1874029 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

毎日カタカタ♪昭和レトロ♪

全5件 (5件中 1-5件目)

1

子育て

2021.07.29
XML
カテゴリ:子育て
​​​​​子供って本当にときたま想像もつかない事をやらかしますよね。

先日、夜寝る前に洗面所で子供二人が何か楽しそうに盛り上がっていたんですが、
たいして気にせずにいました。

そして、寝室に行くよーと声をかけたところ、
二人ともニコニコして、

「髪の毛きれいになったースマイル
「つやつやになったースマイル

とか言ってるんです。

匂いが漂ってきて、嫌な予感…

​​​「…髪の毛に何か塗った??何塗ったの!?」​​

「もしかしてアルコール消毒塗ったんじゃないよね??」

「・・・」

そう、奴らは髪の毛にアルコール消毒用のジェルを塗り込んでいたのです…ショック

「何やってんの!髪の毛ボロボロになるよ!」
と、とりあえず二人とも濡らしたタオルで髪を拭きましたが、
何が悪いのか全くピンと来ていない様子。

小学生も居てなにやってんだかぷー

アルコール消毒の髪への影響は本当のところわかりませんが、​​
塩素系の消毒じゃなかったのは不幸中の幸いでした。


​↓応援のクリックお願いします!​
にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ
にほんブログ村​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2021.07.29 11:03:21
コメント(0) | コメントを書く


2021.07.23
カテゴリ:子育て
夏休みに入りましたね。
毎日暑いです晴れ

コロナの影響で市営プールなどのきなみ営業停止しているのもあって、お庭のプールが大活躍です。
朝から水を張って、太陽の光で水を温めてから入ると気持ちいい温度になります。
子供たち大喜び。



でもこれだけ大きなプールになると、水を抜くのが大変ですよね雫
じょうろですくって水やりに利用してもまだまだ残っている。

一応排水用の穴はついてるものの、少し本体を持ち上げて空気の隙間を開けないと水が出ていかない。
水の量が多い分すごい重さになるので、持ち上げられない。

そんな苦労をしていたのが劇的に楽になった方法を紹介します!



​<プールの水を簡単に排水する方法>​​

​​​​​​​​
必要なものは、2mほどのホースのみ!
ホームセンターなどで切り売りしています。


これで、「サイフォンの原理」を利用して排水していきます。

1.プールの中にホースを丸ごと沈める(このときホースの中に空気が残らないようにする)

2.ホースの片方を水から出ないように石などで押さえる

3.ホースのもう片方に水中で指などを突っ込んでフタをして、水が出ないように(空気が入らないように)したままプールの外の低い場所に出す
ホースの中は水だけが入っている状態。これがちょっと慣れるまでは難しい。

4.ホースに突っ込んでいた指を抜く



そうすると、あら不思議。
ホースからどんどん水が出ていきます。
このまま放置するだけ!



こうして大部分の水が抜けてから、残りの水を処理して終わりですグッド
参考にしてくださーい。


​​​↓応援のクリックお願いします!​​​
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児・保育園児育児へ 

にほんブログ村​​​​​​​​







Last updated  2021.07.23 16:45:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.22
カテゴリ:子育て
​​​​​子供の言い間違いって何とも言えない味わいがありますよね。

面白い言い間違いやお気に入りの言い間違いは、
忘れないように時々メモしていました。

いつの間にかきちんと言えるようになっていて、
成長を感じる一方でなんとなくさみしい。

そんな言い間違いの中で、特に気に入っているものを書いてみます。

​​​​​​テントウムシ:とんてーむし
ふつうにかわいいやつ。

エプロン:うぺろん
​外国語っぽい聞きなれない響きがカッコいい。
子供が言わなくなっても気に入って自分が使っている。

​​​​​

​トウモロコシ→ころし​

「ころし」の響きが完全に「殺し」で、物騒!


​掛け布団→かくべとん​
こちらも響きが「核ボタン」でかなりの物騒度合!


​スピード→ピスード​
おかーさん、すごいピスードで走れるよ!
とドヤ顔してるけど、ピスードて…!
間抜けでかわいい!


​できない→しれれない​
「する」の五段活用?
謎の文法を編み出している。


こんな感じで、ひとつひとつ思い出があります。


↓応援のクリックお願いします!​​​
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村​​​​






Last updated  2021.06.22 12:10:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.17
カテゴリ:子育て
​​​今となっては普通に出入りするようになった児童館(支援センター)。
初めていくとき、すごくドキドキしませんでしたか?

第一子が生後半年ごろに、意を決して行ってみることにしたんですが、
引っ越してきて知り合いもいない状態で、
「ボスママ」みたいな人がいたらどうしよう?とか、
ママたちのグループが出来てて、ポツンとなったらどうしよう?とか、
行くのに結構勇気が要りました。

そして、満を持して行ってみることに!

徒歩圏内にある児童館。
受付には優しそうな先生方。

さあ、いざ行かん!

・・・と乳幼児用のお部屋へ行ってみると。


​しーん。​​


あれ?

まさかの展開。

​誰も居ねぇ!​

ある意味ポツンだけど、気兼ねは要らない。
決死の覚悟は何だったのか。
その日はおもちゃで少し遊んで(といっても生後半年ではたいして遊べない)、
先生と少しお話して帰りました。

後から思うと、行った時間が悪かった。
確か午後の2時か3時ごろだったかな。

その児童館が乳幼児でにぎわうのは午前中だった。

その頃ぐうたらで朝が弱かった私は午前中には家事が終わらずに、
午後から活動していました。
(今は小学生の朝の時間に合わせて早起きできるようになりました。)

先生にも「午前中には他のママさんたちもけっこう来てるんですけどね~」と言われ。

というわけで、児童館デビューは空振りに終わりましたとさ。

それから2回目には頑張って午前中に行ってみて、何人かのママさんとお話しすることができ、
「ボスママ」も居なければ排他的な「ママ友グループ」も無く、
足繫く通ううちに、よく会う同じ学年の子がいるママさん達と親しくなり、
今でもよい関係が続いています。


第2子の時に買って大活躍したヒップシート。第1子の時にもあればよかったなー。
特に歩き始めてから2歳半くらいまで本当に楽でした。


​​​↓応援のクリックお願いします!​​​
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村​​​​​​






Last updated  2021.06.17 21:00:04
コメント(0) | コメントを書く
2021.06.12
カテゴリ:子育て
​​​こんにちは。
このブログでは、子育てにまつわる体験談のようなものも書いていきたいと思います。

今日は出べそについて。

第一子が生まれてすぐ、まだ生後1~2か月の頃だったと思います。
初めての育児でへとへとになりながらも、
へその緒も取れて、沐浴も慣れてきたころ。

母が遊びに来ました。

沐浴後、体をふいたり服を着せたりを手伝ってもらっているときに、
母が娘のお腹を見て言ったんです。

​「この子、おへそ出てるよ!?」​​

「え・・・?」

​「出べそだよ!」​

「え・・・? ・・・普通おへそってこうじゃないのびっくり???」

そう、私は自分の子を出産するまで赤ちゃんの世話をしたり、触れ合ったりしたことが全くなかったので
娘のおへそが出ているのを、それが赤ちゃん的には普通だと思っていたのでした・・・!!

指摘されて初めて子供の出べそに気づく親。

​それは私ですほえー​​

「病院で診てもらいな」という母の言葉に従って、小児科で診てもらったら、
​やっぱり「軽い出べそですね」と。​

それから毎日おへそに「綿球」という球状のガーゼのようなものをテープで張りつけて圧迫するという治療を行い、無事にきれいに治りましたとさ。

めでたしめでたしスマイル
​​​

​​​↓応援のクリックお願いします!​​​
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村






Last updated  2021.06.12 12:10:05
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.