170291 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

†癒しの犬耳姫†のネカマ日記☆

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月

プロフィール


蛇頭改

2006年03月06日
XML
カテゴリ:ステ・装備関係
回避装備でよく取りざたされる物と言えば、
やはり皆様先ずセーフケージを思い浮かべるのではと思います。

まあ簡単に説明しますと、回避率+15%と攻撃者の命中補正無視がついている鎧です。

これにアンティチャージャ(回避率+10%)やソードブロッカー(回避率+10%)で
ほとんどの攻撃を避ける事ができるようになります。

ギルド戦に置いてセーフ持ちは非常に脅威です。
とにかく攻撃が当たりません。

しなしながら、セーフケージには欠点があります。
ダークバイザーやエイムスポット、ホークアイに非常に弱いことです。
ホークアイは安い事もあり広く普及しています。

敵が回避補正無視をしたからと言っても、こちらの運敏捷が高ければ何も問題はなく避けれる筈です。
ですが多くのセーフケージユーザーはバイザーで即死します。
何故でしょうか。

理由はただ一つで、彼らはセーフケージを過信しているのです。
セーフケージには「回避補正無視」という天敵があるにも関わらず、
他の部位も回避率+装備で固めるため、天敵に対する抵抗力を全くあげていない。
そのため彼らの「回避」は安定することがありません。


チェーンスクェアは腰Uで、命中補正無視を持っています。
これ単体の効果としては相手の武器やスキル・ギルド補正による命中率を無視するだけです。
しかし、チェーンスクェア最大の利点は「腰」であることです。

鎧は非常に強い能力を持つUや、強力なOPが着く部位です。
セーフケージは強力な回避能力を得る代わりに、その代価として「鎧」を消化しています。
逆に「腰」は強力なOPが健康比率上昇レベル2と運比率上昇レベル2しかありません。
また、腰のUは全体的に強力な能力を持つものはありません。

兜系装備には命中回避補正無視OPが付く事があります。
しかし、冠も含め、腰と比べると優秀なOPが他に多くつくため
わざわざそのOPを頭で選ぶ必要はあまりないと思います。


私はセーフケージよりもチェーンスクェアの方が総合的に優秀であると考えています。

最大の理由は、「弱点が存在しない事」です。
勿論チェーンスクェアはアンティチャージャと違い回避率が10%もあがらない事が多いです。
しかし、ホークアイに無効化されることもありません。
セーフケージと比べましてもセーフケージの方が回避能力は優秀です。
しかし、部位の関係で回避補正無視されたセーフケージはチェーンに圧倒的に劣ります。

チェーンスクェアは相手の何らかのOP・スキルによって能力を妨げられる事がありません。

次に鎧の選択肢をかなり広げる事が可能です。
最も相性が良い物は飛虎とプリティミアでしょう。
能力をアップすることにより結果的な回避率を上昇させるため、
弱点を存在させないまま回避率を上げて安定させる事が可能です。
勿論、どちらも防御力が2程度しかないUなのですが
元々物理攻撃を避ける前提の装備なので防御力はさほど重要ではありません。

運に多く振っている武道家で飛虎+チェーンスクェアは凶悪の一言に尽きます。
私の場合ですが、0.75剣装備の430程度の剣士のパラレルが2~3発しか当たりません。
武道家なので更に仰け反る怒号分身があるので、もう全く死にません。
これに相手が対処するにはバイザー等に頼るのではなく純粋に運や敏捷で勝負せざるを得ません。
全く弱点を存在させないまま強力な回避能力を維持できるのです。

私は敏捷にステを1すら振っていませんし運極ではないので結構被弾しますが
知り合いの運極シーフ(飛虎持ち)にチェーンを貸してみたところ
ほとんど物理攻撃が当たらなかったと云うようなことを言っていました。


勿論この飛虎+チェーンスクェアはシーフ/武道家ではないと不可能な装備ですので
他の職業ではこれほど上手く回避が機能するわけではありません。

それでもチェーンスクェアは
”少なくともギルド戦においては”
最凶の部類に含まれる装備の一つであると思います。






最終更新日  2006年03月06日 09時24分26秒
コメント(4) | コメントを書く
[ステ・装備関係] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.