014086 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

キャリア支援団体@Mのブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


キャリア支援団体@M

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

こばやし@ Re:海外インターン体験談(中国編)(07/09) 現在広州に留学中のものです。春休みの一…
barbzplshr@ AtNCRlriWRjQwqOTQd nelA5w <a href="http://llfnckt…
やないでーす@ じーまおひさしぶり! こんなの見つけましたよ。 http://sakuyak…
yanai@ Re:筆記テスト対策に向けて!(08/13) お久しぶり~! 坂田さん元気ですか?? …
たなかき@ ほー ライフネット生命ってそういう目的を持っ…

フリーページ

ニューストピックス

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

2013年12月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは😊
@M3期生、ドイツ語専攻4回生の塩濱芙希乃です。

私は、『わたし的ご褒美〜これで就活乗り越えました〜』
というテーマで書いていきたいと思います!

まず、就職活動を振り返ってみて・・・
約週6日ペースでスーツを着て説明会等に出向いていました。
忙しいはずなのですが、スケジュール帳を見返してみると・・・
あれ、めっちゃ遊ぶ(飲む)予定が入ってる^^;

そうです、私の就活乗り越えることができたご褒美とは、
息抜きと言いつつ友達と遊ぶことです!!!!笑


なんなら、就職活動の時期が一番遊んだんじゃないかなとさえ
思います。笑


遊ぶといっても、決してチャラチャラした遊びではありません!←
友達(主にサークルが一緒で就職活動をしている仲間達)と
ごはんに行って、就職活動の相談をしたり、
進捗報告をし合ったり、励まし合ったり、
そしてそのうちしょうもない話になって笑い合ったり・・・!
時には、少し恥ずかしいですけど
友達と面接練習なんかもしていました。

※もちろん、遊びすぎて就職活動のことがおろそかになってしまう
なんてことはありませんでしたよ!
そこはメリハリをつけていましたので、
ESの期限に遅れたことも説明会に遅刻したこともありませんでした。

友達とのこういった時間がないと、
私は精神的に病んでいたのではないかと思うくらいです。😱
(就職活動中に2割の学生が「自殺を考えた」という
恐ろしいニュースもありました・・・。)
友達と話すことでストレス発散になり、
「皆頑張ってるんやし私も頑張ろう!」という気持ちになっていました。


しかし、4月に入って面接ラッシュになった時のことです。
4月の一週目で、早い人は内定をもらいます。
私の仲の良い友達も、とても早くに内定をもらっていました。
そんな中、私は良い滑り出しをきることができず苦戦していました。
面接がうまくいかず、4月の一週目ですでにいくつかの企業の面接に
落ちてしまい、焦りを感じていました。
いつものようにサークルの友達にごはんに誘われたのですが、
正直気分が乗らず断ってしまいました。
ですが、「皆と喋れば元気になるって!」と友達に諭され
参加することにしました。
その日はけっこう落ち込んでいたのですが、友達と会って話すと、
一気に元気になりました😊
(私が単純というのもあるかもしれませんが。笑)
もちろん私と同じように面接にあまりうまくいってない友達もいたので、
励まし合い、笑っていると、また頑張ろうと思えるようになりました。
本来の自分を取り戻せた感じがしました。


あのとき、一人で悩んだままでいると、
そのあとの面接もうまくいかないままだったかもしれません。

私は無事、4月の2週目に内定を頂くことができ、
そのあとも就職活動を続け、5月の初めに頂いた企業に
就職することを決めました!

長々と書きましたが・・・
息抜きは大切だと思います。
一人で悩まず、家族や友達と喋る時間も大切にして下さいね!


就職活動は辛いこともたくさんあると思いますが、
息抜きをしつつ自分のペースで頑張ってください😊
皆さんにとって良い就活ができるよう、心から応援しています!


そして、他のメンバーが良い記事を書く中、
このようなあほっぽい記事を最後まで読んで下さった方
本当にありがとうございました!笑






最終更新日  2013年12月17日 23時29分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月12日
カテゴリ:カテゴリ未分類
皆さんこんにちは!
ヒンディー語専攻のクボマサキです!

今日は「内定もらった後は、どう過ごしているのか」について、お話させて頂きます。
僕の私生活に関わることなので、「興味ないっちゅーねん!」って方には、申し訳ないです^^;


★もくじ★
1) 上半期のクボ
2) 下半期のクボ(未来予想図)


早速本題に移りたいのですが、その前に!
今回は@Mの活動以外でどんな風に過ごしているのかを執筆します。
@Mについて興味がある方は、是非セミナーに来て、尋ねてくださいませ。



【1、上半期のクボ】

「出会って、出会って、出会いまくった」6ヶ月。

一言で表すとこんな感じでしょうか。
別に合コンに行きまくったって訳では無いですからね!汗


僕自身、内定を頂いてからビックリしたことに、
沢山のコミュニティーからお声がかかる。

具体的に書き出してみましょう!
• 外資系メーカー内定者
• 関西外資系企業内定者
• 化粧品業界内定者
• トライフ阪大チーム
• 関西14卒内定者
• 食品•化粧品業界内定者
• キリングループ内定者
• 京大のサークル

このくらいですかね!
このコミュニティーの規模は30人〜大きいところでは100人程度です。
合計300人くらいの方と一気に繋がりをもつことができました。

ここで伝えたいことは、


「このコミュニティーは去年の今頃にはどれ一つとして存在しなかった」


ということです。
しかも、何かしら共通点が多い仲間との繋がりなので、めっちゃ楽しいです

就活中のリクラブに思いを馳せている貴方!
就活後はもっともっと沢山のチャンスがあるかも?笑


皆さん、
少しは就活が楽しみになってきませんか?^^
ワクワクしてくれた人が少しでもいると、嬉しいです!




【2、下半期のクボ(未来予想図も含めて)】

『恩返しだ!(倍返しだ!みたいなノリで。)』の6ヶ月。

にしていきたいと思っています!
これはあくまで目標ですので、
途中で「恩返すのやーめた」ってなってしまうこともあります!悪しからず。


大学生活も残すところわずかとなり、
社会人生活スタートという、人生の大きな節目を迎えるわけです。
無事に内定を頂き、春に胸を躍らせている状況ってのは結構幸せな事だと思うんです。


だから感謝したいんですね。これからは。
今の自分に強く影響を与えてくれた人やモノに会いに行きたいと思っています。


一例を挙げるとすると
• 自由に何でもさせてくれた親に恩返し
• 大学サッカー部に勧誘してくださった先輩に恩返し
• 留学先を紹介してくださった高校の先生に恩返し
• 就活生をサポートすることで、当時お世話になったキャリア支援団体に恩返し


ほんとにキリが無いのでこの辺りでやめておきますね!


ここで伝えたいことは、

「就活を経て、恩返しの気持ちをもつようになった」

ということです。

就活で必須の自己分析をするなかで、これまでの人生を振り返りました。
エントリーシートを作成するなかで、自身の成長に気がつきました。

就職活動は、ある種異常なくらい自分を見つめる時期です。
この期間は、また新たな成長の機会であると、僕は考えます。

「また新しい自分に出会える!」というような、
ワクワクした心持ちで取り組んでもらいたいと思います!



ここまで読んで頂いて、

「あれ?就活って結構楽しそう!」

と思ってもらえると書いた甲斐があるものです^^
そうでなくとも、最後まで読んで頂いてありがとうございました!

また是非@Mのイベントにいらしてください!






最終更新日  2013年12月01日 06時35分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月08日
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回は中国語専攻4年の山口彩夢(やまぐちあゆ)が担当をします^^




今の内定先に入社を決めた決め手について書いてくれと言われたので、

すごーく個人的な経験談になるとは思いますが(笑)

記事を見てくださった方が何か気づきを得られるように心がけて書こうと思います!










さてさて、入社する会社を決めるも何も、まずは企業探しです。

とはいっても日本には数おおーーーーーーーくの企業があり、

「いいな」「おもしろそう」だけでは絞りきるなんて不可能に近いです。

(もちろん直観は大事な要素のひとつですし、ぜひ参考にはしてほしいです。)




そこで必要なのは、企業を見る基準ですね。

一般的には「就職活動の軸」と言われるものです。




この「軸」を決めるポイントは主に2つ。




・自分はどんな人間か

・将来どんな働き方をしたいか




これらを踏まえた上で、自分の就職活動の「軸」を見つけます。







『じゃあ実際どんな軸があるん?』

なんて思う人もいると思うので、私の例を書いておきます!





・人を直接幸せにできる

・自由な社風

・成長できる環境がある




あくまで一例ですが。




こうして「軸」が見えてくると、


企業も絞り込んでいくことができるわけです。











さて、私の場合。




先に書いた「軸」を基に、サービス業を中心に企業を見ていたところ、

いくつか自分の軸にあてはまる企業が見つかりましたし、

幸いそのうちのいくつかは選考を進めることもできました。




…そうですねぇ。

就活を進めるうえで「軸」にしていた要素。

もちろんこの「軸」があったおかげで、

魅力的だと感じる企業に多く出会え、

自分の納得のいく就活をすることができました。




ただ先に書いたものだけでは不十分だったわけです。




見た瞬間、「おもんない」「普通」「綺麗に言い過ぎ」と思いませんでした?笑

先に挙げた軸なんて一般的すぎて、当てはまる企業なんてたくさん存在するんです。




入社する会社を一つ決めるとなると、

もっともっともっと具体的な判断軸が必要になってくるのです!!







はい、考え直しです。笑







そうして一旦就活に行き詰まり、見つめなおしてリスタートした結果





出会ったのは某人材サービス会社。

(CMもちょっぴり話題になった、あの会社です。)




最終的にはこの会社で握手をすることになりました!ぱちぱち







ではなぜこの会社だったのか?




私が最終的に重要視した判断軸=入社の決め手を紹介しますね!!

(ここまで来るのに長くなってすみませんでした…)




1.いろんな人たちが働いている!

 
ここでいう「いろいろな人たち」というのは、「個性がばらばらな人たち」ということです。面接を通してお会いする社員の方は、本当にそれぞれの、ばらばらの個性を放っていました。

 しかし、どの方もご自身の仕事を語る姿はどこか誇らしげで、どの方の話を聞いてもおもしろく、大変勉強になったのが印象深かったです。

 ばらばらの個性を持った人たちで構成されているということは、私自身も私の個性を発揮しながら私らしく働けるのではないかと思い、とても魅力的に感じました!




2.「総合」人材サービス企業(事業領域が広い!)

 先に書いた通り、好奇心旺盛な私にとって仕事の種類が豊富なことは圧倒的に魅力だと感じました!人材サービスの会社だと派遣や紹介などを専門でやっている企業は多くあるものの、「総合」を謳う企業は少なかったので、私にぴったりの会社だと思いました。




3.結婚しても子供を産んでも働ける!

 
女性の方は気になるところですよね!私は絶対結婚したいし子供もほしいので、ものすごく重視しました!具体的には1.産休中の女性社員(マネージャークラス含め)が割といる2.自分次第で行きたい勤務地に行ける3.多様な働き方が認められている(1を参照)の3点です。もちろん実際に働き始めなくてはわからないことではありますが、他社に比べて自分の理想の働き方ができると私は感じることができました!

 








えーと、この入社の決め手ですが。

おそらくほとんどの方は参考にならないと思います。笑




なぜかというと、この3つは先に挙げたものよりももっと具体的だから。




「山口彩夢の入社の決め手」にすぎないからです。







当たり前のことを言いますが、




入社の決め手はあなた自身の価値観に委ねられているのです!!




今回私が魅力として取り上げた上記3つの決め手も、

別の人から見れば魅力的ではないんだろうし、

あるいは悪く映ることも当然あることだと思います。

本当に「人それぞれ」なんです。







それでも、共通して大事だと言えることはあります!




自分はどういう人間で、将来どんな働き方をしたいか




このことについてしっかり考え、イメージし、心に常に持っておくことが大事だと思います^^




その為に「自己分析」は必須です!!




あなたの人生の為の、あなたの会社選びです。

まずは「自分」を知ること。




そうすれば自ずと、

自分の入社する会社を決めることができるのではないでしょうか^^










今回は私の就活経験談を基に

「決め手=軸」の大切さ

について書かせていただきました。

この記事から何かを得られた方がいれば嬉しく思います^^




今後もキャリア支援団体@Mのメンバーとして、

「あなたらしい」就活ができるよう支援していきたいと思いますので、

今後ともよろしくお願いします^^♪







ではでは、この辺で終わります!






最終更新日  2013年12月01日 06時27分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは、スペイン語専攻のHです。



私のテーマは、「就活ちょっといい話」です^^



あるメーカーの筆記試験を受けたときのこと。

試験開始直前、なんとシャーペンを忘れたことに気づきました。

ボールペンじゃ消せないし、どうしよう・・と思い、

隣の男の子にシャーペンを余分に持ってないか聞きました。



すると彼は、「あ、僕鉛筆で書くのでこれ使ってください」と

一本しかないシャーペンを渡してくれました。



「いやいや、私がその鉛筆使います!」

「いえいえ、いいんですよ」



の押し問答が続くなか、試験が始まってしまいました。

申し訳ない気持ちでいっぱいの中、シャーペンで問題を解いていると・・



シュッシュッシュッシュ



という音が隣から聞こえてきました。



ちらっと横から見ると、

なんとその彼が

カッターで丸くなった鉛筆を削りながら一生懸命問題を解いていました。





なんでカッター持ち歩いてるんやという疑問も少なからずありましたが

いい人すぎて涙が出そうになりました。

選考の場で、これだけ人に優しくできるってすごいなーと思いませんか?



終わった後、シャーペンを返してお礼とお詫びを言いまくり、

その場は別れました。



ちなみにその人とは2次面接でまた遭遇しました!偶然!!

その後はどうなったかわかりませんが、

彼が内定をもらっったことを祈るばかりです・・





何が言いたかったかというと・・

同じ企業を受けている就活生は、ライバルといえばライバルです。

でも、だからと言って敵対視するのではなく、助け合って乗り越えられたら素敵ですよね。

人には優しくしたいものです。



そして、みなさん試験を受けに行くときはシャーペンを忘れずにね!!!





就活本格化してきますが、頑張ってください^^







最終更新日  2013年12月01日 06時16分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは!イタリア語専攻の中塚歩美です。
初投稿ということで少しだけ自己紹介をしたいと思います^^

私は休学して留学に行くか、4年で卒業するかをさんざん迷った末に
留学にはいかず、ストレートで卒業することを選び、就職活動をスタートしました。
しかしそう決めたものの、ほとんどの友人は海外に留学中、
さらに外国語学部の就活生はほとんどが留学経験のある先輩ばかり…。
その時もっと身近に相談できる人がたくさんいたらいいのに…と思ったことが
@Mの活動に携わりたい!と思ったきっかけでした。
不安だらけでスタートした就職活動もあっという間に時間が流れ、
無事来年からは人材業界で働くことになりました^^

さてさて、本題ですね!
『9月から10月にかけてやっていたこと』ということですが、主に2つです!

秋のインターンシップに応募
夏に長期インターンに参加できなかったので、ひき続きインターンを探していました。
と言っても、授業などの都合で応募したのは1社だけでしたが…。
その企業の人事の方に面接のフィードバックをしてもらった時に「全然伝わってこない」と言われてしまい、このままではいけない…!という焦りがわきました。
インターンは選考の過程でフィードバックをもらえることがあります。
そのアドバイスは本番でも役立つと思うので、それだけでもインターンに挑戦する価値はあると思います。


就職活動に関しての基礎的な知識を増やす
先ほど書いたインターンの面接で不安になった私は、本を読み漁りました。
いわゆるマニュアル本というやつですね。笑
さまざまな業界についての簡単な知識、エントリーシートの書き方、
就職活動の流れなど就職活動に関しての基礎的な知識を増やすことに努めました。
決して「全面的にマニュアル本に頼りなさい!」というアドバイスはできませんが、
エントリーシートを見やすくわかりやすく書くコツなどは役立つかと思います。
また、学校で開催されているセミナーにも参加していました。
業界研究の仕方や自己分析の方法をわかりやすく説明してくれます。
セミナーの予定は学校の掲示板に掲載されているので、ぜひ確認して参加してみてくださいね^^
拙い文章でしたが最後まで読んでくださってありがとうございました!
就職活動って何から始めたらいいの?と不安に思っている方の参考になっていれば幸いです!









最終更新日  2013年12月01日 06時14分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月15日
カテゴリ:カテゴリ未分類
しくお願いします!

こんにちは♪
まだまだ暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
ドイツ語専攻4回生の塩濱芙希乃です😊

本日のお題は「9月10月にかけてやっていたこと」です!

まず、9月から振り返っていきます!
8月の後半からカンボジアとベトナムへのスタディツアーというものに
2週間弱参加していましたが、9月前半に帰国し、
帰国した次の日から某金融系の会社のインターンに5日間参加しました。
私は金融業界に内定を頂いているのですが、
このインターン参加をきっかけに金融業界に興味を持ち始めました。
インターンではグループワークが中心だったのですが、
参加している他の学生の能力(プレゼン能力やアイデアなど)に刺激されたのが印象的です。
本当に参加して良かったと、今でも思っています。
夏のインターン参加できなかったという人も、秋にもインターンを開催する企業も
たくさんあるのでぜひチェックしてみて下さいね😉

サークルの合宿に行ったりアルバイトをしたりしているうちに、
あっという間に9月が終わり10月になり学校が始まりました。

10月
始まってすぐに、学校で開催された就活のイベントに参加しました。
業界ごとにOBOGさんが来て下さって少人数で話を聞くという主旨のイベントだったのですが、
まだ就活に関して右も左もわかっていなかった私にとても優しく話しをして下さりました。
いろんな企業の方がいらっしゃって、非常にためになりました。
また、合同説明会に足を運び始めたりもしました。
最初なので、立ってメモを取りながら話を聞くだけでもしんどかったのを
今でも覚えています😓
私は、インターネットや本など字を見て業界研究をするというよりも、
ひたすら足を運んで目で見て話を聞いて社員の方とお話して情報収集をするタイプでした。
業界研究何やっていいかわからない...という方は、
とにかく自分の足を使って動いて情報収集してみて下さい!


就職活動が本格的に始まるのは12月ですが、
少しでも早く情報収集を始めるだけで心に余裕もできます^^
少しで参考にして下さい!
また、何かわからないこと等あればいつでも@Mに問い合わせて下さい♪



では、本日はこの辺で失礼します。
ドイツ語専攻4回生、塩濱芙希乃でした。






最終更新日  2013年11月26日 17時01分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月07日
カテゴリ:カテゴリ未分類

初めまして!
ヒンディー語6回4年のクボマサキです!
日系メーカー(ビール)から内定を頂いています。
今回初めてのブログということで、以下のコンテンツでお話させて頂きます。


【1、自己紹介】
【2、本題〜9月•10月何してた?〜】
【3、終わりに】

では早速進めていきましょう!



【1、自己紹介】
ここでの目的は、僕がどういう人間なのか知ってもらうことにあります。
ただ、生まれてから、こんな人生歩んできたよーって言われても興味ないと思うので、就活によくある自己分析のように話していきますね^^

<性格>
•褒められたい人間
•人と同じことが嫌いな人間

<行動>
•中学で、ダルビッシュのいる硬式野球部にトライアウト
•高校で、軽音楽部の部長として、100人を牽引
•大学で、初心者として体育会サッカー部に入部
•2年間休学をし、大学私費留学を敢行

<強み>
•観察力がある
(人とは違うことをするために、まずは周りがどういう行動をとっているのかを把握する為)
•チャレンジ精神がある
(人がしなさそうな事に挑戦し、そこで成果をあげることが、一番褒められると気付いた為)



ここから分かる自身の<ビジネスにおける強み>に関しては、今後「自己分析」についてお話する機会があると思うので、その時までとっておきます!
自己分析ってこんなもんなん?と思った方もいるでしょうが、こんなもんです!笑



【2、本題】
では今回のメインテーマに移ります。

ここでの目的は、1で話した僕のような人間が、何を考え、どう行動したのかを一経験談としてお話することにあります。こういう思考プロセスもあるんだなと、ひとつインプットを増やしてもらえたらなと思います。その中で共感することがあれば、嬉しい限りです^^


<インターン真只中!の8月9月>
人と違う事がしたい。と考える僕は、普通のインターンに行くのもどうかと考え、インパクトの強いものを探していました。内定直結型や、有給型、様々なインターンがありましたが、その中で目にとまったのが、グローバルインターンシップでした。7月から選考をすすめ、運良く、8月半ばから1ヶ月を要するプログラムの参加を勝ち取りました。


そこでは、多くの刺激(良い意味での)を受けました。
東京○学や○稲田大学の強者たちは、やはりグループでの話し合いにも積極的で、インプットの量も僕とは比べ物になりませんでした。


また、インターンの内容としては、マーケティングを実践するものでしたが、僕は全く知識を持ち併せていませんでした。日々学びながら体験した一つ一つは非常に楽しかったのを覚えています。




<インターン終了!後の9月10月>
9月半ばに、インターンシップを無事終えて、僕が何を考えたか。


『世の中にこんな仕事があったのか!もっと知りたい!』


そうです。知識欲が噴水のように溢れ出てきたのです。
世の中にどんな仕事があって、その仕事を成功させた人は、どういうマインドをもっているのか、徹底的にインプットを増やしたいと考えました。そこで僕がとった行動は以下です。



1、読書!読書!読書!
僕は大学を休学していたということもあり、時間は十二分にありました。また、当時本屋さんでアルバイトしていた為、本を少しだけ安く買えたのでこの手段を取りました。具体的には、3日で1冊ペース。ジャンルは、ビジネス本、自己啓発本がメインでした。10月終わりまでに20冊は読んだと思います。僕自身は本を読むのが得意では無いので、このくらいのペースになりましたが、得意な人はもっと読んで良いと思います。


2、業界研究
いわゆる研究本を購入し、一日一業界について学習しました。
具体的には、業界の大枠と業界トップ層の企業を研究本で学び、その後企業HPにとびました。詳しく企業毎の違いを知るというよりは、何となく雰囲気を知るといった程度です。


3、外資系企業の説明会に参加
10月に入ると、外資系企業の説明会が始まります。そこに足を運んで蓄えたインプットをぶつけてみて、さらにインプットに磨きをかけていきました。


ここで重要なことは、インプットだけで終わらせないことです。
得たインプットを友人なり、先輩なり、社員さんなりにぶつけてみてください。そこで出したアウトプットが、インプットの質を高め、より磨きがかったものとして蓄積される、と僕自身考えています。



【3、終わりに】
『知る』って楽しい!『知らない』って怖い!
そう感じた去年のインターンシップをきっかけに、とにかくインプットを増やしていこうと考えてきました。それは9月10月だけにとどまらず、今でも継続して行っている事です。僕自身ことしの夏も、1ヶ月のインターンシップに参加し、インプットとアウトプットの両方を磨きました。

就活というのは、自身を知る良いきっかけだと思います。また、そこで得た気付きをもとに継続的に自分を磨いていくことが重要だと考えています。この夏の経験を、そこで得た学びをどうか、就活だけでなく、これからの人生に活かしていって欲しいと思っています!



そのために、キャリア支援団体@Mを活用して頂ければと思います!
最後まで読んでくださってありがとうございました^^







最終更新日  2013年11月24日 06時47分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年10月31日
カテゴリ:カテゴリ未分類
みなさんこんにちは^^

@M一期生の橋本明音〈あかね〉(@akaaan29)と申します。

インドネシア語専攻12卒で、
今は地元高知の企業(建設業界)に就職し地元高知生活を楽しんでいます。
いわゆる“Uターン就職”というやつですね!!

早速ですが今回は、
女性ならではの就活体験談やUターン就職などについて書いていきます!

☆女性ならではの就活体験談

私は就活中は
「女性だから○○すべき、女性だから○○すべきでない」
といったことは意識していませんでした。

〈女らしさ〉とか〈女の人は○○じゃないと〉みたいなのが嫌いで、
「男も女もない!!ばりばり仕事する!」
といった意気込みで就活をしていました。

(キャリアウーマン気取りでほとんどの面接にパンツスーツで行ってました笑)

すでに高校の時には、
〈仕事ばりばりやって出世して、男も女も関係ないということを頭かちかちのおじさんに見せつけてぎゃふんと言わせてやりたい〉
なんて思っていましたね…←

でも、そんな私でもいつかは結婚して、
出産もするんじゃないかな?という漠然としたイメージが頭のかたすみにはありました。

結婚・出産も考えて就活をされる女性の方は多いでしょうし、
そうなってくると気になるのが、福利厚生だと思います。
育休・産休はとれるの?他にどんな制度があるの??etc、、、

でもでも。
福利厚生っていくら表面上は整ってても、
きちんと活用されていなければ全く意味がないですよね??

そこはHP上の情報だけを鵜呑みにするのではなく、
実際社員の方とお話して聞いてみるとよいです!
(説明会などでも社員の方とお話しする機会ってありますよね^^)

結婚・出産よりも仕事のことが頭にあった私は、
実はあまり福利厚生を気にしておらず、
その会社での“女性の立場(働き方)”をもっと気にして見ていました。

いくら福利厚生がちゃんとしていても、
男性と女性に平等に仕事のチャンスが与えられない、
女の人が下に見られるのはいやだったから
です。

でも男性女性関係なく仕事ができる環境があれば、
女性が結婚したり出産した時に“退職するのが当たり前”
っていう考えには直結しにくいんじゃないかな~って考えてました。

“女性の立場(働き方)”についてですが、
就活を進めるうえで違和感を感じていたことがあります。
それは、男性の面接官しかいない企業が多いことです。

会場に何十個も面接ブースがありながら、
ぜーんぶ男性の面接官、なんて企業は1社や2社じゃなかったです。
女性社員も会場に何名もいらっしゃるのに、みなさん受付での書類の配布のみ。
なんだかな~~~って思った記憶があります。

ちなみに私の会社はというと、
最終の役員面接でも女性の方(not役員)が入っていました。
その部分から、
男性女性関係なく実力で仕事を任せてもらえる部分があるのでは?と考えました。

もちろん男女の比率など色んな要素があると思いますので、
一概にこの基準だけでその会社の全てを判断できるわけではないんですけどね。

それらを踏まえて、
「今の会社に入ったら仕事も頑張れて、結婚・出産をしようと思えば自分の努力次第で両立できる環境があるんじゃないかな~」
って思うようになりました。

今後どうなるかは分かりませんが、
もし今の会社で産休・育休を取って、
その後育児・仕事を両立させたいってなった時、
それが実現できるよう努力するのみだな、と感じています。

地元を離れて就職をするか、
はたまた生まれ育った地元に帰るのか、
就活の時に悩まれる方もたくさんいらっしゃるかと思います。

私は大好きな地元に帰りたい、という思いが頭のかたすみにあり、漠然とUターン就職を
考えるようになりました。


ちなみに私の人生プランですが、
高知に帰りたいとは言っておきながら、
国内国外問わず色んなところで生活をしてみたいなあと考えています!

「これから先の人生のどこかのタイミングで地元高知に帰って生活をしたいけれど、
でも高知でずーっと同じ生活するのはちょっと、、、」
「じゃあどのタイミングで地元に帰ろうか、、、」と本当に本当に悩みました。

だから、最後の最後まで企業や勤務地はしぼらずに就職活動をしていました。
…というかしぼれなかったんですけどね(笑)
(ちなみに地元の企業は今1社しか受けませんでした)

でも最終的には、
“最初都会で就職して、後々高知に転職しようとしても、
高知には企業があまりないから選択肢ってあまりないかも…”
っていう考えにたどり着きました。

そうなったら、帰ってきたくても帰ってこれないので私にとったら大問題です。

もしかしたら、将来的にやりたいと思ったことが高知に帰ってもできないかもしれない。

だから、≪最初に県外で就職→高知に転職≫よりも、
≪高知→県外へ転職≫の方がよりチャンスがあるんじゃないかな~と考えました!

という流れで私はファーストステップとして地元の企業にUターン就職しました。

色んな場所で暮らしたいと考えている方は参考までに…←

ちなみにUターン就職といっても、

地元の企業に就職したからといって必ずしも地元での生活が約束されているとも限りません。

というもの、国内国外に複数支社を持っている企業もあり、その場合は地元以外の配属も考え
られるからです。


地元で仕事をする手としては、
“地元にも営業所などがある企業(大手など)に就職する”という選択肢もあげられます。

東京や大阪に本社がある企業でも、
全国各地に営業所などを構えている企業は多いので、
希望が通れば地元の企業で働ける可能性もあります。

どのような働き方をしたいか、によって変わってもくると思います。

例えば私は高知で働くなら、
高知の企業に就職して地元に何らかのかたちで貢献したいなあ
という思いがあったので、地元の企業に就職することにしました。

…こんな感じで、私もいっぱい悩みました。

でもいっぱい悩んで考えることで、自分は何を大切にしたいのか、っていうのが分かってくる
と思います。就職活動は自分を見つめなおすとっても良い機会です。


最後になりましたが、
皆さんが納得のいく就活ができるよう、心より応援しています!






最終更新日  2012年10月31日 23時58分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月28日
カテゴリ:内定者ブログ
こんにちは!ようやく涼しくなってきましたね!
イタリア語専攻の西村です。
迫りくる資格試験の対策に追われながらも、バイトや部活や遊びに明け暮れる
毎日を楽しんでいます。

さて、今回は普段のテーマと違って少し緩い感じの、リラックスして読める記事にしようと思います。
巷では未だに絶大なる人気を誇っている芸人、レイザーラモンRGのあるあるネタをお借りして、
「就活あるある」をいくつか紹介します。
あくまでも個人的な体験に基づくものなので、鵜呑みにせず、まあ楽しんで読んでいただけたら幸いです。

では、いきましょう!




「非通知の着信をとれなくてそわそわしがち」

これは誰もが体験するあるあるですね。どこの企業から?何の用件やろう?そんなことが気になって何も手につかなくなります。
企業からの電話は非通知であることが多いので着信拒否している人は解除しておきましょう。



「自己分析をして逆に自分を見失いがち」

でました、自己分析。就活をしていれば必ず耳にするワードです。
自分だけで自己分析を進めすぎて「自分の長所ってなんやろう?」「俺ってどんな仕事が向いてるんやろう?」など自分のことがよくわからなくなったり、
自信を失ってしまったりしてしまう時もあります。
そんな時は他の人に自分のことを聞いてみましょう。意外な発見があったり、
自分の性格を再認識するいい機会になります。



「飲み会の話題の9割が就活の話になりがち」

就活中の友人との飲み会はいい気分転換になりますし、自分の志望動機や自己アピールを語るいい場所でもあります。
ただ、就活のことばかりに頭がいっぱいになりすぎて、勉強やアルバイト、部活やサークル、友人や恋人のことが少し疎かになる人もいます。
バランスが肝心ですねー



「説明会や面接での“服装自由”の記述に惑わされがち」

自由って書いてあるけどきっちりスーツでいくべきか。個性を出すために私服でいくべきか。最後は自分で勇敢に決断を下し、堂々とした格好でいきましょう。



「TwitterやFacebookで社名を隠しがち」

リ◯◯◯ト M商事 R天 などなど。
SNSでむやみやたらに就活の話題をするのは避けましょう。
人事がみてるかもしれませんよ。



ここからは外国語学部生ならではのあるあるです。



「自己紹介の時“外国語学部”で噛んでしまいがち」

大阪大学外国語学部って意外と言いにくいです。練習しておきましょう。



「えーっ、〇〇語勉強してるん?ちょっとしゃべって!って言われて実際にし
ゃべったら、微妙なリアクションが返ってきがち」


他大学では勉強できない言語を専攻している人はまあ確実にこのくだりはやるでしょう。
関西の大学生ならではの面白い返しを準備しておきましょう。僕はサッカー日本代表監督のザッケローニのモノマネをしていました。




こんな感じですかね。
就活を進めながら、実際にあるあるなのか確認してみてください!
時にはこうやって息抜きしながら、就活を“楽しむ”ことも本当に大切だと思います。
不安もあると思いますが、あまり気を張りすぎず、夏休みの最後を想いっきり満喫してください!!








最終更新日  2012年09月28日 09時44分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年09月21日
カテゴリ:内定者ブログ
こんばんは!
中国語専攻4年の佐々木です!

最近、夏休みということもあり、アクティブな@Mメンバーはそれぞれ海外に高飛びしたり、国内をブラブラしたり、部活に励んだり・・・と、お休みをエンジョイしておりまして。
それゆえ、ブログの更新が少なくなっていて、楽しみに待っていてくれた就活生のみなさん(きっといるはず笑)にご迷惑おかけしました><

新学期に向けてまた更新頻度をあげて、みなさんに役立つ情報を発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします☆


さて、今回は「面接のマナー」というテーマでお送りしたいと思います!

みなさん、今までに面接って受けたことありますか?
受験の面接やバイトの面接は受けたことがあるかもしれませんね。
でも、就活の面接はまた違ったタイプのもので、特に基本的なマナーが大事になってきます!
今日は面接のときにぜひ覚えておきたいマナーを知ってもらおうと思います^^



*服装*
基本的にはリクルートスーツです。
清潔感は大事!スーツやシャツにアイロンをかけたり、革靴を磨いていったりしましょう。

女の子の場合、スカートとパンツどちらがいいの?開襟シャツと上までボタンのあるタイプ、どちらがいい?と悩むかもしれません。
しかし、基本的にはどちらでも大丈夫だと思います。自分にあった方もしくはこう見せたいというイメージに基づいて選びましょう!

また、会社によっては私服で受けても良い面接もありますが、逆に何を着ていくか迷いますね、こういう時。
個性を出すのは良いですが、過度に派手な格好などは慎みましょう!


*姿勢や態度*
面接中は、お辞儀をしたり椅子に座ったりするので、そのときの姿勢や仕草は面接官もチェックしています。
よっぽど態度や姿勢が悪くなければ減点されることはないですが、良いに越したことはないので、気をつけておきましょうね!
姿勢などの基本的な注意点を以下にまとめます。

・声は聞き取りやすい大きさで。
・話しながらお辞儀するのは×。言葉を言い終わってからお辞儀するように!
・面接中、男性は手を軽く握りひざの上に置き、女性は両手を重ねてひざの中央に置く
・面接官の目を見る、適宜うなずいたり面接官の話に相槌をうつ
・複数で面接を受ける場合、他の学生が話している時も耳を傾け、そちらに顔を少し向けたり相槌を打ったりする
・明るく笑顔で!


いくつかマナーについて気をつけるべきポイントを挙げましたが、どうか参考程度にしてください。
なぜなら、絶対こうしなければならない!というわけではないからです。

マナーの基本は、相手の身になって考えどうすれば気分よく接することができるか、を思考し実行することです!
そのうえで最低限知っておくべきマナーもあるので、面接前にはネットや本などで調べてみてくださいね。


最後に、面接でいちばん大事なのは自分をアピールし理解してもらうことなので、あまりマナーにばかり気を取られすぎないようにご注意あれ!









最終更新日  2012年09月21日 19時30分06秒
コメント(0) | コメントを書く

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.