガーデンブリッジ
渡辺橋
田蓑橋(たみのばし)
玉江橋
堂島大橋
上船津橋
船津橋

土佐堀川に架かる橋
天満橋■洪水で流失、耐久願い鉄橋に
天神橋■江戸時代にだんじり崩落事故。
難波橋(なにわばし)■ライオン橋
栴檀木橋(せんだんのきばし)
淀屋橋(よどやばし)■ - 御堂筋(国道25号)の橋
錦橋(にしきばし)■ - 歩行者専用の橋
肥後橋(ひごばし)■ - 四つ橋筋の橋
築前橋(ちくぜんばし)
常安橋(じょうあんばし)■ - なにわ筋の橋
越中橋(えっちゅうばし)■ - 歩行者専用の橋
土佐堀橋(とさぼりばし)■ - あみだ池筋の橋
湊橋(みなとばし)■ - 新なにわ筋の橋
端建蔵橋
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2018.08.30 17:06:12
コメント(2) | コメントを書く
2018.07.15
カテゴリ:八百八橋散歩

曽根崎川(別名蜆(しじみ)川)跡■は、
大阪府大阪市北区・福島区にかつて存在した河川である。
別名は蜆川(しじみがわ)。

堂島川の水晶橋 - 大江橋間より北へ分岐し、北新地の新地本通と堂島上通を両岸に西流、ほたるまちや関西電力病院の北を通り、堂島大橋 - 船津橋間で再び堂島川に合流していた。

(▲御堂筋なので、イチョウ並木が・・・。)

(▲サンマルクカフェの前が蜆川の跡)
別名の蜆川の呼称は、堂島蜆が多く取れたことに由来する、或いは改修が繰り返されて川幅が縮んだので「ちぢみ川」から転訛したとも言われている。
■歴史■
(▲滋賀銀行の右下に「しじみばし」の跡。)
貞享・元禄年間に河村瑞賢によって河川改修が行われ、1685年(貞享2年)に堂島新地(左岸)、1708年(宝永5年)に曽根崎新地(右岸)が拓かれ、米市場や歓楽街として発展。
近松門左衛門の『曾根崎心中』や『心中天網島』にも登場する。
1909年(明治42年)に北の大火(天満焼け)が発生した際に、瓦礫の廃棄場所となって緑橋(梅田入堀川)より上流側が埋め立てられ、1924年(大正13年)には下流側も埋め立てられて消滅した。

靴 *地下鉄御堂筋線を降り淀屋橋■大江橋■を渡って、北へすぐ。
■架かっていた橋■
(▲滋賀銀行のビルの右下)
上流から
難波小橋
蜆橋 - 御堂筋
曽根崎橋
桜橋 - 四つ橋筋
助成橋
緑橋
梅田橋
浄正橋 - なにわ筋
汐津橋
堂島小橋 - あみだ池筋


■川の痕跡巡り■
西横堀川の痕跡と金屋橋
難波新川の名残り
天満堀川跡と太平橋
梅田入堀川跡と出入り橋

廃川跡を行く
古代の運河 古市大溝


・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2018.07.20 04:27:24
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.08
カテゴリ:八百八橋散歩
昭和橋(しょうわばし)

木津川の分流点に昭和橋が架けられたのは昭和7年のことである。
この路線は計画道路梅田九条線(土佐堀通)に当たっており、市電路線でもあった。

主橋部には支間長69mのタイドアーチが適用されたが、橋が土佐堀通りから川口へ斜めに渡るため、67度近い斜橋となっているため斜めになったアーチ橋という大変設計の難しい構造となっている。

大きな橋体の重量を支える基礎には、軟弱地盤であることを考慮に入れ、長さ22~25mの木杭が、両側で千本以上も打ち込まれている。

宮本輝氏の■泥の河■は、この橋の描写から物語が始まっている。

(▲土佐堀川と木津川の交わるところ。)
堂島川と土佐堀川がひとつになり、安治川と名を変えて大阪湾の一角に注ぎ込んでいく。
その川と川がまじわる所に三つの橋がかかっていた。
昭和橋と端建蔵橋、それに船津橋である。


橋長:82.8m
幅員:25.5m
形式:アーチ橋(タイドアーチ)
完成:昭和7年
行政区:西区
河川名:木津川
靴 アクセス:OsakaMetro千日前線・中央線 
      阿波座駅 10番出口 
      およそ450m 徒歩7分

(▲剣山のようなものが橋に!登らないようにということか。)
木津川に架かる橋

昭和橋 - 土佐堀通
木津川橋 - 本町通
木津川大橋 - 中央大通・阪神高速16号大阪港線
大渉橋
松島橋
伯楽橋 - 長堀通
千代崎橋
大正橋■ - 千日前通
大阪環状線木津川橋梁
大浪橋 - 大浪通
木津川橋 - 国道43号・阪神高速17号西大阪線
千本松大橋
新木津川大橋
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2018.06.08 01:16:12
コメント(0) | コメントを書く
2018.06.07
カテゴリ:八百八橋散歩
木津川

大阪府大阪市西区中北部で淀川分流の
土佐堀川から分かれ、西区中央部を南へ縦断。
大阪ドーム近くの大正橋■で

西道頓堀川が東から合流■、西へは岩崎運河から尻無川への流れがある。

本流は大正区と浪速区、西成区との境界を成しながらなおも南下し、千本松大橋付近から徐々に南西流、そして西流へ転じる。
下流では大正区と住之江区の境界となり、木津川運河を分けて大阪港南部(大阪南港東部)へ注ぐ。

天満の子守歌

ねんねころいち 天満の市で
 大根そろえて 舟に積む

舟に積んだら どこまでゆきゃる
 木津や難波の 橋の下

「天満の子守歌」で歌われた歌詞に木津の名前が・・・。
川でつながっているということだ。

淀川から分かれて大阪湾に注ぐ木津川では、大型の貨物船が盛んに行き交います。
そのため長い間、木津川には橋がなく、人々の生活の足は渡し船でした。
■渡し■
落合上渡 大正区千島1丁目 - 西成区北津守3丁目 日中15分毎。
落合下渡 大正区平尾1丁目 - 西成区津守2丁目 日中15分毎。
千本松渡 大正区南恩加島1丁目 - 西成区南津守2丁目 日中15分毎。
道路橋は千本松大橋が対応。
木津川渡 大正区鶴町2丁目 - 住之江区平林北1丁目 日中45分毎。
道路橋は新木津川大橋が対応。


昭和橋 - 土佐堀通
木津川橋 - 本町通
木津川大橋 - 中央大通・阪神高速16号大阪港線
大渉橋
松島橋
伯楽橋 - 長堀通
千代崎橋

大正橋■ - 千日前通
大阪環状線木津川橋梁
大浪橋 - 大浪通
木津川橋 - 国道43号・阪神高速17号西大阪線
千本松大橋
新木津川大橋
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・






Last updated  2018.06.07 10:29:13
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.23
カテゴリ:八百八橋散歩

端建蔵橋(はたてくらばし)
江戸時代の中之島には諸藩の蔵屋敷が建ち並んでおり、中之島の西端にも蔵が建てられていたため、端建蔵という地名が生まれたとされている。
ただし、1843年(天保14年)に建てられた西条藩の蔵屋敷が中之島で最も西にあった蔵屋敷だが、中之島の西端というような場所には位置しておらず、民家の土蔵に由来するとの説もある。
享保年間に湊橋町(当時の町名)の西端に新築地ができ、年中裸足で過ごすような倹約家が土蔵を建てたことから「はだし蔵」とも呼ばれていた。



(▲アーチは、昭和橋)
■端建蔵橋(はたてくらばし):土佐堀川■
橋長:111.95m
幅員:24.00m
形式:桁橋
完成:大正10年(昭和38年嵩上げ)
行政区:北区、西区
河川名:土佐堀川
アクセス:OsakaMetro中央線・千日前線 
      阿波座駅 10番出口 
      およそ600m 徒歩10分
      大阪シティバス「船津橋」
      「川口一丁目」


■土佐堀川に架かる橋■
天神橋
難波橋
栴檀木橋(せんだんのきばし)
淀屋橋(よどやばし)■ - 御堂筋(国道25号)の橋
錦橋(にしきばし)■ - 歩行者専用の橋
肥後橋(ひごばし)■ - 四つ橋筋の橋
築前橋(ちくぜんばし)
常安橋(じょうあんばし)■ - なにわ筋の橋
越中橋(えっちゅうばし)■ - 歩行者専用の橋
土佐堀橋(とさぼりばし)■ - あみだ池筋の橋
湊橋(みなとばし) - 新なにわ筋の橋

端建蔵橋(はたてくらばし)
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2018.05.23 18:03:34
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.22
カテゴリ:八百八橋散歩

湊橋 (土佐堀川)

湊橋(みなとばし)は、大阪市北区中之島6丁目と大阪市西区土佐堀3丁目を結ぶ、土佐堀川(旧淀川)に架かる新なにわ筋の橋。


昭和15年に架け替えられた際、橋の位置は、上船津橋と直線でつながるように決められた。

橋の形式は三径間のゲルバー式鋼鈑桁で、橋長は88.5メートル、幅員は11.2メートルであった。

現在の橋は、都市計画道路尼崎堺線の拡幅工事によって、昭和57年に湊橋が架け替えられた。

新しい橋は、幅員約17mの橋が両側に架かり、

中央に阪神高速道路大阪神戸線が高架で通っており、橋の基礎は一体で造られている。

「泥の河」の石碑。


堂島川と土佐堀川がひとつになり、安治川と名を変えて大阪湾の一角に注ぎ込んでいく。
その川と川がまじわる所に三つの橋がかかっていた。
昭和橋と端建蔵橋、それに船津橋である。


藁や板きれや腐った果実を浮かべてゆるやかに流れるこの黄土色の川を見おろしながら、古びた市電がのろのろ渡っている。

「泥の河」の冒頭。
湊橋の南詰めには作家、宮本輝のデビュー作、「泥の河」の一節が刻まれている石碑がある。
かつて橋のたもとには宮本の父親が営んでいた中華料理店があり、宮本も9歳まで同地で過ごした。
 「泥の河」はその時の体験を元に書かれたもので、物語の中には「湊橋」の地名も登場する。■「泥の河記念碑建立

泥の河

(▲地名をあらわす標識がもうすぐ海だといっている。)

カキ船■ならぬカキ小屋。

湊橋
橋長:84.50m
幅員:17.35m
形式:桁橋(連続桁)
完成:昭和57年
行政区:西区、中央区
河川名:土佐堀川
アクセス:大阪市営地下鉄千日前線 阿波座駅 
      10番出口 およそ500m 徒歩8分
      大阪市営バス「船津橋」「土佐堀三丁目」

■土佐堀川に架かる橋■
天神橋
難波橋
栴檀木橋(せんだんのきばし)
淀屋橋(よどやばし)■ - 御堂筋(国道25号)の橋
錦橋(にしきばし)■ - 歩行者専用の橋
肥後橋(ひごばし)■ - 四つ橋筋の橋
築前橋(ちくぜんばし)
常安橋(じょうあんばし)■ - なにわ筋の橋
越中橋(えっちゅうばし)■ - 歩行者専用の橋
土佐堀橋(とさぼりばし)■ - あみだ池筋の橋

湊橋(みなとばし) - 新なにわ筋の橋
端建蔵橋(はたてくらばし)
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
    






Last updated  2018.05.22 09:56:07
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.19
カテゴリ:八百八橋散歩

(▲カフェ「MOUNT(マウント)にて)
ランチの後■北浜通りを歩いた。

一般的に浜は海岸線を示すが、江戸時代までの大坂では、川岸を「浜」と呼んだ。
「北浜」という地名も、土佐堀川の川岸という意味。
なぜ、北浜なのかというと、「船場」という地形の「北の浜」ではないかと私は考えている。■船場
ランチで満腹したのに、「お茶しよう」となる。
甘いものは別腹。

寄ったのが、■MOUNT(マウント)
食べたものは、揚げパン。
写真を撮るのを忘れた。(ノД‘)
ちょっと、肌寒かったけど、テラス席に座って、土佐堀川の流れや、公会堂、中の島図書館、市役所、中の島公園などを眺めながらおしゃべり。
コーヒー コーヒーを飲み、揚げパンを食べながら、私は、古民家カフェの話をした。妄想の・・・。
しかし、場所も、店の名前も、メニュー、ポリシー、従業員など具体的に決まっている。もちろん、妄想。
友人は、喜んで、

「私も働くわ(*´▽`*)」と言う。

観光船もよく通る。

お茶した後は、北浜をぶらつく。

北浜レトロ■や■カフェ&ダイナーNORTHSHORE(ノースショア)■など、おしゃれなカフェが多い北浜。

友人とは■去年もこのあたりをぶらついた。

大阪取引所前の五代友厚銅像

▲五代友厚像。
大阪堂島米会所

諸藩の蔵屋敷があった江戸時代の大坂の米穀取引所を起源に、五代友厚らが発起人となって設立された大阪株式取引所が前身である。
世界で最初の公設の商品先物取引と言われる。

 オリジナル帽子のデザインから製作の■PUT ON(プット オン)■■インスタ■をのぞいたり・・・。

次回は、5月に会う約束をして、帰った。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・






Last updated  2018.04.19 13:54:24
コメント(0) | コメントを書く
2018.04.13
カテゴリ:八百八橋散歩
土佐堀橋
土佐堀橋は、あみだ池筋の土佐堀川に架かる橋で、
初代は大正10年(1921)に新設。

越中橋と湊橋の間には長らく橋がなく、市電の開通に先立って架けられた。

大正10年に新設された橋梁で、市電桜川中之島線の開通に先立って完成している。


デザインが1920年代っぽい。


■土佐堀川に架かる橋■
天神橋
難波橋
栴檀木橋(せんだんのきばし)
淀屋橋(よどやばし)■ - 御堂筋(国道25号)の橋
錦橋(にしきばし)■ - 歩行者専用の橋
肥後橋(ひごばし)■ - 四つ橋筋の橋
築前橋(ちくぜんばし)
常安橋(じょうあんばし)■ - なにわ筋の橋
越中橋(えっちゅうばし)■ - 歩行者専用の橋

土佐堀橋(とさぼりばし) - あみだ池筋の橋
湊橋(みなとばし) - 新なにわ筋の橋
端建蔵橋(はたてくらばし)

中ノ島から見る土佐堀橋より下流の風景。



3本の線がアクセントの花壇が。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2018.04.13 09:39:16
コメント(0) | コメントを書く

全75件 (75件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

ガラスのフタモノ。 New! miki♪0319さん

きょういくときょう… New! maki5417さん

やっぱりクウネル New! yasu07270207さん

【常駐ガイド】§光照… New! ワルディー・ヨーリョさん

【聖子ちゃんカット… New! すずひ hd-09さん

Freepage List

Comments

天地 はるな@ Re[1]:大寒:氷点下41度の世界(01/20) maki5417さんへ 札幌雪祭りも雪が足りな…
maki5417@ Re:大寒:氷点下41度の世界(01/20) 雪もなく暖かな大寒です。
天地 はるな@ Re[1]:正月の器を仕舞う2020(01/07) maki5417さんへ 年齢を重ねると、健康で…
maki5417@ Re:正月の器を仕舞う2020(01/07) もうお正月も終わりですね。 いいお正月で…
天地 はるな@ Re[1]:「かぎろひ」と「かたぶく」と「かたむく」(01/03) 七詩さんへ 早朝、軽皇子に従って狩りに出…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.