1012402 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

社寺の設計が得意な設計事務所

PR

全88件 (88件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

落慶法要・上棟式

Sep 10, 2020
XML
カテゴリ:落慶法要・上棟式
茨城県つくば市の真宗高田派 専修寺関東別院つくば分院の涅槃堂が完成し、
「涅槃堂落成慶讃法会」が厳修されました。

この建物はもともと、イタリアンレストランでした。
中央がエントランスで、その両側に客席が配置されていました。

エントランスを入って右側の客席を本堂に改築し、平成26年より布教活動の場として活用されてきましたが・・・この度、左側を涅槃堂に改築することになり、その設計を依頼されました。

涅槃堂の中央には、栃木県真岡市 専修寺本寺に祀られている国の重要文化財「涅槃像」を模した木像が安置されています。



その背後の壁には天女と雲中供養菩薩が描かれ、
将来納骨堂として利用される隣室には・・・いちめんに蓮が描かれています。

この彩色は、京都唯心庵に制作してもらいました。

法会は雅楽の調べの中、花園親弘関東別院輪番を導師に厳修されました。

当日の参加者はコロナ感染に配慮して、関東別院の役員、関係者など35名に絞られた上に、
導師と参列者との間にはガラスのパーティションが立てられました。

一日も早く、以前の日々が帰ってきて欲しいものです。


寺院建築の設計 : 菅野企画設計   伝統構法で快適な生活を実現:古民家再生

寺院完成ギャラリー:〇 木造伽藍 〇 RC・鉄骨造伽藍 〇 納骨堂・山門・鐘楼

Facebook  Instagram  Pinterest







Last updated  Sep 10, 2020 11:00:32 AM
コメント(0) | コメントを書く


Aug 13, 2020
カテゴリ:落慶法要・上棟式
静岡県沼津市の法華宗 光長寺西之坊で全伽藍を建て替えます。

午前9時から起工式が厳修されました。
愛知県一宮市の事務所を6時に出発し、ガラガラの新幹線で三島へ、駅前で伊藤と合流しレンタカーに乗り込み・・・15分前にお寺へ到着。

「朝早くから申し訳ありません。でも、これからどんどん暑くなりますからねえ」は住職。
なるほど、今年の暑さは尋常ではありません。



設計を始めた当初は、どこから工事車両を入れよう?頭を悩ましましたが・・・

結局、境内裏手の道路から続く段差4.7mのスロープを緩勾配に変え、拡幅、舗装して工事用道路に造り替えました。

実は、境内を山門、塀で囲っているお寺が多いので、工事用道路にはいつも悩まされます。

工事は、地元の大岡建設工業(株)と石川県の松浦建設(株)がタイアップして行うことになりました。

庫裡・客殿は仮設工事、土・基礎工事、設備工事そして将来のメンテナンスに有利な地元の建設会社に、本堂は宮大工を抱え、実績が豊富な建設会社に。

今回は、見積り合わせの結果、住職と建設委員の皆様が決めた方法ですが・・・とても合理的で、工事費も抑えられるので、今後は積極的に採用したいと考えています。


寺院建築の設計 : 菅野企画設計   伝統構法で快適な生活を実現:古民家再生

寺院完成ギャラリー:〇 木造伽藍 〇 RC・鉄骨造伽藍 〇 納骨堂・山門・鐘楼

Facebook  Instagram  Pinterest






Last updated  Aug 13, 2020 10:04:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 7, 2020
カテゴリ:落慶法要・上棟式
愛知県岡崎市の真宗高田派 満性寺で開運殿太子堂改修完成「遷座法要」が厳修されました。

「大規模に落慶法要を務めたかったんですが・・・」
住職は残念そうでしたが、小振りな太子堂には入りきれないくらいの参拝者が集まりました。



満性寺住職は、一昨年まで真宗高田派本山 専修寺の宗務総長を長くお務めでした。

本山専修寺で大変お世話になったうえに・・
自坊に戻られてもまた、太子堂耐震補強工事の設計監理という大役を拝命と、ありがたい限りです。

今回の改修工事に伴い、小屋裏から7枚の棟札が発見され・・・
その中になんと!1684年の建立を示す棟札もありました。
ということは、372年前の建立が証明されたことになります。

法要の後、挨拶を求められ・・・
「太子堂は、木組みの粘りを活かす柔構造で耐震補強を行いました。この方法は伝統構法に最も適していますが、実は最新の構造でもあり、超高層ビルと同じなんですよ」

構造の説明をすると・・・皆さん興味深そうに耳を傾けてくれました。


寺院建築の設計 : 菅野企画設計   伝統構法で快適な生活を実現:古民家再生

寺院完成ギャラリー:〇 木造伽藍 〇 RC・鉄骨造伽藍 〇 納骨堂・山門・鐘楼

Facebook  Instagram  Pinterest






Last updated  Jul 7, 2020 08:00:07 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 6, 2020
カテゴリ:落慶法要・上棟式
岐阜市の浄土宗西山禅林寺派 大泉寺で本堂屋根改修等事業 落慶法要が厳修されました。

工事名でもわかるように、当初は屋根の葺き替えが事業の目的でした。しかし・・・

「建物が傾いたままで瓦を葺き替えてはいけない。この際、耐震診断を行い、必要なら耐震補強工事を行うべきだ」という意見がでて、菅野企画設計に声がかかりました。

そして・・・伝統構法による耐震改修工事で、本堂は強く美しく生まれ変わりました。

「こんなご時世なので、人数を限っての法要になり、非常に残念です」は住職と建設委員の皆様。



法要の後、工事の説明を求められ、耐震補強のお話をする前に・・・
「余談ですが、先代の住職は私の高校時代の美術の先生です。先日、友人と雑談していて初めて知りました。

志望大学の受験科目にドローイングがあることを知り、突然押しかけ、先生に指導を仰ぎました。いい加減な学生だったのに、丁寧に教えてくださいました。その後、お礼も言わないままで・・・
45年を経た今、ちょっとだけ恩を返せたかなと思います(笑)」


寺院建築の設計 : 菅野企画設計   伝統構法で快適な生活を実現:古民家再生

寺院完成ギャラリー:〇 木造伽藍 〇 RC・鉄骨造伽藍 〇 納骨堂・山門・鐘楼

Facebook  Instagram  Pinterest







Last updated  Jul 6, 2020 08:22:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
Jun 9, 2020
カテゴリ:落慶法要・上棟式
静岡県沼津市の法華宗 光長寺塔頭西之坊で全伽藍を建て替えます。

工事は競争見積もりの結果、本堂新築を石川県の松浦建設(株)
客殿・庫裡・位牌堂など、その他の工事を地元沼津市の大岡建設工業(株)にお願いすることになりました。

現場では現在、工事用の進入路を造成しています。

本堂の解体に先立ち、解体報恩式が厳修されました。
会場の現本堂には、建設委員の皆様そして建築関係者が参集しました。

法要は法華宗管長、光長寺貫首の原井 日鳳(にっぽう)猊下が導師をお務めになりました。



本堂は昭和6年の建立。全体に構造が華奢で、耐震力が不十分なことは明らかでした。
そこで・・・住職と檀家の皆様は本堂の建て替えを決断。さらに、多くの参拝者が集まる魅力的なお寺を目指して客殿・庫裡の建て替えに踏み切りました。

法要の後、猊下が挨拶されました。
「私も若い頃、自坊の伽藍整備を決断し、若さがゆえに頑張れました。西之坊の住職も若い。決断したのなら迷わないで進んでほしい。

しかし、住職はロウソクの芯です。檀家の皆様が油(ろう)を注いでくれないと燃えることができません。協力をお願いします」


寺院建築の設計 : 菅野企画設計   伝統構法で快適な生活を実現:古民家再生

寺院完成ギャラリー:〇 木造伽藍 〇 RC・鉄骨造伽藍 〇 納骨堂・山門・鐘楼

Facebook  Instagram  Pinterest







Last updated  Jun 9, 2020 09:32:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 26, 2020
カテゴリ:落慶法要・上棟式
岐阜県大垣市の真宗大谷派 願宗寺で本堂新築工事の立柱式が厳修されました。

工事は、競争見積もりの結果、岐阜県郡上市に本社を構える澤崎建設(株)にお願いしています。



「建設委員会の皆様にも参列していただく予定でしたが・・・新型コロナの感染に配慮して、少人数の法要にさせてもらいました」は住職。

木組みを見ながら・・・
「丸太は相当高価なものなんですか?」
「丸太自体は高いものではありません。角材は機械で加工できますが丸太は手刻みになりますので・・・工事費が高くなります」
「なるほど、そういうことですか。昔は釘を使わなかったと聞いていますが、金物をたくさん使ってありますねえ」
「宮大工は伝統的な仕口をした上に金物で補強しているんです。金物だけで接合しているわけではありません」
「それは、是非皆さんに説明してほしいなあ」
そして・・・
「どんどん出来上がってくるので、毎日が楽しいです」

水門川の桜並木に面した本堂は、きっと話題になると思います。完成が楽しみです。


 寺院建築の設計 : 菅野企画設計

寺院完成ギャラリー:〇 木造伽藍 〇 RC・鉄骨造伽藍 〇 納骨堂・山門・鐘楼

Facebook  Instagram  Pinterest







Last updated  May 26, 2020 08:24:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 24, 2020
カテゴリ:落慶法要・上棟式
岐阜県大垣市の真宗大谷派 願宗寺で本堂新築工事起工式が厳修されました。

工事は競争見積もりの結果、郡上市に本社を構える(株)澤崎建設にお願いします。

旧本堂が解体撤去された境内にはテントが張られ・・・
建設委員の皆様と工事関係者がお祝いに参集しました。

このお寺の庫裡は、5年前に完成しました。

「いつかは本堂をと考えていますので、その時はまた、よろしくお願いします」
住職から告げられたので・・・



「この周辺は桜並木が美しく、多くの方が散策に訪れます。新本堂は、その桜を名物にできるような建物にしたいですね」そうお答えしました。

いよいよ、その実現に向けて工事が始まります。

写真は、桜並木越しに見た建築現場。今年ももう少しで桜が咲き始めます。


 寺院建築の設計 : 菅野企画設計

寺院完成ギャラリー:〇 ​木造伽藍​ 〇 ​RC・鉄骨造伽藍​ 〇 ​納骨堂・山門・鐘楼

○ ​Facebook​  ○ ​Instagram​  ○ ​Pinterest








Last updated  May 8, 2020 09:34:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 18, 2020
カテゴリ:落慶法要・上棟式
神奈川県川崎市の曹洞宗 修廣寺で、客殿・庫裡新築工事の上棟式が厳修されました。

既設の木造本堂と新築木造庫裡を合法的に接続するため・・・2棟の間に、耐火構造の客殿を挟み込みます。



客殿は鉄筋コンクリート造平屋建てで約230平米、庫裡は木造2階建てで約325平米、合計で約168坪です。
工事は石川県能美市に本社を構える松浦建設(株)にお願いしています。

建設委員の皆様と工事関係者がお祝いに参集しました。

「コロナウィルスの影響で、中国の経済がズタズタになっているようです。
石工事は完全にストップですし・・・衛生器具も製造できない状態だと聞きます。
順調に工事が進んできたのに・・・大きな渦に巻き込まれなければいいのですが」
松浦建設の社長が少々気になる挨拶をされました。

上棟式の後、会食の席が設けられ・・・現場で腕を振るっている大工4名がひとりひとり紹介されました。

こつこつ物づくりに汗を流す職人が激減している今、彼らは貴重な宝物です。

「いい仕事を心がけます。よろしくお願いします」
純朴な挨拶に、大きな拍手が起こりました。


 寺院建築の設計 : 菅野企画設計

寺院完成ギャラリー:〇 ​木造伽藍​ 〇 ​RC・鉄骨造伽藍​ 〇 ​納骨堂・山門・鐘楼

○ ​Facebook​  ○ ​Instagram​  ○ ​Pinterest







Last updated  May 8, 2020 03:11:05 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 27, 2020
カテゴリ:落慶法要・上棟式
愛知県豊田市の真宗大谷派 明勝寺で、客殿・庫裡新築工事の上棟式が厳修されました。

周辺では大規模な区画整理が行われており、明勝寺も境内の形状変更を余儀なくされました。
第一期工事の山門・鐘楼建て替え、塀整備は既に終え・・・
第二期工事の客殿・庫裡新築工事が順調に進んでいます。

伽藍は鉄骨造2階建て、床面積は約500平米です。

上棟法要の後、(株)中島工務店による工匠之儀が行われ、弊社の前嶋も検知役として参加しました。

挨拶を求められ・・・
「声をかけていただいてから5年以上の歳月が過ぎました。私も64歳になってしまいました(笑)。
月日の過ぎるのは早いものだとつくづく感じます。

明勝寺客殿・庫裡の特徴は、鉄骨造なのに木をふんだんに使うことです。
また、玄関は20帖以上の広さがあり、右手に4.5畳の茶室、左手に36人が机椅子で食事ができる客殿が面しています。

さらに、広さ24帖の配膳室が客殿に近接し、駐車場にもつながっているなど・・・頑丈な上に使いやすい伽藍になります」と申し上げました。



閉式の後、餅撒きが行われ・・・明るい歓声が境内に響きました。


 寺院建築の設計 : 菅野企画設計

寺院完成ギャラリー:〇 ​木造伽藍​ 〇 ​RC・鉄骨造伽藍​ 〇 ​納骨堂・山門・鐘楼

○ ​Facebook​  ○ ​Instagram​  ○ ​Pinterest







Last updated  May 8, 2020 03:13:35 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 22, 2020
カテゴリ:落慶法要・上棟式
名古屋市の日蓮宗 浄昇寺の書院・客殿・庫裡新築工事、上棟式が厳修されました。

当日は快晴に恵まれ、総代、建築関係者と寺族が参列しました。

「いつもありがとうございます。今、修廣寺でもお世話になっています」
瓦屋さんが声をかけてきました。

修廣寺は川崎市の曹洞宗寺院で、現在、客殿・庫裡が新築工事中です。
「こちらこそ、ありがとう」多くの施工会社に支えられていることを実感します。

建物は木造平屋建て、床面積は約539平米です。

参道から見ると、高さが違う三重のむくり屋根が本堂に向かって段々高くなっています。



「菅野さん、妙見町のオペラハウスと呼ばれていますよ(笑)」は奥様。
むくり屋根がシドニーのオペラハウスを連想させるようです。

ニックネームがつくなんて、光栄なことです。

工事は、愛知県江南市の(株)アイチケンにお願いしています。


 寺院建築の設計 : 菅野企画設計

寺院完成ギャラリー:〇 ​木造伽藍​ 〇 ​RC・鉄骨造伽藍​ 〇 ​納骨堂・山門・鐘楼

○ ​Facebook​  ○ ​Instagram​  ○ ​Pinteres






Last updated  May 8, 2020 03:14:05 PM
コメント(0) | コメントを書く

全88件 (88件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.