992251 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

社寺の設計が得意な設計事務所

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


設計星人

Freepage List

Comments

設計星人@ 今週発送するそうです こちらこそお世話になっています。 来週…
副住職@ Re:お寺の書院の欄間をデザイン(05/27) お世話になっております。 欄間できた…
farr@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
設計星人@ Re:三角妻壁の名称の質問(07/31) 田中新一さん >切り妻、入母屋の三角形…
田中新一@ 三角妻壁の名称の質問 切り妻、入母屋の三角形妻壁の名称を教え…
Jul 30, 2018
XML
カテゴリ:木造本堂新築
東京都練馬区の浄土真宗本願寺派 真龍寺様の全伽藍を造っています。

現在現場では、瓦葺き師がイブシ瓦を葺き、大工が造作工事を進めています。

「近隣のお寺が木造の本堂を羨ましがっていますよ」
住職ご夫婦も満足げです。都心部の皆様も、木造が好きなんですね。



さて、本堂の天井を見上げると・・・梁の間、斜め方向に板が張ってあります。

これは地震や台風時に大きな横力を受けて、梁と梁、梁と桁の接合部が捻じれ・・・
その結果、建物が変形しないようにしているんです。

水平構面と呼ばれています。

伝統的な日本建築は、上から下へ流れる力に関する工夫は盛りだくさんですが・・・
水平構面に対する意識が低いようです。

歴史を刻んだ本堂の柱が大きく傾ているのは、ほとんどの場合これが原因です。


 寺院建築の設計を手がけています : 菅野企画設計

寺院完成ギャラリー:〇 ​木造伽藍​ 〇 ​RC・鉄骨造伽藍​ 〇 ​納骨堂・山門・鐘楼

○ ​Facebook​  ○ ​Instagram​  ○ ​Pinterest







Last updated  May 2, 2020 07:16:03 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.