056847 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

男の隠れ家

PR

Profile


師匠1962

Calendar

Category

Archives

2018.09
2018.08
2018.07

Recent Posts

Comments

takashi@ Re:■天外孤独なホームページ■(06/21) 師匠1962さん、 長い眠りから覚めてそろ…
乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
お猿@ やっちまったなぁ! http://feti.findeath.net/snxhha8/ ちょ…
もじゃもじゃ君@ 短小ち○こに興奮しすぎ(ワラ 優子ちゃんたら急に人気無い所で車を停め…
地蔵@ 驚きのショックプライスw コウちゃんがこないだ教えてくれたやつ、…

Favorite Blog

初冠雪の観測って意… New! ドジボさん

★期間限定★100%カシ… 楽天アフィリエイト事務局スタッフさん

ダイヤモンド槍を見… toshiko3776さん

【重要なお知らせ】… 楽天ブログスタッフさん

将棋大好き備品販売… まっこちゃさん

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

全407件 (407件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 41 >

2007.06.21
XML
カテゴリ:ブログる
先日購入してインストールしたホームページビルダー11。

Windows Vista対応の最新版「ホームページ・ビルダー11」を20万本限定、半額でご提供いたします...


「ホームページ持っているんですか?」って聞かれたら

「一応持ってます」って答えるけど。絶対教えません(笑)

世界広しと言えども、いやインターネット広しと言えども、私のホームページには、誰も訪れません。

正確に言えば私の家族しか訪れません。厳密に言えばもしかしたら、何かの間違いで私のホームページに訪れる方がいるかも知れませんが、たぶん、二度と訪れないと思います。


「ツール」「インターネットオプション」「全般」で「ホームページ」。

ここで、登録するページがホームページということになるんですが、皆さんは、どうされているでしょうか?

YAHOOだったり、楽天ブログだったり、あるいはニュースサイトだったり、お天気サイトだったり、いろいろだと思います。

私の場合最初は、GOOGLEのトップページ
とにかくどこに行くにも検索から入っていったので、そうしておくのが便利でした。その後、ある検索サイトを利用していました。ここが結構面白くて、一言で言うならば検索サイトのリンク集みたいなつくりになっていました。

それで、インターネットを利用していくと、当然「お気に入り」に登録して、何度も訪れるサイトがだんだん増えていくわけですが、次から次へと登録していくと整理が大変で、しかも、お気に入りに登録はしたものの、そんなに毎日訪れるというわけではないところもあって、自分の中で「お気に入り」の分類と整理がつかなくなって来て、使い心地が悪くストレスを感じるように。 

で、毎日もしくは、頻繁に行くようなところのリンク集を自分で作れば便利じゃないかというのがそもそもの発想。

まわりくどい言い方ですが、要するにIEを起動したときに最初に出てくるページを自分で作っているっていうことです。

現在116のリンクとGOOGLEの検索窓があるだけの自作ページがホームページになっています。
いたってシンプルで味も素っ気もない、他人様には、利用価値すらない代物になっています。

このページの原型は上で紹介した検索のリンク集サイトとGOOGLE。
この2つをミックスして作ってみました。

116のリンクもあると中には、一年に一回も行かないところも出てきたりするし、新しい分野に興味が出ると、入れ替え戦があったり、当然リンク切れがあったりとメンテナンスが必要なんですが、何せ利用しているのが私だけですから、マイペースに更新しています。


残念ながら作成にあたってはホームページビルダーの機能の1割も利用していないと思います。

それでもVistaで更新を続けるには、やはりVer11を買うしか仕方のない状況だったというわけです。

この最新版は、今まで使っていたものよりかなり機能が増えています。その気になればいろんな事が出来そうです。掲示板、チャット、アクセスカウンターの設置、携帯サイトのの作成、アンケートページの作成、検索エンジンへの登録・・・等など

どれも魅力的ですが、私のページには不要です(笑)







Last updated  2007.06.21 11:07:36
コメント(79) | コメントを書く
2007.06.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日バラ園に行ってきた。
その時土産屋で見つけたのが、「ガンダーラの塩
PINK ROCK SALT GRAIN(粒)ピンクロックソルトグレイン


見た目が、ピンク色の岩塩。
ちょっと興味をそそられ眺めていると、すかさず土産屋のおねーさんが、ミルに入った岩塩を持って、近寄ってきた。

そして、私たちの手の平にピンク色の塩を挽いて味見してみろという。
舐めてみると、塩っぱくなく、なんとなも美味い。

しかも、6億年前の代物という能書き、ロマンを感じる(笑)

お値段は、塩だと思うと結構高いが、お土産だと思えば結構安い。
というわけで、土産に買うが、当然我が家にも一袋回収。

ただし、これミルがないと駄目。っていうことで探してみるが、岩塩用のミルがなかなか見つからない。いやあるにはあるんだけど、いまいちピンとこない。

ようやく見つけたのが、なんと「ガンダーラの塩」入りミル。某ホテルが商品化したもの。お値段もそこそこだ。

でもミルがないことには、いつまでたってもあの美味さはは味わえない。
というわけで、我が家にとっては、贅沢な一品となったが無事回収。

肝心の味のほうはといえば、やっぱり美味い。理屈抜きに舌が美味いと感じる。これってちょっと不思議だけれどきっと体に良いものいっぱい入っているんだろうなー。

The Salt Road「塩の道」ギフトBOXWorld Salt Selection
こんなセットも置いてあった。お中元にいいかも。

ちなみに、お土産を持っていった先でも喜んでもらった。


下の写真は我が家で回収したミル。












Last updated  2007.06.20 03:12:26
コメント(2) | コメントを書く
2007.06.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
新しいパソコンを手に入れたまでは良かったのですが、当然のことながら、「お引越し」が大変です。

先日も書きましたが、dynabook本体に何の不満もありませんが、マウスが小さすぎて私の手にはしっくりきません。

ていうわけで、でっかくて尻尾のないマウスを捜していましたが、これにしました。


ショップでVistaに対応しているかどうか不安だったので、店員に尋ねたら、「XPまでとなっていますが、まず大丈夫です。もしだめだったら返品してください」とのこと。

一抹の不安はあるものの、手にしっくりきて気に入ったので早速購入。

しかし、はっきり言って失敗しました。確かにコードレスなんですが、デスクトップ用で受信部分はコードつき(笑)

しかもVistaに対応していないなら大手を振って返品するところですが、Vista用のドライバーをダウンロードしたらちゃんと使い物になりました。

まーノートといっても精々家の中の移動ですから、扱いとしてはデスクトップのようなもので、ワイヤレスマウスの受信機がコード付のものだからといってそれほど不便じゃないのでそのまま使うことにしました。あえて長所をあげれば、受信範囲が広いということです。
だからって、そんなに離れたところで、マウス操作するわけじゃないんですが・・・

選択ミスした自分を納得させる材料にならなんだって飛びつきます。


ところで。肝心の引越しですが、思っていたより大変です。

いざとなると、いろいろ悩みます。最初は何も考えずに全て引越してから整理すれば良いかと思っていたのですが、必要のないものまで、新しいパソコンに入れることはないだろうと思い、移すべきものだけを選択しようと思うのですが、中には、移すほどではないけれど、捨てることもないので、元のパソコンに残しておこうって言うものが出てくるのです。
そうすると、古いパソコンは、引越しが終わった暁にはすっきりと再インストールしてネットには繋がずに倉庫のような使い方をしようかと考えていたのが、再インストール前にもう一度外部メディアにバックアップを取る必要が出てきて・・・・正直面倒臭いし、時間もない。

おまけに、使っていたソフトもヴァージョンアップしてもVista対応とならないものもあって、とりあえずWindows Vista対応の最新版「ホームページ・ビルダー11」を20万本限定、半額でご提供いたします...
は新規に購入しました。

きっとあれもこれもと考えずに、一つずつ片付けるのが最も早いのでしょうが、いろいろ迷ってしまいます。






Last updated  2007.06.19 01:17:10
コメント(3) | コメントを書く
2007.06.18
テーマ:徒然日記(14551)
カテゴリ:カテゴリ未分類
先日、岐阜県可児市にある世界一のバラ園に行ってきました。

花を見に行くなんて柄でもないんですが・・・行ってみて良かったです。
やっぱり、少し年をとったのかもしれません。

会場は世界一というだけあって、広さ、花の種類、管理状態ともびっくりします。
カメラ片手にじっくり見て回ったら、6時間ぐらいあっという間に経ちました。

上の写真は途中突然の雨が降り出したのですが、その直後に撮影したものです。
今回妻が買ったPanasonic デジタルカメラ 【DMC-TZ3-K(ブラック)】【送料無料】
をはじめて使ってみましたが、手軽に美しく撮れます。1GのSDカードにフルサイズで撮影をしたのですが、最後は、バッテリーの方が早くなくなってしまいました。

パソコンと同時購入を考えていた私のデジカメは、今のところ、オリンパス 光学18倍ズームデジタルカメラ CAMEDIA SP-550UZ【税込】 SP-550UZ [SP550UZ]...
狙いで考えています。

これってあんまり人気なさそうです。きっと大きさ、機能など考えると中途半端なんでしょう。

でも、そこが魅力なんです。というか私が欲張りなだけなんですが(笑)












Last updated  2007.06.18 11:07:25
コメント(0) | コメントを書く
2007.06.14
カテゴリ:カテゴリ未分類
パソコン選びは、Vistaの夏モデルが出揃ったので、これ以上夏まで待っても仕方ないということで、真剣に検討してみた。

とりあえず、予算は限られているので、その中で、パソコンとデジカメを回収しようとするわけだから、自ずとアウトラインは決まっているわけで、贅沢は言っていられない。

条件はノートパソコンで
1.TV放送はいらない(録画してまで観ないでしょう)  
2.メモリーは1G (2Gでもいいと思っているけど)  
3.CPUはできれば、Core2DUO(予算がなければあきらめよう)

後は、メーカーの選択になるんだが、さほど情報があるわけでもなく、大差もないだろうと思いなんとなくTOSHIBA。(不思議)

というわけで東芝 dynabook TX/66C PATX66CLP
を選んでみた。しかも、ショップオリジナルモデルでHDDは80Gだけどその分リーズナブルな値段設定。これだと、デジカメにまわす予算もかなり余裕があるし、スペック的にも問題なしと思い決めて行ったが・・・・

ショップには、隣に【送料無料】【在庫目安:あり】東芝 dynabookQosmioF40/85C T7100/15.4W/512Mx2/120G/S-Multi/D...

東芝 dynabook TX/67C PATX67CLP

の3台が並んでいて、見比べるとなんとも液晶の美しさに差がある。66Cの画面設定をわざと落としているんじゃないか、なんて疑ってみたりした(笑)
しかし、誰しも美しいものには弱い。私は特に弱い。

うううーーん予算が・・・・約30,000円のアップになる。すぐに葛藤がはじまる。

この葛藤が始まるといつも「葛藤なしに好きなように買い物をしてみたい」と思う。
が、そんな事は、死ぬまで無理そうだから、人並みに葛藤しようと開き直る。

店員もさりげなく、TX67/Cの方を薦めている。それが、なんとバッテリーの持ちが約2倍違うという点をアピール。

ノートパソコンと言えども家の中で使っているときは、99%電源はACアダプターで使っているのでバッテリーのもちが、1時間だろうが、2時間だろうがまったく関係ないはずなのだが・・・

「その辺の問題は・・・あまり持ち歩かないので・・・」と言おうかと思っていると、隣から妻が、

「絶対こっちの綺麗なほうがいい!!」

とまるで自分のパソコンを選ぶような熱の入れよう(笑)

さすがに、その発言を店員が聞き逃すはずもなく、今回の価格は、他の大型店に対抗した値段になっているともう一押ししてくる。確かにそうかもしれない。でも、デジカメの予算を考えると予算的に苦しく黙って思案していると、

「ちょと待ってください」

といって会計カウンターのほうに行き、しばらくして戻ってくると



「さらに10,000円引かせていただきます。」

あらー「沈黙は金なり」って言うけれど、黙っていたら10,000円儲かった(喜)

17%のポイント+2000ポイントしかも、5年保障付。これなら、ポイントに少しプラスしてデジカメ買っても予算内に丸く納まるかな?と必死で暗算していると。

店員が電卓をパッパと叩き、「実質○○○円でお買い上げということになります」

そこまで言われ、これ以上迷ったら離婚問題になりかねない(笑)

「これ頂きます!」

ということで、無事Vistaが我が家にやってきた。

これでGOOGLE Earthが綺麗な画面で堪能できる。地図好きの妻とはこれで円満のはず(笑)


ただひとつだけ、不満を言えば、マウスかな。子ねずみで扱いづらいのだ。どぶねずみみたいなでっかいのを探そう!っと






Last updated  2007.06.14 21:45:13
コメント(2) | コメントを書く
2007.06.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
お久しぶりです(^o^)

生まれて初めてパソコンを買ったのが、2000年の4月。
そう、2000年問題っていうやつをクリアーしてからと思って買ったのがついこの間事のようだが、あれから7年経った。

OSは98SE。Pen4の550MHに128のメモリー。最上位機種じゃないけど、そこそこのスペックだと思っていた。(^o^)

初めて買うのに、EPSON DIRECTで何にもソフトの入っていないのにした。
確かIEすら入っていなかった。雑誌の付録CDから入れた憶えがある。

友人の勧めでISDNを申し込み、TAでなくルーターを購入して何となく得意げな気分でいた。

購入間も無く、ホームページビルダーをプレゼンとしてくれた友人もいた。それでホームページも作ってみたし、メモリーだって256を増設して、ハードディスクだって1GのをDドライブに追加した。

その他にもトラブルをはじめ思い出はいろいろあるけれど、OSのサポートもこの7月で切れるし、そろそろ買い換えの時期かと・・・・

という訳で少し前から、パソコンの新調を検討していたが、買い替えのための軍資金も何とかなり、誕生日の8月には、買い替えを予定していたが、夏モデルが発表され、Vista搭載のモデルもかなりお買い得感が出てきた上、近所に大手家電ショップが進出した上に、地元ショップが対抗して、消費者としてはありがたい状況の中、新機種購入の検討をしていた。

当初を購入予定していたが、

結局ノートにしようと気が変わり

を最終候補に、

しかし、優柔不断な性格は一筋縄では行かなかった。

そう言えば、昔馬券を買うときも、目の前でおっさんが買った馬券が気になり・・・(^o^)






続きは明日以降に。^^;






Last updated  2007.06.12 01:25:06
コメント(2) | コメントを書く
2007.04.15
カテゴリ:読む・想う・知る


編集者という病い

顰蹙(ヒンシュク)は金を出してでも買え!!

って若い時の苦労は金を出してでもしろ!!っていうのと同じでしょうか?(^o^)

幻冬舎っていう出版社をちょっと刺激的だなーって思ったのは、今から10年ぐらい前に、本屋で〈真剣師〉小池重明疾風三十一番勝負
なんて本を見つけた時。

だからって、そこの社長が見城徹って言う人だとか、その社長が角川で編集者をしていたなんてまったく知る由もなく、ましてや中上健次や尾崎豊と・・・なんて話はこの本を読むまではまったくしらなかった。

そんなこんなで、読み始めて、一気に引き込まれたけれど、あまりにも、同じパターンが続いて100ページ前後ではすっかり読む気がなくなってきたんだけれれど。

我慢しながら読みつづけると(笑)129ページから、

勝者には何もやるな ヘミングウェイ

酒を飲み、酔っぱらいながら、退屈凌ぎに読書しているわけなんだけど・・・・だからこそ、敏感に成らざるを得ないっていうところがあって(暴)

この辺りから、またちょっと面白くなって193ページ辺りまで一気に進む。

さすが!計算づくの構成!と感動しながら、今日はここまでと栞をはさむ。

貧乏人は、一気に楽しめない。いい所でやめて楽しみを取っておくのが悲しい性。


なんでこんな本が刺激的なんだろう?って考えると感慨深い。

きっと100人いれば100人の人生があって、100人の物語があるんだろうけど・・・

きっとどんな運命とか境遇とか環境とかあっても、自分の人生の中心に自分がいるって言う事が一番大切なことなんだなーって。











Last updated  2007.04.16 18:04:30
コメント(2) | コメントを書く
2007.04.14
カテゴリ:読む・想う・知る


「裸のサル」の幸福論

突然襲った腰痛。心当たりは恥ずかしい話ですが、先日花見をした雪のないゲレンデを子供のように駆け下りた時に、腰に負担がかっかったのかな?って。
年甲斐もなくっていうか普通は44歳のおっさんがやらないようなことを平気で出来てしまうのが私です(笑)

って言うことで、本日整骨院に行き。

でも整骨院って混んでいるんですよね。っていう訳で本を一冊もって出かけました。

前置きが長くなりましたが、久しぶりの「裸のサル」シリーズ。

今回は「幸福論」。こんなのは、よほど幸福な時か、不幸な時には手を出さない物です。
つまり、こんなものに手を出している私は、幸せなのか不幸なのか分からない中途半端な状態にあるって言うことです。

ということで、腰の痛みを感じつつ、整骨院の待合室と治療室で電気治療を受けながらこの本を一気に読み終えてしまいました。

著者のデズモンド・モリスによると幸福の種類は17種類に分類されています。
そして、幸福の総量を増やすには、自分にぴったりの幸福をなるべく多く獲得するのが・・・
といかにも西洋人らしい発想です。

この辺の結論にちょっと違和感を感じながらも彼の分類した「幸福」の種類には興味深いものがあります。

正直なところ、読後の感想は、種類的には結構どの「幸福」も経験済みの私は結構な幸せ者(笑)
まーレベルはって言われるとかなり低いところですが・・・

レベルを受け入れるのも、幸せ者なる秘訣なのかもしれません。

これって単なる自己満足(笑)










Last updated  2007.04.14 21:30:18
コメント(0) | コメントを書く
2007.03.21
カテゴリ:読む・想う・知る


先日買って読み終えたのがこの本。

部下力 -上司を動かす技術 

 バカな上司に絶望するな!部下が組織を動かす時代だ


相変わらず、こんなタイトルとキャッチコピーの本にについつい手を出している私です。

現実は、思うように部下も動かせないのに、上司まで思うように動かそうと考えているあたり、志の高さには、我ながら感心しますが、実力がないのには飽きれてしまうばかりです。

ところで、今までのHOW TO本と違う感覚で読めたのは、なんなんでしょうか?

今まで読んできたのはある意味リーダーシップ論とか技術とか、上司とはこうあるべきだ。指導とはこうあるべきだといった内容が多かったように思います。

今回の場合、読み手自身(私)の視点が、あるときは、上司の立場、ある時は部下の立場と交互に立場を変えて読めたのが大きな収穫???だった様に思います。

収穫???って言っても実際収穫はまだまだ先の話なんで、収穫の見込みが立ったぐらいが本当の所なんですが(笑)

それだって、異常「気性」で思ったように収穫できるかどうかは当てになりまん(暴)

内容的には、耳の痛い話も多く、気持ち良く読めるっていう代物じゃありませんが、読む価値はありだと思います。

話は飛躍しますが、スキーだって気持ち良く滑れないけど、滑っておく価値ありっていう斜面ありますよね。(^o^)












Last updated  2007.03.21 23:18:12
コメント(2) | コメントを書く
2007.03.20
カテゴリ:読む・想う・知る
しぇるぽさんのところで紹介されている「私をスキーに連れてって」



懐かしいですね。

きっと今観たら、「へーこんなんだったけー?」って思うぐらい記憶ないんですけど(笑)

でも、あの頃、なぜかゼミの合宿までスキーでしたから。
おかげで少しは滑れる私は結構いい思いした記憶があります。

だからと言って、「ホイチョイ・プロダクション」がどうのと語れる訳じゃないんですが、
本日本屋で見つけた1冊がこれ。



はっきり言って、一家に一冊っていう本です。

と言いながら買わずに帰ってきて後悔している私ですが・・・・

一応内容的にはこんな具合です。

ビッグコミックスピリッツ大人気連載中「気まぐれコンセプト」23年分を厳選し、年代順に総力編集。バブル前夜から、バブル再来といわれる今日までふり返る。映画「バブルへGO!!」原案コミックも収録。

特に「ホイチョイ」ファンって言うわけじゃないけど、1984年に社会人1年生になった私にとって、感慨深いものがあります。

本屋で立ち読みしながら、思わず噴出しました。
仕事がらみの本などかわずに、やっぱりこれにしておけば良かったと一杯飲みながら思うのでした。






Last updated  2007.03.20 00:31:42
コメント(8) | コメントを書く

全407件 (407件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 41 >

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Rakuten Ranking

Headline News


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.