000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

水彩画紀行 スペイン巡礼路 ポルトガル 上海、蘇州   カスピ海沿岸からアンデスの国々まで

カスピ海の夏の海


カスピ海へ突き出でし半島の首都バクーは夏盛りにして暑きことこの上なし。

風の街と呼ばれしバクーも、たのみの風を失わば、

にじみでる汗しとどにして、耐えがたきもせんかたなし。

夾竹桃の赤い花咲き乱れ、ミモザの紫の花は

白い穂を結びて美しき綿毛を風に飛び放つ。

緑濃き木陰の路あまたある麗しき夏、

週末は、カスピ海の水遊びが慣わしとなりけり。

一宿一飯のわが宿には、各階に寝ずの番をしたる用心棒あまた。

おおくはアゼルの武道競技で優勝せし、眉秀でたる若者どちなり。

その用心棒の某、野郎ばかりではせんかたなしと、

見目秀でたる乙女を伴いて水浴びする算段をして誘いけり。

楽しみにしておりしに、約束の昼の刻に乙女現れず。

用心棒氏、電話すれば、かの乙女の母君出でて、

「わが娘はいまだ寝ておりし」とつれなき言の葉、

「あれほど約束せしに。」とアゼルの女心の不可思議さを嘆く。

女心はいずこも同じ、秋の空。うたかたの雲のごとく行方ままならず。

さてクーラーを効かせたまま、裸で寝ておりしに夏風邪を引きけり。


    夏風邪や海辺の幸の遠のけり


ロシア語の麗しき師匠と浜辺の寺子屋ならぬ、海辺にて一日、

甲羅干しする約束もかなわず、宿にて静養する憂き目とあいなりけり。

連日、宴会続きて、体内を酒精消毒したゆえや、ようやくに体調復帰したり。

カスピ海は、沖には石油を掘削する石油基地が浮かぶが特徴。

カスピ海のこの国は、貧しきながら、心も肢体も豊かに

夏の日をむさぼっていた。


眼つむれば頬に夏日の熱さ知る

無頼なる故充足の刻



欲しいまま無為にゆだねる光陰を

なほ研磨する夏の陽光


カスピ海風景



© Rakuten Group, Inc.