718572 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

水彩画紀行 スペイン巡礼路 ポルトガル 上海、蘇州   カスピ海沿岸からアンデスの国々まで

カスピ海の女人の奔放さ



今夜は、個性ある生とは如何なるものかを語らんと思う。

ここコーカサスに住みて、はや半年。

大和の小国に戻りて感ずる思いあまたあり。

その一因は、豊かであるべき人々の表情の暗さ。

電車の中なる疲れたものうげな顔の数々。

渋谷、新宿にあふれる少女らの個性の無き表情。

いずこも、みな、はやりの同じ装いをまとい、

同じような口調と言の葉の浅薄さ。


共感できる心の深み、表情の豊かさがなきを憂う。

ここカスピ海の街はシルクロードの西端ゆえに、

いにしえより東洋と西洋の血族の交わる歴史の影、

人々の表情にもあまた宿り豊かに花を開きけり。

遠くはアレクサンドル大王の世には

希臘の国の戦さ人住みつきて、この地の乙女と交わりしとかや。

東洋の蛮族ジンギス汗も大軍ひきつれてしばし足跡を残す。

残虐な帝王チムールの世には、蛮族あまた城外より進撃し

麗しき乙女を砂漠の帝国サマルカンドに連れ去りしとかや。

色濃きこの国の男達は北方の大国露西亜の

頬白き乙女らを好みてめとり血の交わりを深めける。

かくして、この国の乙女らは、歴史の生き証人のごとく

豊かな逞しき心を四肢に蔵し、いまなお蛮族の闊歩せる

世を彷彿とさせる趣きを有したり。

まずは露西亜系の、抽象画を描く女流画家。

「大国露西亜の豊かな創造性」を

「見るからにあふるるほど、胸に蔵したる」才媛なり。

描きし絵にも、ほほえみにも、上目使いのまなざしにも

はつらつとした個性ある生き様のあふれけり。

豊かに仲間と語り、笑み、踊り、恋する彼女の生を

推して、羨望をすら感じけり。



下記は、あまりの迫力にたじたじとなりし、題して

「カスピ海美人 個性派編 」

蛮族の世の乙女かくありしやと

歴史を語る生き証人なりしか。

蛮族チムールの軍隊も、この乙女をサマルカンドに

連れ行くのは、ためらうのではと思ふ。


この個性豊穣なる乙女の前に立ちはだかり、

恋を語り、歓喜の時を享受せんと挑む、

命知らずの若者に幸あらんことを願う。

かくまでに自己を主張し個性を楽しめる

この国の乙女の堂々として豊かで伸びやかな生を

心のいずくかに、賛美したき思いあり。


番外編


© Rakuten Group, Inc.