3487525 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おしゃれ手紙

全264件 (264件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

時事ネタ・主張

2019.11.11
XML
カテゴリ:時事ネタ・主張
 11月8日の朝日新聞に過去の秋篠宮の発言が載っていた。
★2009年誕生日発言。
「皇族の数が減ることは、仕事を担う人が少なくなりますが、国費負担という点から見ますと、決して悪いことではない。
★★2011年誕生日発言。
「(天皇の公務について)定年制というのは、やはり必要になってくると思います。
ある一定の年齢を過ぎれば、だんだんいろんなことをすることが難しくなっていきます。

★★★2018年誕生日発言。
「国事行事について何かを言うことができるかというとなかなかそういうものではないと思います」と前置きしつつ
「宗教行事と憲法との関係はどうなのか、という時に、やはり内廷会計で行うべきだと思います」
「大嘗祭自体は絶対にすべきものだが、身の丈にあった形で行うのが本来の姿」
「宮内庁長官などにはかなり言ったが、聞く耳を持たなかった」と続けた。

 秋篠宮家の長女の婚約者の母親の金銭問題などで、何かと悪く言われるが、この3つの発言は、どれも納得のいくものばかりだ。

特に、★★2011年、定年制については、「ご公務」という言葉を使っているのだから、「ご公務」が出来ないようになったらやめるのが、当たり前のことだ。

皇室一家が公的な発言をすることはあまりない。
一方、■イギリスのチャールズ皇太子■は、環境問題に関しての発言を多くしている。

ついでに言えば、伝統伝統というけど、江戸時代まで、天皇家は経済的につつましい生活をしていて、大嘗祭も昭和や平成、令和のような規模ではなかったらしい。
 「平成から令和への代替わりの契機となった天皇による退位メッセージは、象徴天皇のあり方について私たちが考えずにいたことを気づかせた。
今回、秋篠宮さまからも、ボールが投げられた。
憲法で政教分離が定められている中で、大嘗祭への公費支出が大切なのかどうか。
秋篠宮さまの発言のあるなしに関わらず、私たち主権者が考えるべき問だろう。」と朝日新聞は結んでいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2019.11.11 00:04:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.11
カテゴリ:時事ネタ・主張
地球人口抑制のための技術や規制や政策がどれだけあっても、■人は生殖をやめようとしない。
2050年までに地球上には90億の人間が溢れ、二酸化炭素を排出し、プラスティックごみを生み出し[日本語版記事]、カロリーを消費する。

人口爆発が心配される中、人口が減る、少子化が問題だといい続ける日本。
少子化、上等!!
これまでの人口が多すぎたのだ。

明治5(1872)年日本の人口は、34,806,000人。
今の3分の1。


防衛と徐々に増える人口に、新政府は、北海道で開拓をすることを進めた。
 自然と共に生きていたアイヌの悲劇がそこから始まった。
先日行った北海道でアイヌの女性、■知里幸恵のアイヌ神謡集・序文■を改めて読んだ。

そこには、アイヌの暮らしや文化が和人によって消えてゆくさまを悲痛に訴えていた。

同じように、アイルランドなどの移民によって、北アメリカのネイティブ・アメリカンの文化が無くなっていく悲劇もある。

人は、その地で食べていけなくなると、他を「開拓」する。
そこには、他の人が住んでいても、遠慮をしていたら、生きてゆけない。
 人口が増えるとは、そういうことだと思う。

7月11日は、■世界人口デー
アイヌ神謡集・序 
その昔この広い北海道は,私たちの先祖の自由の天地でありました.
天真爛漫な稚児の様に,美しい大自然に抱擁されてのんびりと楽しく生活していた彼等は,真に自然の寵児,なんという幸福な人だちであったでしょう.
 冬の陸には林野をおおう深雪を蹴って,天地を凍らす寒気を物ともせず山又山をふみ越えて熊を狩り,
夏の海には涼風泳ぐみどりの波,白い鴎の歌を友に木の葉の様な小舟を浮べてひねもす魚を漁り,
花咲く春は軟らかな陽の光を浴びて,永久に囀ずる小鳥と共に歌い暮して蕗とり蓬摘み,
紅葉の秋は野分に穂揃うすすきをわけて,宵まで鮭とる篝(かがり)も消え,谷間に友呼ぶ鹿の音を外に,円(まど)かな月に夢を結ぶ.
嗚呼なんという楽しい生活でしょう.
 平和の境,それも今は昔,夢は破れて幾十年,この地は急速な変転をなし,山野は村に,村は町にと次第々々に開けてゆく.
太古ながらの自然の姿も何時の間にか影薄れて,野辺に山辺に嬉々として暮していた多くの民の行方も亦いずこ.
僅かに残る私たち同族は,進みゆく世のさまにただ驚きの眼をみはるばかり.
しかもその眼からは一挙一動宗教的感念に支配されていた昔の人の美しい魂の輝きは失われて,不安に充ち不平に燃え,鈍りくらんで行手も見わかず,よその御慈悲にすがらねばならぬ,あさましい姿,おお亡びゆくもの……それは今の私たちの名,
なんという悲しい名前を私たちは持っているのでしょう.
 その昔,幸福な私たちの先祖は,自分のこの郷土が末にこうした惨めなありさまに変ろうなどとは,露ほども想像し得なかったのでありましょう.
時は絶えず流れる,世は限りなく進展してゆく.
激しい競争場裡に敗残の醜をさらしている今の私たちの中からも,いつかは,二人三人でも強いものが出て来たら,進みゆく世と歩をならべる日も,やがては来ましょう.
それはほんとうに私たちの切なる望み,明暮祈っている事で御座います.
 けれど……愛する私たちの先祖が起伏す日頃互いに意を通ずる為に用いた多くの言語,言い古し,残し伝えた多くの美しい言葉,それらのものもみんな果敢なく,亡びゆく弱きものと共に消失せてしまうのでしょうか.
おおそれはあまりにいたましい名残惜しい事で御座います.
アイヌに生れアイヌ語の中に生いたった私は,雨の宵,雪の夜,暇ある毎に打集って私たちの先祖が語り興じたいろいろな物語の中極く小さな話の一つ二つを拙ない筆に書連ねました.
私たちを知って下さる多くの方に読んでいただく事が出来ますならば,私は,私たちの同族祖先と共にほんとうに無限の喜び,無上の幸福に存じます.

  大正十一年三月一日     ■知里幸恵


父の麦わら帽子余滴:銀の雫降る降るまわりに
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・






Last updated  2019.07.11 10:49:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.15
テーマ:令和(65)
カテゴリ:時事ネタ・主張
 2019年6月5日(水)朝日新聞に載っていた「元号」に関する記事が面白かったので、ここに転記しておく。
 「新元号を考える 令和 ひざまずく先は」
池澤夏樹


さて、改元から一カ月、新しい元号の使い勝手はいかがだろう。
今回の皇位継承は諒闇(りょうあん)なき祝祭だったから世間がはしゃいだのは当然としても、お祭り総理の音頭取りでメディアをはじめみなみなよく踊ったものだ。
制定の過程を見ていてわかったのは、元号とは天皇制の権威を背景に官邸が国民に下賜(かし)するものだということだ、とうことだ。
プレゼントなのだからありがたく受け取るのが礼儀であって、中身に文句をつけたりしてはいけない。
「さあいいよ」と言われる前に包装を破いて中を見るのもダメ。

それが関係者のケータイ預かりなどなど、大掛かりな守秘の理由だった。
いわばめでたい縁起物。
 佐藤愛子さんに倣って「何がめでたい」などと言うのも御法度。◎ここから、略。
■字面■
明治、大正、昭和、平成、どれも字面いっぱいの四角い字が縦に並んで安定感があった。
今回は「令」がなで肩で菱形で「和」の上に乗せた時に頼りない。
■読み■
「令」は「りょう」と読めばよかった。
呉音は漢字よりも早く日本に入ったので、それだけ古雅に響く。
■意味■
いくら令嬢や令夫人などを用例に出しても、
この文字の第一義は「部下に対して命じる」である。
成り立ちは「神官が礼帽を目深に被り、跪(ひざまず)いて神意を聞く形」だという。
上位下達であり、法令の「令」なのだ。
今回、呼ばれた有識者の面々に学者はいても詩人たちはいなかった。
詩人は言葉の実施の専門家、こういう場面でこそ意見を問うべき相手である。
コピーライターや書家もまた同じ。
具体的に名を挙げれば、石川九楊、糸井重里、岡野弘彦、高橋睦郎、谷川俊太郎、長谷川櫂、馬場あき子。
こういう人たちが参画するべきだったが彼らに声は掛からなかった。
理由は明らかで、本気の議論になっては勧進元である首相官邸が困るからだ。
つまりは下賜する側、恩着せがましく渡す側の事情である。
■私見・こんな元号がいい■

候補六点の中では「万和(ばんな)」がよかった。
響きとしてはbの破裂音が元気がある。
「まんわ」ではなく「ばんな」と読むといわば音韻としてキャラが立つ。

ぼくが歴代の元号の中でいちばん美しいと思うのは「天平」だが、これも「てんぴょう」と読むところがいい(というのは井上靖に由来するロマンティシズムか)。

いくたび元号を変えようとも、変わらない影の元号がある。

「戦後」。
(以下略)


新元号:「令和」とは どんな眺めぞ・・・
新元号4月からじゃダメですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・






Last updated  2019.06.15 11:13:43
コメント(2) | コメントを書く
2019.05.05
テーマ:短歌(1759)
カテゴリ:時事ネタ・主張
なかつたらうマンモスを狩る男らが弱き子供を虐(しいた)ぐるなど
我孫子市 島津康右)


陰惨な幼児虐待事件に心を痛めたであろう人が詠んだ歌が、2019331日(日)の朝日歌壇に入選した。
なるほど。
氷河期までさかのぼるとは、すごい想像力だが、150年前の日本でも子どもの虐待はほとんど見られなかったようだ。
明治初期に来日した外国人が、こぞって日本は子どもの楽園だと讃える声を紹介してきた。


 
《政府は28日、学校を長期欠席している子どもが虐待を受けていないか、緊急調査をした結果を公表した。
教員らが面会をしたうえで、「虐待の恐れがある」と判断し、児童相談所や警察と情報共有をした子どもが2656人、面会ができず、「虐待の可能性が否定できない」として情報を共有した子どもが9889人に上った。》 
329朝日新聞
かつて日本はこどもの楽園だった。
高瀬仁の「諸悪獏作」日記
https://takase.hatenablog.jp/entry/2019/03/31/


冒頭の短歌を朝日新聞で読んで、ブログに絶対に載せようと思っていた。

テレビのニュースで虐待のニュースを聞くとあまりの辛さについ、チャンネルをかえる。

高瀬仁氏は、児童虐待が日本人のお家芸ではない、かつての日本は、こどもの楽園だったと書いている。

今日、5月5日は「こどもの日」。

・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   









Last updated  2019.05.05 00:07:30
コメント(2) | コメントを書く
2019.04.02
テーマ:ニュース(78318)
カテゴリ:時事ネタ・主張
5月からの新元号が「令和」に決まった。
どのチャンネルを回しても、この話題ばかり。
 はるか昔から、天皇家を敬っているかのごとき元号の存在だが、元号が庶民に広く使われるのって明治以降だという。
暦も明治も中頃までは、干支がハバを聞かせていた。

江戸時代

(▲■津堂城山古墳■)
天皇陵という古墳も、明治時代まで■天皇家の墓=古墳■は、田畑や里山として存在していた。

(▲■大鳥塚古墳・別名、質屋古墳)
中には、質草となって■質屋古墳■という名前の古墳もある。

(▲■大塚山古墳■)
それどころか、■古墳の中に村まで出来て■昭和3年まで人が住んでいた古墳もある。
 形式的にではあるが、天皇の許可が出てはじめて元号が認知されるかのように、テレビでは報道されているが、天皇の存在が大きくなったのは、明治からだということは、歴史的な事実。

と言っても、私は、「令和」に対して文句をつけているのではない。
ただ、歴史が好きなだけ・・・。
武士の家計簿■で明治になっても、主君といえば、藩主だったそうだ。

来月から、「令和の時代」がはじまる。
外務省などは、新元号から■「和暦」を使うことをやめる■といわれているし、どんどん元号の使用は少なくなるだろう。

ともあれ、「令和」時代に、どんな思い出が残るだろう・・・。
桜

     令和とは どんな眺めぞ 花へんろ

元うた■昭和とは どんな眺めぞ 花へんろ■早坂暁

新元号:4月からじゃダメですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2019.04.04 02:21:26
コメント(0) | コメントを書く
2019.03.11
カテゴリ:時事ネタ・主張


「多くの人々が、今度の戦争でだまされていたという。
みんながみんな口を揃えて騙されていたという。
(略)
自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無責任などが悪の本体なのである。
(略)
「だまされていた」といって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるであろう。

いや、現在でもすでに別のうそによってだまされ始めているにちがいないのである。」
伊丹万作「戦争責任の問題」
1946年8月「映画春秋」より。

 伊丹万作の文章を読んで、これは戦争だけでなくなんでも通じることだと思った。
例えば、原発問題。
原発

2011年の3.11の事故が起き、原発事故が起きた時、自分の使う電気が、こんなことを招くなんてと思って慄然としたはず。
「チェルノブイリ原発事故」や「スリーマイル島原子力発電所事故」など、それまでにも事故は起こって、
「反原発運動」は起こっていたのに・・・。
節電ポスター
3.11の事故直後は、「原発反対」、「もっと省エネを」、「自然エネルギーを」と思ったはず。

そして8年がたった今、どれだけの人が、原発反対」、「もっと省エネを」、「自然エネルギーを」思い、実行しているだろうか・・・。

昨年の九州旅行■で原発の見える宿に泊まった。

宿の従業員は、
「事故はありませんから・・・」と当然のように言う。


自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の
文化的無気力、無自覚、無責任などが悪の本体なのである。


人の生が「終わり」を孕んでいるのは確か。■2018.3.11

大地震のニュージーランドに日本人が「紙の聖堂」を作った!■2016.3.11

2011.3.11に関する娘とのメール■2015.3.11

3.11と西表島の意外な繋がり■2014.3.11

命と引き換えの原発にNO!■2013.3.11.

3.11雑感■2012.3.11.

2011.3月目次
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2019.03.11 00:09:47
コメント(4) | コメントを書く
2019.03.04
テーマ:ニュース(78318)
カテゴリ:時事ネタ・主張

(▲パリのメトロ)

大阪メトロ様
この歴史ある、レトロでかわいい大阪の地下鉄の駅を、変なデザインにしないでください。
先日、朝日新聞にて、このような記事が掲載されました。
下記リンク先をぜひご覧ください。
朝日新聞
[引用]-----
御堂筋線などの15駅、「個性的なデザイン」に大改装へ
2018年12月20日23時53分

大阪メトロは20日、御堂筋線と中央線の計15駅を、2024年度までに順次、大改装する計画も発表した。
300億円を投じ、各駅を地域の特色に合うイメージにつくり変える。----------

この記事に掲載されている写真を見て、目を疑いました。
そこには、私たちが慣れ親しんだ、あのレトロな、かわいらしい、落ち着きのある大阪の地下鉄の駅とは懸け離れた、安っぽい、派手な、悪趣味な、そして駅のある場所とはむしろつながりの薄いデザインの案が載っていたのです。



名物市長だった關一(せき・はじめ)第7代大阪市長によって1933年に開業され、すでに80年以上の長い歴史を持つ大阪の地下鉄は、私たちみんなの誇りです。
大阪市民にとっては、地下鉄は日常の足です。
どこへ行くにも、何をするにも地下鉄です。
そして、ただそれだけではなく、何十年にもわたり愛され、親しまれてきた文化遺産であり、貴重な歴史遺産でもあります。


たしかに古びて、色あせてはきていますが、それはこの駅たちが大阪市民とともに重ねてきた年月の色であり、たくさんの──ほんとうにたくさんの大阪市民の、夢や希望、そして人生そのものを運んできた地下鉄だけがもつ、温かいぬくもりなのです。

それを、このような、いままでの駅に敬意を感じられないデザインにしてしまうことに、強く反対します。
もちろん、バリアフリー化や利便性・安全性の向上など、ほんとうに必要な改修にまで反対しているわけではありません。


どうか、85年の歴史を誇る大阪の地下鉄を、大阪に住む人びとにも、大阪を訪れる多くの人びとにも、さらに100年先まで伝えていくために、大切にメンテナンスをして、いまのレトロでかわいらしい、落ち着きのある姿を残してください。
私たちは、心からそう願います。
【呼びかけ人】岸政彦(立命館大学教授)柴崎友香(作家)
以下、(略)。

「コレはあかん。絶対ダメ」
12月25日15時現在、賛同者は18300人を超えた。
目標である25000人までもう少しである。
「change.org」のコメント欄には、署名に賛同したユーザー達から、
「リニューアルするにしてもコレはあかん。絶対ダメ」
「情緒ある大阪の地下鉄を変なデザインにほんとしないでほしい」
といった共感の声が続々と寄せられている。


「これやこの 都市計画の権威者は 知るも知らぬも大阪の關」と詠まれた名物市長だった関一。
都市計画学者でもあった関市長の遺産を壊す、ドラ息子のアホな建築家は、誰の許可を得てデザインを変えようとしているのか・・・?!
「コレはあかん。絶対ダメ」

800億円使うんだったらエスカレーターやエレベーターの増設、死引退障害者など生活弱者が使いやすいような駅に使うことが望ましい!!

写真は、パリのメトロ。
1900年の開通時のデザインだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   
   






Last updated  2019.03.04 00:06:52
コメント(2) | コメントを書く
2019.01.19
テーマ:ニュース(78318)
カテゴリ:時事ネタ・主張
 エンブレムは白紙撤回に始まり、
2520億円もの巨額の総工費に批判が集まり、計画はいったん白紙になった新国立競技場。
きわめつけは、東京オリンピックの誘致に関連した収賄容疑でJOCの竹田会長が訴追されるかもしれないという。

おそらく、日本人の多くはオリンピックをやらないでほしいと思っていると思いますね。

はっきり言って税金の無駄遣いです。
消費税がまた上がろうとしている最中、ごたごた続きで、組織を変えても また、同じことがおきます。
有名人をたくさん起用していますが、たぶんまた失敗します。
すべての責任は、最高責任者が安保法制に現を抜かしていたことになるわけで、安部さんがなんら責任を取らないこともおかしいと思いますね。
国民をなめていることの証拠です。
どれだけ国民を馬鹿にし、税金を無駄にしたら阿部さんは気が済むのか、ただのお詫びだけで済まそうとする(略)・・・。


だが、悲しいことに、
国民全体の文化的無気力、無自覚、無責任な国民は、騙されても、騙されても、自民党を支持し続ける。
「街場の五輪論」
(略)
無言の同調圧力を私は五輪招致という論件についても感じる。
「そんなことを言っても、いまさら始まらない」という無力感と世論の中で孤立して無用のバッシングを浴びたくないという恐怖心が、五輪問題についての「そんな話、オレは知らんよ」というシニカルな態度を導き出しているということはないのだろうか。
(略)
正直言って、私たちは「五輪なんかどうだっていい」と思っている。
でも、「だから黙っている」という選択肢はどうも許されないような言論状況であるので、この本(「街場の五輪論」)を作ることになった。
だから、この本について言えば、そこで語られていることよりも、
「こういうことを語る人がこの三人の他にあまりいない」という言論状況そのものの方が問題なのだ。
「語られているコンテンツ」より「そのようなことが語られることに対して抑圧が働いている」という事実の方が重いということである。

日本は、言論の自由があるなんて、嘘だと思う。

すでに、■2017年9月に、こんな記事がある。

東京の五輪招致については、
シンガポールのブラック・タイディングスという怪しげなペーパーカンパニー(テレビが取材に行ったが、ボロい団地の一室であり、看板もなく、無人だった)にコンサルタント料が振り込まれたことが国会で問題になった。
この送金の事実を明らかにしたのは、国際陸連の汚職と資金洗浄を調査していたフランスの検察局である。
国会でも問題にされたが、当時の馳浩文部科学相は「招致委員会は電通からブラック・タイディングス社が実績があるからと勧められ、招致員会が契約することを決定した」と語っている。
ブラックタイディングス社の「実績」というのはペーパーカンパニーを経由しての資金洗浄と買収のことである

支払いは2013年7月と10月の二度にわたって行われたが、これは開催地決定の前後に当たる。
誰が見ても「手付金」と「成功報酬」
としてしか解釈できない。

国会での答弁では、二度にわけた理由を問われて
「金がなくて一度に全額払うことができなかった」とされているが、実際には招致委員会は資金潤沢であり、この説明にはまったく説得力がなかったが、日本のメディアは深追いせず、これを放置した。
文科省、招致委員会、電通・・・五輪招致をめぐって、これから忌まわしい事実が次々と暴露されるだろうけれど、それらを解明するのが「海外の司法機関」であり、それを伝えるのが「海外のメディア」であるということに私は日本の社会制度がほんとうに土台から腐ってきていることを
実感するのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2019.01.19 00:01:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.17
カテゴリ:時事ネタ・主張

(▲■江戸時代に起こった地震の碑文。■)
命を守るために、これだけはというポイントをまとめたのが、
「命を守る1.2.3」だ。

いつかやってくる巨大地震津波に備えて、生死の分かれ目となる大切な3つの数字がある。
「1.2.3」とは、1メートル、2時間、3階のこと
■1メートルとは、津波の浸水の高さを示す。
1メートルで生存率ゼロが、東日本大震災の被害調査をもとに内閣府が公表した命の教訓だ。
水深1メートルなら泳いで逃げられると思うのは危険すぎる誤解。
津波の深さが30センチでも大人が立つことが難しく、転倒すれば瓦礫まじりの濁流に流される。
津波が来る前に避難することが鉄則だ。


■2時間とは、地震の発生から大阪市内に津波が到達するまでの時間
2時間もあると思ってはいけない。
その時すぐに逃げられる状況とは限らない。
非常時には交通も遮断され、道が人であふれて、ふだんは5分で移動でき場所へ1時間かけても行けないかもしれない。

出来る限り早く、安全な場所へ移動すること。

(*安政南海地震(1854年12月24日)では、地震を感じて家の一部が損壊し、人々は家の下敷きになるのを恐れて、船に乗って難を逃れようとしたが、地震の2時間後、津波が襲ってきて、船は転覆し、橋は落ち、地震で人は死ななかったが、津波で350人が死んだ。)
■3階とは、大阪市で予想される最大に津波が届かないビルの階数をさす。
フリーペーパー「月刊島民」2018.3.1より
月刊島民■とは、大阪市北区中之島の島内及び周辺の話題を、毎月提供している月刊誌のフリーペーパーである。
副タイトルは橋を渡る人の「街事情」マガジンである。


(▲クライストチャーチの写真。2016年1月撮影。)

●逃げる時、ガラスなどを踏まないため
寝室に、スリッパを置いている。

●寝室の家具を少なく、低いものにしたい。
今のままだと、危ない。

震災と木造校舎■2011.1.17

竹の仮設住宅■2009.1.17

公務員の通勤手段■2007.1.17

阪神大震災からなにを学んだのか。■2005.1.17

南海地震が起きると■2004.1.17

丸い鯛の目■2003.1.17

写真はすべて■クライストチャーチ大地震■の爪痕。クライストチャーチにて、2016年1月撮影。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・
   






Last updated  2019.01.17 10:36:06
コメント(2) | コメントを書く
2019.01.09
テーマ:ニュース(78318)
カテゴリ:時事ネタ・主張
 今年の5月から新元号に変わる。
元号の良し悪しは、この際おいておいて、なぜ5月からなのか・・・。

学校の新学期も4月から、会社や官公庁の始まりも4月から。
となれば4月からの方が影響が少なかったのではないかと思う。

元号の存在感薄れる?「西暦の方が便利」

大学の入学願書の様式を調べて見ると、京都大、同志社大、立命館大、京都産業大とも西暦限定。
皇室ゆかりの学習院大でさえ現在は西暦しか受け付けず、担当者は「増加する留学生に対応するため」。
国際化で元号の使用頻度が低下する実態が垣間見えた

・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・


   






Last updated  2019.01.09 21:07:30
コメント(2) | コメントを書く

全264件 (264件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

PR

Recent Posts

Category

Archives

Favorite Blog

圧倒的な存在感!リ… New! ひより510さん

無くても困らない、○… New! memiko.sさん

クレヨンしんちゃん … New! おいら♪♪さん

【11枚の画像とと… New! すずひ hd-09さん

「沖縄県平和祈念資… New! KUMA0504さん

Freepage List

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.