3421612 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

全343件 (343件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 35 >

カテゴリ未分類

2019.10.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
パリに見出されたピアニスト■♪音が出ます!!
この指で、未来を拓く。

パリ郊外の団地で暮らすマチュー・マリンスキーは、「ご自由に演奏を!」と書かれたパリ北駅にあるピアノを弾くことが楽しみとなっていた。
ある日、マチューの演奏を聞いて足を止めた名門音楽学校のディレクター、ピエールは、マチューをピアニストに育てようとする。
乗り気ではないマチューだったが、紆余曲折を経て、4ヶ月後に迫ったピアノコンクールに挑むことになる。
イザベル・ユペールと共演した『アスファルト』で注目されたジュール・ベンシェトリが、ピアノに魅せられる主人公を演じるヒューマンドラマ。
ピアニストとして類まれな才能を持ちながら、生い立ちに恵まれず夢を持つことなく生きてきた孤独な青年が、彼の演奏を耳にした大人たちによって才能を見いだされていく。
バッハ、ショパンをはじめとしたクラシックの名曲の数々が全編で使用されている。


「アメリ」で有名なサン・マルタン運河■の橋やセーヌ河などパリの有名なロケーションが出てくるのも嬉しい。

今年火事で焼けたノートルダム寺院も美しい姿で出てきて、この姿は、もう見られないのか・・・と思った。
パリ、また行きたい!!

主人公のマチューは、家が貧しいから、ピアノを習うことができない。
たまたま近所に住んでいたピアノを弾くおじいさんに教えてもらい、おじいさんが死んだあと、形見にピアノをもらう。
ピアノの才能があるのに、貧しいから教育を受けていなかった。
ひょんなことから、名門音楽学校と関係ができピアノのレッスンを受けるようになる。
 彼は、近所のおじいさんと名門音楽学校の教師のふたりと偶然会ったから道が開けた。
もし、二人に出会わなければ、一生ピアニストになどなれなかった。

いくら才能があっても、貧しいために音楽が出来ない人っているだろうな・・・。
才能と財力が必要ということだ。
 マチューは、白人だが、彼女は黒人。
多民族の暮らす街パリではまったく抵抗がないのだろう。
さすが、パリ!!

路地裏の天才が本当の音楽に出会ったとき、運命の歯車が動き出す・・・。
数々の名曲に彩られる、感動のサクセス・ストーリー。

・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2019.10.19 00:00:54
コメント(0) | コメントを書く
2003.11.05
カテゴリ:カテゴリ未分類
人はな、生まれ在所(ざいしょ)から

三里以内にでけたもんを食べてたら、体によろしねん。

(田辺聖子さんのお母さんのことば・2002年4月23日付「朝日新聞」より)

近くの農家で出来た大根をゲット!!
ついでに、人参の葉っぱがあったのでもらった。

大根も見事な太さだけど、葉っぱも見事!!

この葉っぱを食べよう。
と、日記に書いたら、あらら、りとちゃん、ぶえなさん、ぶんぶんさん・・・。
たくさんの人が葉っぱも食べてるんですね。


◎大根の葉っぱ◎

大根葉のジャコ炒め
①茹でて、小さく切る。
②フライパンに、ごま油を熱して①を入れる。
③②に塩コショウをして出来上がり。

味噌汁の具として使う。
適当な大きさに切って、味噌汁に入れると、緑色がきれい。
たくさんある時は、茹でて冷凍。

漬物
沢山あったら、漬物なんかいいかも知れない。
私はやったことは、ないけど。

◎人参の葉っぱ◎

若い人参の葉っぱは、炒めるか、おひたし。

でも、軸が堅かったので、ホーローの水差しに入れて台所のグリーンにしました。

小さなグラスに少し入れて、テーブルの上の緑にも。

今日のお弁当の中に飾りに入れていますが、

ポテトサラダやハンバーグの上にあしらってもよさそう。



■追記■

◎大根の葉・はなびらさん◎の場合

わたしもいつもアゲと雑魚で炒めて食べていますが

味噌汁の時はゴマ油で炒めてからにすると美味しいですよ。

そしてぬか漬ですね。

その古漬けを少し塩抜きして炒めてお醤油で味付け
・・と、そんなこともしています
◎はなびらさん◎

■参考日記■

これから、ときどき◎えこもどき◎

■□■テレビしびれて■□■

★てるてる家族
この番組の歌は、たいてい知ってるけど「イースト菌の歌」は、はじめて聞いた。

★クローズアップ現代~貝を再生せよ・有明海に異変~
諫早湾に海水を入れないようにしたことで、赤潮の被害。
海苔を養殖するときに使う薬で、ヘドロ化。

★踊る!さんま御殿!!
作家の岩井志麻子登場。本と同じ、「ぼっけえきょうてえ」キャラ。



◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。 
★11月5日「落ち葉掃きの心得」UP







Last updated  2003.11.05 20:24:58
コメント(8) | コメントを書く
2003.10.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
下駄『からほりまちアート・3』(10/25.26)に来ない?案内するから。」と友人。

そこで私は、PCを捨てて街に出た。

------------------------------------------------------
からほりは、大阪市内の中心にありながら戦災を免れた長屋や町屋などが

数多く枯枝のようにのびる路地内には石畳や石段などがあり、昔ながらの

風景が数多く見られる珍しいまちです。

どこか懐かしいこのまちは、たてものだけでなく人々の暮らし・人と人との

つながりの大切さを今に伝えようとしているように感じられます。

「からほりまちアート」は、歴史を背負ったこのまちの魅力をもっと多くの人に

知って、感じてほしいと願い、このからほり界隈を舞台にして

芸術家さんたちの作品を展示するアート展です。

長屋の格子やたてものの壁面、石畳の上、その他アーティスト達の

多才な感性により思いもよらない空間にさまざまな作品が展示されています。(略)

    第三回 からほりまちアートのパンフレットより

----------------------------------------------------
友人の展示しているカフェが分らなかったので

立ち話しているお年よりに聞いたら、即、答えが返ってきました。

他のまちだと、お年寄りが、立ち話するにも路地がない。

知り合いもいない。

だからカフェなんか知らない。

*からほり*地域はステキだと思った。

着物を着た若い女の子が、下駄の音も軽やかに闊歩しているから・・・。

お年よりが、立ち話する場所と知り合いがいるから・・・。


**からほり・空堀**
空堀の名は、この辺りに豊臣秀吉が大阪城を守るために築いた
「南惣構え堀」が、水を入れない空の堀だったことに由来します。

■追記■
会場は、地下鉄谷町線または松屋町下車の空堀商店街界隈

■□■テレビしびれて■□■

★てるてる家族



◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。 
★10月24日「フシのくちあけ 」UP






Last updated  2005.06.18 23:14:32
コメント(6) | コメントを書く
2003.10.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
ボール
★星野監督勇退!ああ、ビックリ!

スター選手のいない阪神の唯一のスターは、仙ちゃんだったのに。

阪神の救世主だったのに・・・。ガックリ・・・。

どうなる、阪神タイガース。
死ぬまでタイガース~もっと勝ちたいんやっ!~(10/17)

大英国のMONOLOGUE

★勇退が一般紙のトップ記事!!ああ、ビックリ!!

その星野監督の勇退の記事、スポーツ新聞じゃなくて、一般の新聞のトップ記事だった。
おりしも、アメリカのブッシュ大統領が、集金に来るというのに・・・。
ガックリ・・・。

*** それにしてもこの金額の大きさは何事だ。

欧州連合の拠出額が2年間で2億ユーロ(260億円)なんだが、

その20倍近いカネを日本からふんだくろうとしているのである。
***
江草乗の言いたい放題:「日本はアメリカのATM(現金自動受払機)である」

★勇退ショックで株が下がる!!!ああ、ビックリ!!!
星野監督の動向は株をも左右するのか・・・。

選挙も近いというのに、日本人って、ノンキ(一番ノンキなのは、私)・・・。

それにしても、星野監督の勇退は、ショック!!!
ガックリ・・・。

しかたない、栗でも茹でて食べよう。
江草乗の言いたい放題「クリに触れるのは危険です!」 ガックリ・・・。


~栗三つ茹でて一人の秋とせり 遠くに君の海感じつつ~

         俵 万智

       

◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。 
★10月17日「民具:焙烙(ほうろく) 」UP






Last updated  2003.10.21 13:21:30
コメント(6) | コメントを書く
2003.10.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
健康のためなら死んでもいい
と日夜運動する健康オタクの夫。

かたや、のんびり、まったり過ごすのが好きな私。

でも、私も、ちょっと、健康のために気をつけようかなと思ってます。
年末、年始を、娘のレイとニューヨークで過ごすから・・・。

そんな時、夫が
「これから、歩いてくる」という。夜も12時を回ってるのに・・・。

いつもなら、知らん顔なんだけど、昨日は、
「私も、一緒に、行く」と言った。

「今日は、階段登りのトレーニングやから、無理や」というのも聞かず行きました。

夜中に階段を登る・・・。

きっと、お宮さんかどこかの階段に違いない。

「子の刻参り」、わら人形、五寸釘、ろうそく、呪いの呪文・・・。


と頭の中は、ふくらんで車でGO!

車の着いたところは、高層アパート。
「ここから、歩いて、お宮さんに行くの?」と聞けば
「この建物の階段を登るんや」と夫。

夫は、リュックを背負って、さっさと登り始めた。
本当に山に登るなら、荷物も持たないといけないからだって。

128段の階段を登って、降りること3回。その間、30分あまり。
無理が嫌いな私は、これでいいのだ!

車の中で待つことに。20回上り下りをして夫は帰って来た。
家に帰ったら夜中の1時半を回っていた。

今朝、起きたら体が、足が、めちゃ軽い。
会社が終わってからも、運動を兼ねて、遠くの図書館に行って本を2冊ゲット!!

私に今足らないのは運動だったんだなと思う。

今日、借りた本

●「タンポポの綿毛」 by藤森 照信
テルボ先生大好き。新聞やテレビに出るたび、見てます。
読みたかったんだ、この本。

●「日本の暮らしと小物たち」 by平野 恵理子
この人の、イラストも文章も大好き。
PCのイラストを描く意欲がわいたゾ。

「◎日本ちょっと昔話◎」
◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。 
★10月15日「民具:唐臼(からうす) 」UP







Last updated  2003.10.16 16:09:11
コメント(12) | コメントを書く
2003.10.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
♪チャンチャカ、チャンチャン、チャンチャンチャン・・・
昨日、お昼の用意をしていたら、賑やかな、鉦や太鼓の、だんじり囃(ばやし)。
「あっ、だんじり(地車)や!」と私は、あわてて、外に出る。

表では、ちょうど青年団のだんじりが止まったとこだった。
見ていると、
*おはな*、もらいました!!」の大声。
おはなとは、ご祝儀。

すると、「会計」と書いたタスキの男性が、鞄を持って、おはなをくれた家に行く。
その家の前にだんじりが止まってみんなで、お礼に手拍子。

♪叩きましょ(ちょーん、ちょん←手拍子)

も一度(ちょーん、ちょん)

祝ぉて、三度(ちょーん、ちょん)

子ども達も一緒に言ってる。

大人も子供も、祭のハッピを着てる。

メガホンを持って言ってる人も沢山いた。

メガホン、ハッピ、手拍子、あっ、阪神タイガースの応援みたい。(^▽^)

近所に、たった一枚残った田んぼの稲刈りが、いつの間にか終わっていた

**おはな**
はな。
子どもの遊びの「はないちもんめ」の「はな」と同じような意味かな。
他にも「優勝にはなをそえて・・・」とも使うし・・・。
「はなを持たせる」とか。
けっこう、使われてるんだなと感心。

■□■テレビしびれて■□■

★ザ!鉄腕!DASH!!
麦の取り入れと水飴つくり。

★武蔵

★末っ子長男姉三人
深津絵里、小雪、岸恵子大好き。岡田准一クンも好きなので、見ることに。
最初の頃の、深津絵里ちゃんの、上着、コート?の襟がかわいかった(^-^*)
ウエディングドレス姿もかわいい。

★刑事コロンボ

◎日本ちょっと昔話◎
◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。 
★10月12日「「鎮守の森」考 」UP

掲示板、スケジュールもついてます(^-^*)






Last updated  2003.10.14 16:54:29
コメント(4) | コメントを書く
2003.10.12
テーマ:ことわざ(4)
カテゴリ:カテゴリ未分類
***
娘のミナは息子ちゅんを誰よりも、私の母に見せたいと言う。

そのことを、母の近くに住む私の妹に相談すると、
「私が、お母ちゃんを連れて、車でそっちに行くわ。」

話がとんとん拍子に決まって、10月のはじめの日曜日に、妹と母が来ることになった。

当日、、遅くまで寝ていた私は、ちゅんの泣き声で目がさめた。
長女、ミナとちゅん、まもなく、近くに住む次女のレイが来て、ちゅんをオモチャに遊ぶ。

ミナとレイはちゅんを連れて出ていた、11時頃、母と妹が来る。

母は、なんだか元気がない。
こちらまでの2時間の車がこたえたのか・・・。

まもなく、ちゅんたちが帰って来た。
ミナは、
「おばあちゃん、ちゅんクンやで。

おばあちゃんのひ孫やで。抱いてやって」と母にちゅんを抱かせる。
母は、視力の弱まった目で一生懸命見ようとする。

ミナに抱っこされてミルクを飲む、ちゅんの足を頬にあてる。

台所と居間を行ったり来たりしながら、私は母がだんだん元気な顔になるのを確認した。

芽吹いた小さな植物に感動するように、

母は小さな、ちゅんから元気をもらった。


ちゅんの眠ってる間に、昼食。

母はミナに子育ての諺を話して聞かせるくらい元気になった。

その母が、ちゅんを見ながら言った。

「私は、もう一回、このこに会えるやろか・・・。」

「会えるよ、また来て、毎月でも、来て。」私たちはそう言った。


*孫を飼うより犬を飼え*という諺がある。

犬なら番をしたり、猫でも、ネズミをとる。
孫はいくら可愛がっても世話しても役にたたぬ。
恩知らずだ、という意味だそうだ。

ちょうど一週間前の今日、母の孫のミナとレイは、お婆ちゃん孝行をした。

でも、一番の、功労者は、ちゅんであるが・・・。


**孫を飼うより犬を飼え**

「山村の四季」創文社 宇都宮貞子 長野・更埴の諺





 
■□■テレビしびれて■□■

★あした天気になあれ。
観月ありさのいつものボケキャラがかわいくて、つい見てしまう。

◎日本ちょっと昔話◎
◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。 
★10月11日「運動会デビュー:おもちゃとり 」UP







Last updated  2003.11.23 12:12:51
コメント(2) | コメントを書く
2003.09.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
ハート
友人達と集まると、元気が出る。
多いに飲んで笑って、しゃべって、言い合って・・・。

23日は昼から飲み会で、13人が集まって、おおはしゃぎ。
あまりのうるささに、マンションの管理会社から苦情が来ましたが・・・。

でも、心に残った話があります。
98歳の痴呆の女性(以下98歳)と、看護をする人(以下看護)の話です。

      -------------------------------------------

98歳:「ちょっと、相談があります。
    わて、妊娠しましてん。」

看護:「それは、おめでとうございます。
    ところで、お相手は誰ですか?」

98歳:「それは言えまへん。名のある人ですさかい。
    それに、わての妊娠の事も内緒にしとくんなはれ」

看護:「そうですか。わかりました」

98歳:「ところで、私は、子は産めます。
    でも、年ですから、よう育てまへん。
    で、相談ですが、
    子どもを育ててもらえまへんやろか?」

看護:「分りました、私が必ず育てましょう。」

98歳:「ありがとうございます。」


   -----------------------------------------

*98歳の痴呆の人が「妊娠しました」と言った時、
 「おめでとうございます」と言ったあっぱれな、看護士。

*この看護士さんは、98歳の痴呆の女性に最後まで正気の人と話すように接したのです。

*私たちは、大笑いながらも感動したのでした。

*いくら痴呆の人とはいえ、その人はホンキで「妊娠した」と悩んでいる。
 
「痴呆の人と接するときだけでなく、いろんな時に、その人の気持ちになって接したいね。」

と、親の老人問題と、やがて来る自分の老いを身近に感じる私たちは、多いに納得したのでした。

楽しくてためになる「女遊び」、まだまだ止められません。

■参考日記■

「女遊び」

「女遊び」は、やめられない。


◎日本ちょっと昔話◎
◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。 

★9月24日「竹の生まれ月 」UP






Last updated  2003.09.24 23:39:13
コメント(4) | コメントを書く
2003.09.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
とんぼ
日本人に一番愛されてる童謡、それは「赤とんぼ」。

その、赤とんぼの歌の作者が生まれたのが、兵庫県・竜野市。

竜野市は播州の小京都と言われるくらいアジのある町です。

先日、友人とその竜野市に行って来ました。

そこで、「赤とんぼ」の作詞者・三木 露風(ろふう)の生涯を聞いてきました。

----------------------

三木露風は、竜野市の名家・三木家に生まれました。

財も地位もある三木家に不幸が訪れたのは露風7歳の時。
両親が離婚、幼い露風を残して家を出ます。

それ以前も裕福な三木家では、ばあやや、ねえやがいました。
けれど、母がいなくなってから幼い露風は、ねえやに甘えます。

けれど、そのねえやも嫁に行くことになりました。

   -----------------------------------------

夕焼け 小焼けの 赤とんぼ おわれてみたのはいつの日か。

十五でねえやは嫁に行き お里の便りも絶え果てた

山の畑の桑の実を 小かごに摘んだは幻か

夕焼け小焼けの赤とんぼ 止まっているよ 竿の先

「赤とんぼ」の歌が聞けます。


              ---------------------------

ねえやの背中に負ぶわれてみた赤とんぼ・・・。

可愛がってくれたねえやとの別れ・・・。

露風のおもいが伝わる歌・・・。


私たちが行ったのは、2週間前。とんぼが沢山舞っていました。

赤とんぼのふるさと龍野市、紅葉の頃、もう一度行きたいな・・・。

実は竜野市は、私の第二のふるさとなのです。


◎日本ちょっと昔話◎
◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。 
★9月17日「種蒔き 」UP

■□■テレビしびれて■□■

★♪満員電車でもみくちゃちゃ~・・・。
というCMが好き( ̄▽ ̄)






Last updated  2003.09.20 12:46:42
コメント(6) | コメントを書く
2003.09.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
お祭大好き!!
けど、最近のお祭は元気がない。
お神輿を担ぐ人も年々老齢化してるよね。

「俺らも神輿を担がなアカンねん」と50歳近くの時友人が言ってた。
今も彼は担いでいるんだろうか。今度聞いてみよう。


そんな、中で、阪神タイガースの甲子園での試合は、関西に住む者にとって、お祭。
「勝った」と言っては大喜び。
「負けた」と言っては酒盛り。
お祭に、大騒ぎはつきもの、セットです。

今年は、特に異常だけど。
*カーネルサンダースの呪い*がとけて優勝!!
18年ぶりのお祭みたいなもんかな。

そしたら、ええやん、道頓堀ダイブ。
やったらええやん。
だいたいやねぇ~、やってはいけないという事をするのがお祭やんか


川の水が汚いからっていうけど、飛び込むのは、本人が覚悟。

危険ていうけど、祭と危険は、これまたセット。

大阪・岸和田のだんじりなんて、毎年のように死者が出てるけど毎年続いてる。

飛び込む人の責任においてやったら、ええやん。

それに、飛び込む人も、前もって、大阪市に危険物やヘドロの撤去を取り去るように嘆願書を出したり、自分達で、撤去のボランティアをしたらどやろ。

水をきれいにというキャンペーンも一緒に。

お祭は、自分達でつくるもの、責任を負うもの。

お祭大好き!!


**カーネルサンダースの呪い**

18年前の優勝のとき、興奮したファンがケンタッキー・フライドチキンの看板、カーネルサンダース氏を拉致。
道頓堀川に投げ込んだ。
以来、優勝したことがない。
関西では、これは「カーネル・サンダースの呪い」と恐れられている。


■参考日記■
大阪時雨:道頓堀ダイブ

大阪時雨:道頓堀ダイブ2
----------------------------------------


●「おしゃれ手紙ってどんなことを書いてるの?」という人のために作ったページ。
◆はるな的◆

●ネイティブ関西人でない私が大阪に来て知った「へー・・・。」なことのページ
♪大阪しぐれ♪

◎日本ちょっと昔話◎
◎自然と人間が仲良く暮らしていたころの話です。 
★9月14日「*里山* 」UP







Last updated  2003.09.16 08:42:18
コメント(4) | コメントを書く

全343件 (343件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 35 >

PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

「春と修羅」再読 New! KUMA0504さん

ロンドン一泊中 New! MAYUKOはんさん

中国、記者に「習氏… New! h1212jpさん

ガラクタ市 New! ブルーミント5さん

『正しいコピペのす… New! Mドングリさん

Freepage List

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.