000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

オカルティストの日記 (オカルトブログ乾坤一擲編)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

2022.05
2022.04
2022.03
2022.02
2022.01

Category

Recent Posts

Comments

邦州 健@ Re[1]:「あえて美輪明宏氏を批判する」の巻(03/28) かーしーさん >最近、従軍慰安婦問題が、…
かーしー@ Re:「あえて美輪明宏氏を批判する」の巻(03/28) 最近、従軍慰安婦問題が、また再燃してい…
邦州 健@ Re[1]:「韓流感染列島日本」の巻(07/25) あいうえお5532さん >久々の更新ですね…
あいうえお5532@ Re:「韓流感染列島日本」の巻(07/25) 久々の更新ですね。 私も昔、朝鮮半島産…
邦州 健@ Re[1]:未曾有の国難(03/18) おやつ班長さん > 都議会民主党は自動…

Headline News

2006.09.05
XML
カテゴリ:本の紹介
オカルト漫画で空前の大ヒットを放った作品として忘れてはならないもの・・・

それは「星星白書」です!!

ストーリーとしては霊界探偵として死の淵より蘇った浦飯幽助くんが悪い妖怪達をすっとばす!
といった痛快な話が途中まで続きますが

魔界とこの世を繋ぐトンネルを開こうと企む仙水さんが出てくる頃から
それまでもチラホラと見えていたサイコ度が加速度的に増して行き
読者を暗黒精神世界へといざなって行ってくれます。

この作者様は単行本の中で二人の別人格が己の仲に住み着いていると告白しておりますが
真実かどうかは本人にしか分かりません。

それにしてもこの作者様、冨樫義博先生の作品には人肉食のテーマが良く出てきますが
人間の原罪についていいたいのか、ただ単に興味があるだけなのか、その両方なのか
それとも全然違うかは完全に不明です。

そういえば妖怪漫画の大家、水木しげる先生の作品にも人肉食をしようとするシーンが
出てきますが意外な共通点でしょうか。

例によってアフィリエイトは張っておりませんので
お買い求めの方はご自分で検索してお探しください。

幽遊白書
二つ○を付けると、ちょっぴり大人だそうです。







Last updated  2006.09.05 12:13:27
コメント(2) | コメントを書く
[本の紹介] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:「秋の夜長はオカルト漫画3」の巻(09/05)   無世界 さん
幽白はもぅ最高!(ぇ

特に妖孤蔵m(終了)

(2006.09.05 22:53:04)

Re[1]:「秋の夜長はオカルト漫画3」の巻(09/05)   邦州 健 さん
無世界さん
>幽白はもぅ最高!(ぇ

>特に妖孤蔵m(終了)
-----
なるほど美少年キャラがいっぱい出てきますから
女性人気も頷けますね。
大竹隊長の人気は・・・ですが・・・

ご訪問とコメントありがとうございました。
(2006.09.06 11:00:55)


© Rakuten Group, Inc.