2020.01.24

多肉・クロホウシの花が咲いた!!

カテゴリ:雑記
黒法師は、
アエオニウムに属する多肉植物です。
「サンシモン」という別名で呼ばれることもあります。
 黒法師の葉っぱは、黒のような紫のような、独特のシックで美しい色をしています。
ロゼッタ状なのも大変魅力的です。春から初夏に向けて、葉を日光に当てると、よりと美しい黒紫になります。
葉の下部が少しずつ枯れるのにともない、茎がのびていきます。
茎はやがて木の幹のような雰囲気になり、長いものですと100センチにも成長。
茎がぐんと伸びると、また趣きが変わります。
観葉植物として楽しむのも良いですし、適度な長さでカットして、花瓶に挿して楽しむこともできます。

 あちこちで見る、多肉植物がクロホウシ。
でも、花の咲いているのを見たのは、初めて。

そんなクロホウシに花が咲いた!!!

黄色い花が咲いた。
ネットで調べたら、長い事育てていると、咲くそうだ!!
そして、花の後、枯れるのだそうだ。

鉢ごともらって、もう何年になるだろう?
いつまでも生きているような多肉にも終わりがあるんだな・・・。
(-人-)
もちろん、葉っぱの部分を挿しておけば、すぐ根がついて成長する。
・・・・・・・・・・・・・・・・
バナー ボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
・・・・・・・・・・・・・・・・・
   





TWITTER

Last updated  2020.01.24 00:35:02
コメント(0) | コメントを書く