139386 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

オカルティストの日記 (オカルトブログ乾坤一擲編)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01

Category

Recent Posts

Comments

邦州 健@ Re[1]:「あえて美輪明宏氏を批判する」の巻(03/28) かーしーさん >最近、従軍慰安婦問題が、…
かーしー@ Re:「あえて美輪明宏氏を批判する」の巻(03/28) 最近、従軍慰安婦問題が、また再燃してい…
邦州 健@ Re[1]:「韓流感染列島日本」の巻(07/25) あいうえお5532さん >久々の更新ですね…
あいうえお5532@ Re:「韓流感染列島日本」の巻(07/25) 久々の更新ですね。 私も昔、朝鮮半島産…
邦州 健@ Re[1]:未曾有の国難(03/18) おやつ班長さん > 都議会民主党は自動…

Headline News

2006.09.03
XML
カテゴリ:本の紹介
若い人は知らないかもしれませんが、1990年代には終末思想というのが流行りました。

世紀末には、この世は破壊され滅んでしまうという考えが結構信じられていたのです。

そしてそれを実行して見せたのが、かのオウム真理教です。

そんな世紀末的雰囲気に先鞭を付けたのが五島勉さんの「ノストラダムスの大予言」であり
それを大いに煽ったのが「MMR(マガジンミステリー調査班)」なのです。

週間少年漫画雑誌マガジンの編集者で構成されたMMRは、リーダー・キバヤシ
圧倒的なリーダーシップに基づき、ありとあらゆる世紀末危機を煽り立ててくれます。

唯一キバヤシに抗弁できるメンバー・ナワヤも話の後半には言いくるめられ
率先して世紀末危機を煽るアジテーターと化します

本来なら冷静であるべき読者の等身大のその他のメンバーたちも
名台詞、「なんだってー!」を叫んだりして恐慌に陥り
いたいけな少年少女の恐怖の感情を大きく揺さぶったりなんかしてくれます。

そんなMMRですが、狂牛病の危機をいち早く取り上げたりなんかもしており
そんな小さなリアリズムが大きなホラ話を信じ込ませるエッセンスとなっております。

世紀末は無事に過ぎ去りましたが、世紀末的な昨今のご時世
MMRを今一度読んでみてはいかがでしょうか?

MMR
石垣ゆうき作・講談社より出版(全巻そろえたいよー)







Last updated  2006.09.03 14:33:08
コメント(4) | コメントを書く
[本の紹介] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「秋の夜長にオカルト漫画2」の巻(09/03)   焼酎小僧子 さん
あったあった。マガジンの漫画ね。
あれは時々読んでたねぇ。フィクションなのか?ノンフィクションなのか?どっちか分からないくらいリアルで好きだったなァ。 (2006.09.03 15:15:08)

Re[1]:「秋の夜長にオカルト漫画2」の巻(09/03)   邦州 健 さん
焼酎小僧子さん
>あったあった。マガジンの漫画ね。
>あれは時々読んでたねぇ。フィクションなのか?ノンフィクションなのか?どっちか分からないくらいリアルで好きだったなァ。
-----
「この物語は事実をもとにしたフィクションです」
という単行本の但し書きのとおり、本当にどこまでが
ノンフィクションか分かりませんでした。

ご訪問とコメントありがとうございます! (2006.09.03 16:12:57)

すいません   ラファエロAMORE 3 さん
すいません。 メンバーチエンジしたので 中身が変わってしまって 親鸞さんはどんな方ですか? 浄土真宗のお考えは どのようなものなのでしょうか? キリストばかりで すいません。 お手数かけます。 (2006.09.04 15:04:59)

Re:すいません(09/03)   邦州 健 さん
ラファエロAMORE 3さん
>すいません。 メンバーチエンジしたので 中身が変わってしまって 親鸞さんはどんな方ですか? 浄土真宗のお考えは どのようなものなのでしょうか? キリストばかりで すいません。 お手数かけます。
-----
難しい質問をしてしまいまして
こちらこそスミマセンでした・・・

質問させていただいた問題につきましては
自分自身で考えていくことにいたします。

大変失礼いたしました。

ご訪問とコメントに感謝いたします。
(2006.09.05 06:59:41)


© Rakuten Group, Inc.