000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

水彩画紀行 スペイン巡礼路 ポルトガル 上海、蘇州   カスピ海沿岸からアンデスの国々まで

PR

X

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

官僚腐敗国家

2015/09/10
XML
カテゴリ:官僚腐敗国家
聞く耳もたず闘牛のように猪突猛進する安部晋三の暴走を止めれない
自民党議員を全ての選挙で全員落選させましょう。

国民の意見の代表と言える自民党議員は一人も居ないことが明白にな
ったのだから国会から追放しましょう。

牛の脳みそは小さくて馬や鹿より劣っているそう。
思考能力が欠如しているから見境なく暴走する。
食用には向くが政治家には向かない。

IMG_20150328_160345.JPG



全国規模で市会、県会、知事から自民党を排除して自民党を壊滅し、戦争法案を
廃案にしましょう。

情報公開であきらかになったが、安保法案は。祖父の岸信介がCIAから賄賂を
もらって作ったもの。外国から賄賂をもらうような政党は政党の資格はない。

そもそも議員は一円も稼いでないのに養ってあげている必要悪みたいなもの。

国民の意見を聞かない自民党議員は大食いの豚にも劣る。
















Last updated  2015/09/10 03:14:45 PM
コメント(1) | コメントを書く


2015/07/09
カテゴリ:官僚腐敗国家

20150421014138.jpg

広島、長崎を開発した原爆の試験場にした米国について考えてみよう。

日本の降伏を知っていながら開発した新兵器が2種類あったから2か所で

人体実験が必要だったという。

こんな残虐な事を一般市民にした米国はその後もベトナムやイラクで

同様の一般市民の殺戮を続けた。


  • _.jpg


  • 3f63947c6cf8de776761223bf1b634e2.jpg


  • 一億玉砕と国民に命令しながら有利な条件での降伏を引き伸ばし、

    原爆、首都空襲で国民を犠牲にして、おのれは生きのびた日本の官僚。

    自分達の責任追及を逃れるため、一億総懺悔と言う巧妙な言葉であた

    かも国民全体の責任にすりかえた東大出の賢明な官僚たちである。


  • 000cf1bdd02211b7d5bf541.jpg



    満州国は私の作品と自慢したのは岸信介。元はと言えば彼の満州侵略が

    数百万の国民を死に追いやった発端。

    東京裁判で無罪なら国民自身の裁判で彼を絞首刑にすべきだった。

    そうしなければ無念の死を遂げた魂は怒りがおさまらないだろう。

  • c0139575_2012854.jpg



    ベトナム、アフガン、イラクと世界中で最も人間を殺害している

    のは米国。巨大な武器産業が政治家を操る米国。ブッシュ政権

    の官僚の多くは戦争産業に関与していた。戦争は与党にとって

    巨大な利権となるので、戦争で官僚と政治家が巨利を得る米国。

    戦争責任を逃れた日本の官僚と政治家たちが再び国民を戦争

    に駆り立てて利益を得ようとしている。そのリーダが岸信介の

    DNAを誇りにすると自慢する孫の安倍晋三。この愚かな首相

    の暴走を止めれない情けない自民党は無能政治家の集団である

    ことを露呈している。



  • c6e3682b.jpg


    米国との安保体制を強行した頃、米国のCIAから岸信介た

    ちに巨額の秘密資金が渡ったことが米国の情報公開で明か

    になった。その結果、沖縄の基地化、米国軍人が犯罪を犯

    しても日本の法律で裁けないとか東京都の空の半分は米軍機

    しか飛べないとか多くの不利な条約を締結。

    金をもらって相手に利益を供与するのを売国奴というなら、

    未だその賄賂を返却してない自民党は売国奴の集団ではな

    いだろうか。時効であっても国家の主権に関わる重大犯罪。

    野党は、国会で事の真相を追求すべきである。


  • a0034259_10383386.jpg

    思いやり予算と言う米国の軍事費を負担しているのは、自民党

    がもらった賄賂を国民の税金で返しているのではないのか。

    自民党が米国からもらった賄賂を返済しない限り、自民党政権

    に米国とのTPPも含めてすべての交渉を行う資格はない。








  • Last updated  2015/07/09 08:36:10 PM
    コメント(2) | コメントを書く
    2014/12/05
    カテゴリ:官僚腐敗国家
    管首相が韓国人から数万円の献金があったとさわいでいたが自民党へCIAから巨額の賄賂がわたっていたことをニューヨークタイムズが報道。

    CIA文書の公開と元CIA幹部の証言で明らかになった。

    海外からの献金を禁止している法律に違反した自民党は政党失格ではないか。額が巨額で秘密に行われたことも犯罪である。

    自民党は賄賂を全額返還しない限りアメリカ追従の政策から脱却出来るはずがない。

    もらったのは岸信介と佐藤栄作といった安部首相の血縁者ばかり。集団的自衛権といったアメリカの戦争に加担するのを進めるのも、こういうアメリカからの賄賂のせいではないのか。

    アメリカの軍事費を負担する思いやり予算は自民党がもらった賄賂を国民の税金で返しているようなもの。

    自民党はあきらかにこれまで日本をアメリカ従属国家として安保、沖縄基地と言いなりになってきた。こんな政党が信用出来るはずがない!






    Last updated  2014/12/06 12:08:57 PM
    コメント(4) | コメントを書く
    2012/07/15
    カテゴリ:官僚腐敗国家

    こんなニュースが流れていたら、もう少し民主党も見直されたろうに。


    2012年8月に入って、民主党が野田首相を除名追放し議員資格を
    剥奪することが確実になってきました。

    野田首相が首相になるやいなや豹変し、民主党のマニフェストを無視、
    消費税反対、原子力発電所反対を無視し、逆に原子力の兵器利用、兵
    器輸出の緩和、抗癌剤被害の
    無視、一体改革と言いながら議員定数削減、議員歳費削減、歳出削減
    の無策ぶりに国民の不満が爆発した。

    国会議事堂は、安保反対以来のデモ隊で騒然となり、危機感を感じた
    民主党の有力幹部がクーデターを起こし、民主党議員総会で野田首相
    を除名追放することが確実になってきた。

    これまで優柔不断だった、前原、岡田、管などの民主党良識派が、野
    田首相の、あまりに民意無視、献金目当ての見苦しい政財官界寄りの
    卑劣な豹変にようやく立ち上がった。

    最終的には、民主党は無能な野田を追放しマニュフェストに戻って民
    主党の強固な再建を図ることで、全会派一致し、民主党は正常な軌道
    修正を図ろうとしている。

    腐敗した自民党長期政権を阻止して自民党に反旗を翻した小沢派も、こ
    れに呼応して復帰することが確実になった。

    これで、利権優先の自民党政権となんら変わることがない、民主党の迷
    走も、野田の追放でようやく正常化が期待されている。

    と、こうなって欲しかったのは私だけだろうか。

    またも利権政治、税金を湯水のように使う自民党政権に戻った。
    これで、健全化してきた公共工事の削減も水の泡、国家財政はますます
    悪化をたどり、いずれ円は暴落、紙切れになってしまうだろう。






    Last updated  2013/08/20 06:13:23 PM
    コメント(3) | コメントを書く
    2011/03/12
    カテゴリ:官僚腐敗国家
    東京電力の原子力発電所の事故は非常に危険な状態である。

    炉心の給水が途絶えて、原子炉が溶解するという非常に危険な

    最悪の状態である。停電時に給水がダウンしたら、炉心が溶解

    して危険な状態になる。したがって、予備のディーゼル発電機

    で給水するのは不可欠な事。

    その予備のディーゼル発電機が動かなかったと言う。



    白鳥

    私見だが、もともと、電力会社に原子力発電所を運転する資格はないのではないか。

    その背景は電力会社の企業体質にある。

    電力会社は,他に例を見ない奇妙な特権を与えられた独占企業。

    製品開発も、販売努力も要らない。製品をあまり使わないでと言う企業は外にはない。

    しかし高収益高給の特権企業。新しい製品を開発しなくとも高収益が確保されている。

    競争がないから、技術力は低下する。鉄鋼、造船などのように汗水して必死に企業努

    力をした経験がない。

    本来自分で確かめるべき設備点検は下請、危険な作業も下請。日立、三菱、東芝などの

    大企業に、金は出すから設備を作れと命令するだけ。鉄鋼業のように、自ら設備運転

    、点検、保守をすべて自分で行ってないから、設備を熟知していない。

    複雑な原子力発電所を運営できるのは、それを設計し製作した東芝などの設備を熟知し

    た企業でないと無理ではないのか。もともと電力会社は配電業とボイラー屋でしかない。

    核融合とか原子力には門外漢。本来は、電力会社を配電業と発電業とにわけて、原発事

    業会社には、設計した専門企業がはいるべきだった。

    事故を起こしたのは東京電力である。事故報告になぜ保安院のみで東京電力が同席しな

    いのか。トヨタの事故問題は、トヨタの社長が行った。こんな重大事故を何故、東京電

    力は直接報告し謝罪しないのか。又聞きの頼りなげな保安院の説明など要らない。あり

    のままの真実を伝えられるのを遮ろうとする電力推進派の監督官庁の不明朗な体制がこ

    こにも、現れている。点検記録の嘘を下請けの作業者が監督官庁に内部告発したら、告

    発者の名を監督官庁が企業にこっそり通知するという、恐ろしい程の癒着ぶりである。

    癒着して隠蔽する官僚組織と既存の電力から、原発事業を分離して別の専門技術集団の

    信頼できる組織で再構築しないと、こういう事故は防げないように思う。

    正常時の運転は、メーカーからもらったマニュアルで出来るだろうが、異常時の処理は、

    マニュアルには書かれていない。設備を設計した専門技術者集団が参画していない企業

    に運転を任せている現在の体制自体を見直す必要がある。



    渓流


    いま、20km圏内の避難を勧告したが、これも注意が必要である。

    チェルノブイリの爆発事故の時は、舞い上がった放射能が高濃度で

    落下したのは、20kmや100km地点ではなくて、200km離れた風下

    のベルラーシだった。過去の経験データからすれば、風の向きが重要で、

    風下のもっと広範囲な地域の避難が必要となる可能性がある。







    Last updated  2011/03/24 11:26:52 PM
    コメント(8) | コメントを書く
    2009/09/04
    カテゴリ:官僚腐敗国家
           

    海外に長期滞在して日本へ帰ってくると不思議に思うことがたくさんある。国民がみな、新聞やテレビで騒ぐことのみに終始して、背景に潜む重大事を忘れているのではないか。

    一 財務省次官を背任罪で告発を。 郵便貯金そのものの問題

    国が郵便貯金として集めたお金は180兆円、簡易保険は40兆円。集めた以上、何かに投資して利益をあげ、元本と利子を返さねばならない。しかし役人に金儲けをする才覚があるとは思えない。どうやっているのか調べてみて驚愕した。これらのお金を、財務省は国会の審議対象外の特別会計として、たとえば、道路、港湾、ダム、護岸工事に財政投融資していた。こういう投資が、利潤を国にもたらすはずがない。

    全国に百以上作られた港湾のほとんどは閑古鳥が鳴いている。利潤どころか元本も返済不能のコンクリートの塊になっていた。いま、預金者が、元本と金利を一斉に返せと言ったら、郵便貯金はすぐに取り付け騒ぎを起こすだろう。実態のない投資を行って破綻したネズミ講は金融犯罪として逮捕されている。先日、漢字検定協会の親子がわずか二億円の金を不明朗な使途に使用した背任行為で逮捕された。

    巨額の預金を利潤を生まない事業に投資した行為は、遥かに重大な背任行為である。民主党は、歴代の財務省事務次官以下の関係者を背任罪で告発し、財産を没収して債務返済にあてさせるべき。法律的には可能である。増税の前にまず官僚に責任をとらせねばならない。
    政権交代の次には、腐敗官僚を一掃して、若手官僚への世代交代が必要である。

    インカの面 「悪代官」

    古代の仮面


    二 岸信介にCIAから賄賂が渡った問題 

     国中で反対運動が起こった安保条約批准の折に岸信介に米国の諜報機関CIAから、選挙資金と称する賄賂がわったっていたという。これが真実なら、岸信介は、海外からの秘密資金によって国の自主性を米国に譲り渡した点で、嫌な言葉ではあるが売国奴と言えるのではないのか。この事実は、まず『週刊文春』で指摘された。ニューヨーク・タイムズの記者、ティム・ウイナーは「岸は駐日米国大使にこう語った。もし自分の権力基盤を固めることに米国が協力すれば、新安全保障条約(安保条約)は可決されるだろう」。岸信介が児玉誉士夫と並んで、CIAの最も有力なエージェントであり、そのために、CIAは岸に巨額の金を注いだと指摘している。

    別の情報として CIAが岸信介に総選挙で資金を流したことは、共同通信の春名幹男氏の著書『秘密のファイル CIAの対日工作』でも指摘されている。それによると、マッカーサー駐日大使は、秘密電報を国務省に送り「岸が敗北すれば、後任の首相は弱体か非協力的、あるいはその両方だろう。」「次の総選挙でCIAの秘密資金を使って岸を秘密裏に支援すべきだ」と。

    外国から選挙資金をもらうことは、公選法や政治資金規正法や当時も外為法に違反する犯罪行為でもあると「東京新聞」で、斎藤学氏も指摘している。岸が巨額の脱税や外為法違反で逮捕されなかったのも不思議である。国も共犯者だったのではないか。現在自民党が米国一辺倒の外交政策で批判を浴びている。その理由がこの援助資金によって足かせをされているのであれば由々しき問題である。自民党は、自ら調査して、この賄賂を米国に返還し釈明する責任がある。民主党は、これを国会で追及すべきである。巨額の資金を外為法で検挙しなかった財務省と検察の責任も追及すべきであろう。


    岸信介にどこか似ていた  「悪巧みするインカの男の顔」   

    男の顔

    三 国連常任理事国入りする余裕はない。

    国連の加盟国185ヶ国のすべてが予算を出し合っている中で、我が国は国連の全予算の約20%も負担している。にもかかわらず、米国一辺倒の外交政策のためにアジアや中東諸国からは全く信用されていないのも事実である。そしていま、常任理事国入りするために、外務省は世界中にお金を惜しみなくばらまいている。利権がなかった外務省が「公平に」企業に天下りするために作られたというODA予算もふんだんに世界中で浪費されている。

    外務省は、世界一優雅な生活ができると言われている国連に多量の役人が就職できるので必死であるが、常任理事国入りすれば、更に負担金が増えるのみならず、国連軍への派兵も要求される。日本は一人当たり800万円もこれから税金を納めないと赤字が解消しないと言う深刻な借金国である。そんな余裕はどこにもない。民主党は常任国入りとODA予算を即座に中止し、海外にばらまいている資金を年金や失業した派遣社員の救済にあてるべきである。


    民主党へ贈るパステル画    「猛牛と闘う男」


    闘牛




    デザイン・アート部門のプログランキング参加中。
    クリックして応援してくださいね。


    プログランキング







    Last updated  2009/09/05 09:02:45 AM
    コメント(4) | コメントを書く
    2009/01/27
    カテゴリ:官僚腐敗国家
    新聞記事の読み方



    事例1  読売新聞のみが、この自民党の官僚候補を大々的に報道。

         そのわけは後でわかります。


    「茨木知事に立候補を予定、元国土交通次官の小幡政人氏の政治資金

    パーティーが開かれ、自民党の古賀誠選対委員長も出席し・・した。

    パーティーの発起人には、運輸系の財界人や、元運輸次官、元建設次官

    ら・・・が出席した。」と彼を持ち上げていますが・・・。


    モアイの海辺



    国家財政を破綻に追いやったのか、これら国土交通次官たち。

    不要な道路、不要な港湾、不要なダムを作って国家を破産させ、自分達

    はしっかり建設業界から支援をうけて立候補。

    こう官僚を知事にしてはいけません。ささやかな税金を、

    年金や生活に必要なことにだけ使うような候補へ投票しましょう。


    彼らはダムや道路を造って、資金援助した建設業界へ便宜を図る。

    県民の税金負担は、彼らの浪費によって増すだけでしょう。

    自民党の暗黒裏社会と言われる古賀誠氏が押すから利権絡みでしょう。

    政務次官が税金で関連業界に便宜を図り立候補する、典型的な構図。

    県民にとって最悪のパターンだと思います。

    知事選へ立候補する官僚候補は小幡政人を含め全員落選させましょう。

    もう民意を無視した利権政治家の時代は終わったと思い知らせましょう。


    目玉の金ちゃん


    事例2  自転車の二人乗り、駐車違反の取締強化の大々的新聞報道


    一時、新聞で報道された自転車規制がぱたりととまりました。

    何故でしょう?

    あれは、大量退職する警官の再就職先を探すための一時的試みとか。

    世論が反対しなかったから、いま取締員に警官OBを採用する体制が

    裏で着々と行われています。無用な公務員増員は税負担を増すだけ。

    自転車の規制強化など民にとって何の得もない。不便になるだけです。





    事例3  飲酒違反の高額な罰金規制の報道


    交通違反金は、どこに行ってるか知ってますか。不足している税金へ?

    いいえ。交通安全協会から警官OBの再就職生活費と飲食交際費代です。

    違反の高額化は違反をなくすためでなくOBの収入を増やす財源確保。

    自民党はそれを知っていながら官僚に反対できない大臣ばかり。

    違反の罰金を税収入へまわすとマニフェストを政治家に作らせましょう。


    モアイ象 



    事例4  沖縄密約を暴いた新聞記者の機密漏洩逮捕や不倫報道


    沖縄返還時の密約は米国の文書公開で、移転費の日本負担など

    もっとひどい密約を国民から隠すための卑怯な画策だったと、

    もと外務省担当者がテレビで告白しています。

    しかも、不倫による情報入手と公開して卑怯な画策をしたのは、

    テレビで人気の一見優しそうなヤメ検事のお爺さん。

    彼らの温厚な顔の裏にある世論操作に気付かねばなりません。

    テレビだって、お金を出して世論操作している人たちがいます。

    公開討論で一貫して保守的意見を述べる自民党のお抱え教授たち。

    政府一辺倒の偏った教授を税金で養う必要があるでしょうか。


    SANY5036.JPG



    事例5  安保体制を強行採決した岸信介の背後に何があったか。



    国民がこぞって反対した安保体制。岸信介が強行した裏には、

    CIAから、賄賂を受け取っていたと米国の公文書公開で報道。

    賄賂を催促したのは、弟の佐藤栄作とか。沖縄密約の張本人。

    この賄賂を受け取ったために自民党は米国にいまだに反対できない。

    自民党に、賄賂を返して独立日本をかちとるように要求すべきです。

    岸信介と佐藤栄作は、いわばCIAからの巨額の賄賂で

    国家という独立性を米国に売った。アジアから信頼されない一因です。

    こういう人物を一般的には「売国奴」というべきでしょう。当然

    巨額の脱税、外為法違反。おそらく大蔵、検察もグルだったのでしょう。


    古代の仮面


    事例6 政府がソマリア沖海賊討伐に自衛隊を派遣したい理由。

     なぜかわかりますか。防衛費8000億円の設備発注費が4000億円

     とすると、その3%120億円が自民党防衛族議員の口利き賄賂財源。

     仮想敵国だったソ連共産主義が崩壊して困ったのは、彼ら族議員。

     最大の敵がいなくなれば、防衛費も半減される。そこで、イラク派兵、
     
     ソマリア派兵と、本来自衛にしか使えない軍隊を海外派兵させて、

     防衛費の縮小を必死に食い止めようという魂胆です。

     ソマリア派遣を訴える議員は防衛利権がらみ。みな落選させましょう。

     ソマリア派兵を支持する新聞も同じ。購読中止が正解です。






    事例7 CIAより世論操作の資金をもらっていた読売新聞


    米国の情報公開であきらかになったのが読売新聞。

    CIAから世論操作の資金をうけとっていたことが判明。

    自民党寄りと言うより、自民党新聞と言っていいでしょう。

    小泉より引退勧告を受けた自民党の老害、中曽根の政治評論を

    しばしば掲載していたのが、この読売新聞。

    民社の小沢と自民党を連立させ、野党を弱体化しようと

    画策したのが読売新聞の親分、渡辺恒雄。中立を旨とすべき

    ジャーナリストとは言い難い権謀術数を画策する人物。


    クレヨン画  「海辺のオブジェ」


    海辺のオブジェ



    正しい情報を報道しようとしない新聞にもっと不信を持ちましょう。

    読売新聞はあいかわらず政権の代弁者、すぐ購読中止しましょう。

    いまのところ、こういう報道を正確にするのは、共同通信社など、

    世界的な中立的な情報源と契約し、独自性を保っている気概ある

    地方の地元新聞のみのよう。その中で最も厳しい中立的な批判を

    している新聞のひとつのが東京新聞のように思います。



    時代がたてば、見えてくるものがあります。しかし大事なのは、

    今、その時に気づいて、阻止すべきだったこと。

    あとになって、後悔することが多々あります。あなたにも、

    良くあんな報道に踊らされていたものと思うことがありませんか。




    デザイン・アート部門のプログランキング。

    気に入ったらクリックしてくださいね。


    プログランキング







    Last updated  2009/03/13 07:21:14 AM
    コメント(13) | コメントを書く
    2008/11/08
    カテゴリ:官僚腐敗国家
    いつも、楽しい旅を書いているのに、今回は、すみません。

    どうしても、この機会に言っておきたかったことがあるので。

    題して

    「拝啓 民主党委員長殿」


    航空自衛隊の田母神俊雄・前幕僚長が日本の侵略や植民地支配を

    正当化する論文を発表した件で追及して欲しいことがあります。


    私が危惧するのは、彼が防衛大学校の出身だったことです。

    「防衛大学校」とはさまざまな観点から奇妙な大学です。

    まず文部省の所管でなく防衛庁という軍の所管である事。


    SANY4030
    SANY4030



    これから、この大学の不思議な特権を述べてみます。

    軍人を志望する人間だけに、なぜこのような特権を税金で

    まかなわねばならないのか誰も疑問に思わないのが不思議です。

    1. 大学の授業料はすべて只。税金で肩代わりしてます。

    2. 宿舎も税金で無償貸与。

    3. 学生には、なんと、こづかいまで税金で支給。

    4. 大学の建設費、運営費、教授たちの給与もすべて税金。

    5. もっともおかしいのが採用試験

    どんな企業であれ、役所であれ、こういう仕事があるから人を何人

    採用するというのが本来です。ところが防衛大学生だけは、

    防衛庁に就職を希望すれば全員採用。景気が良ければ民間へ、

    悪ければ国がすべて巨額の税金を使って雇用してくれます。

    人格や成績のチェックも密室で行われ、あってなきがごとし。

    毎年300人以上、10年間で3000人もの軍人官僚を雇用。

    生涯賃金3億円を税金で支給しています。

    借金国で人員削減が叫ばれているというのに、防衛庁だけは、

    必要要員の査定もなく卒業生全員を無条件で採用しています。

    6. 莫大な税金負担

    1人の生涯費用3億円としても9000億円(ちなみに田母神俊雄・

    前幕僚長の退職金だけでも6000万円)、それに大学の運営費を入

    れると実に1兆円以上もの費用を国民は負担してきたことになります。

    しかも8000億円近い防衛予算の特命発注は、これらの防衛官僚の

    天下り時の持参金となっているのは、最近の防衛汚職で周知のとおり。

    1人の天下りの持参金が、相場では3億円と言うのも公知の事実である。

    もっとも危惧するのは閉鎖された密室の大学の中で当然ながら国粋学

    的な教授が多いと噂される教授陣が、どういう歴史教育や偏向教育を

    行っているのか、莫大な税金を負担させられている国民には全く知ら

    されていないこと。

    今回の田母神俊雄前幕僚長の論文の背景に防衛大学の密室閉鎖教育が

    ないか徹底して調査すべきです。防衛大学の教科書、教育の実態を明

    るみに出すことです。歴史教育ほか全ての授業は一般人がいつでも

    傍聴できるようにすべきです。いままで密室で何が行われていたかは、

    防衛大学を中退したものしか話さないでしょう。


    swan0
    swan0



    第二次世界大戦では、満州事変、支那事変と、今回の田母神俊雄のような

    傲慢で人の意見を聞かぬ軍部の暴走によって戦線が拡大し、結果として

    1000万近の国民が、各地の戦線や東京空襲や原爆で悲惨な最期を

    とげました。偏った軍人は、一人でも危険であり、排除すべきです。


    一般大学でバランスのとれた教育を受け国家試験と面接で人格をチェッ

    クされた者のうち、ほんの少数の軍人官僚がいればそれで十分でしょう。

    彼らは、実際に武器をもって戦うのではないのです。この日本の防衛を

    立案するのに、なぜ3000人もの軍人官僚が必要なのでしょう。


    個人的な意見としては、

    1. 防衛大学校を即刻廃止してください。

    2. 防衛大学校出身の軍人官僚の思想調査を行い。誓約書を提出させ、

        国民の方針に反するものは、軍の中枢から外してください。

    3. 異常に多すぎる軍人官僚は配置転換と依頼退職で削減してください。

    4. この莫大な税金負担をゼロにして年金に回してください。


    民主党委員長殿、

    国会審議でどこまで追及されるか見守っている次第です。




    彼が侵略を正当化した中国で、日本の軍人がどれだけひどいことを

    していたか、調べればたくさんでてきますが、ほんの、ほんとうにほんの

    一部を写真で紹介します。

    心優しい方はこれ以上見ない方が良いと思います。

    日本の侵略を正当化する田母神俊雄に見せたい写真です。

    ほんとうに悲惨です。




    自分が殺されて埋められる穴を掘っている大陸の人々 

    後ろは日本の軍人達


    SANY0170



    累々と横たわる大陸の人々の屍


    SANY0166



    軍刀で切った首を誇らしげに持つ日本の軍幹部


    SANY0168




    多数の捕虜に人体実験を行い証拠隠滅のために破壊された日本軍の

    731部隊収容所。人体実験を行った石井中将、及び帝大の多数の

    医者達は、細菌兵器の研究成果をアメリカに提供することで、全員

    東京裁判を免れた。

    犠牲者の中には、オランダの若い夫婦と幼い娘もいたと言う。


    SANY0171


    731部隊は多くの満州人捕虜に、ありとあらゆる人体実験を行った。

    厳寒の満洲の屋外に水に足を漬けて立たせ凍傷で何日で死に至るか、

    激痛の患者を治療せずに観察し、生きたまま、脚を切断し標本を切除。

    細菌爆弾の開発では屋外の野に多数の捕虜を柱に縛って爆弾を投下、

    どれだけの濃度のペスト菌を散布したら最も効果的か何日苦しんで死ん

    でいくかを実験した。

    「新鮮」な標本を得るために、麻酔もかけず生きたまま解剖したと言う。

    詳しくは文庫本「悪魔の飽食」に述べられているが、検索すると多数の

    事例が見つかる。読むのが恐ろしいほど。まさに悪魔の所業であった。


    SANY0169
    SANY0169 posted by (C)俊介




    大陸で悲惨な目に実際にあった人の証言例 ★ 撫順炭鉱虐殺事件 ★



    撫順炭鉱では、日本人が中国人労働者を使役して石炭を採取していた。

    1932年9月15日、抗日義勇軍がこの撫順炭鉱事務所を攻撃、

    これに対して日本軍は、隣の平頂山村の住民が抗日軍に通じている

    としてある計画を実行に移した。

     当時この村には400世帯3000人余りが住んでいた。

    大部分は貧しい炭鉱労働者とその家族だった。

    トラックで乗りつけた日本兵は、村を包囲し住民をガケ下に集めた。

    そして、機関銃で一斉に射殺。まだ息のある人を銃剣で刺し殺した。

     数日後、ガソリンで遺体を焼き、ダイナマイトでガケを爆破し埋めた。

    3000名の内生存者はわずか30人たらずであった。



     【生存者の回想(当時8歳)】

    「父も母も祖父母も…みんな死んでしまいました。

    ガケ下には大勢の人が集められて、みんな不安気に肩を寄せあいました。

    日本兵が「匪族からお前たちを守るんだ」と大声で演説しました。

     そのあとすぐ鉄砲の音が2発なると、機関銃の音がひびいたんです。

    すぐに妹に弾があたり血が噴きだしました。祖父にもあたり倒れました。

    泣き声や叫び声、機関銃の音が一緒になって、ものすごい状態でした。

    父が私に麦わら帽子をかぶせてくれたのを覚えています。

     やがて銃の音がやみ、叫び声もしなくなり静かになりました。

    麦わら帽子のかげから様子を見ると、日本兵たちが倒れた人たちの

    上にのぼり銃剣で突きまわっているんです。

    だんだん私の方へも近づいてきました。私は息を殺して死んだよう

    にしていました。すると日本兵の革靴が私の首すじに触れたんです。

    あの時のヒヤッとした感じは今も忘れません。

    どのくらい時間がたったのか、私は父に「お父さん!早く逃げよう!」

    と言いましたが、父は返事をしません。

    首のところを見ると血が噴き出ているんです。

    妹も顔中血だらけにして母に抱かれていました。

    私が「お母さん!お母さん!」と何度呼んでも返事をしてくれません。

    祖父母も返事をしてくれませんでした。」



    これが田母神俊雄が正当化した侵略と植民地支配の実態です。こういう人物が

    日本の軍の中枢にいること自体、恐ろしいことです。現防衛官僚の思想調査及び

    彼を教育した防衛大学を徹底して追及してください。


    参考情報)

    航空自衛隊トップの田母神俊雄・航空幕僚長はホテル・マンション経営の

    アパグループ(耐震偽装で問題になった会社)の懸賞論文に応募し、

    賞金300万円の最優秀賞を受賞。


    「日本は侵略国家であったのか」と題した論文で、満州侵略と植民地化

    を正当化した。この事件は、田母神俊雄の個人的な暴走ではない。

    アパグループが「真の近現代史観」のテーマで懸賞論文の募集した際、

    航空幕僚監部教育課は、全国の部隊に応募要領を通知し、94人もの

    自衛官がそれに応募。日本の軍本部が、すでに国民の意識とかけはな

    れたところで暴走を始めている。自衛隊そのものの存在の危険性を、

    問題視すべき時期にきている。

    この背景は、奥が深い。


    「満洲国は私の作品」と自慢したのは、当時の商工大臣岸信介。満州侵略

    と植民地化の目的は、満州国のエネルギー資源だった。彼も日本の左翼化

    の防止に役立ついうアメリカの判断で戦争責任を免れた。本来、巣鴨拘置

    所から出てきた彼を、悲惨な目にあった日本人遺族が戦争責任で逮捕し、

    彼を裁判にかけるべきだった。何故なら、彼が満州侵略を立案し、軍部が

    満州の抗日軍の壊滅には南京攻略が必要と戦線を拡大させた結果、国民は

    戦争に巻き込まれ悲惨な結果を迎えたのだから。

    それどころか首相にまで選んだので、戦争犯罪を犯した、戦前の官僚

    たちが、みな中枢に返り咲き、いまだに国民に国旗掲揚、国への忠誠

    を教科書支給を餌に復活しようと暗躍しているのが現状である。









    雪の中州にて







    Last updated  2008/11/28 12:04:43 PM
    コメント(15) | コメントを書く
    2008/06/09
    カテゴリ:官僚腐敗国家


    「男の顔は履歴書である。」


    古代人の彫像を見ていると、名言だなと思う。




    ゆるがぬ意志、強い個性が明確に表現されている。

    顔は、まさしく男の履歴書と言う風貌。



    プリコロンビアの埴輪 「男の顔」

    DSCN4008



    そう言ったのは、造語作りの達人、大宅壮一。

    俳句と同じく、時代を捉える的確な表現は、

    誰もが見失っていた視点を、たった一語で白日に曝す。


    同じテレビを見て、同じ意見を言う、洗脳されやすい、

    いまだに愚かしい民が、アジアの某国に存在する。


    「一億総白痴化」と、その愚かしさを

    最初にからかったのは彼だったよう。



    読売新聞がCIAの秘密資金で世論操作していた。

    それを知っても追及すらしない、おとなしい民族。



    もうひとつ米国の公文書公開で明らかになった事実がある。


    折しも日本は大揺れに揺れた安保条約の真っ最中。

    アメリカのCIAに賄賂をねだったのは佐藤栄作。

    今なら数千億と言う多額の賄賂が、

    安保をがむしゃらに進める時の首相、岸信介に渡った。

    岸信介は、いわば、日本の独立性をアメリカに売り渡した売国奴。


    イラク派兵に「NO」と言えないのは、自民党に手渡され

    自民党議員全員にばらまかれた巨額の秘密資金の弱みである。


    しかし、国民は、それに追及しようとしない。

    何故、自民党に、もらった賄賂をアメリカに返して、

    アメリカに「NO]と言える国にすべきと言わないのだろう。

    アメリカ兵が日本人を殺しても、日本に裁判権はないなど、

    そんな不合理を許したのも、岸がもらった賄賂のせいなのに。


    そんな巨額なドルの不正送金を大蔵省が知らぬはずがない。

    大蔵省もこの収賄にからんでいるとしか思えない。

    国家間の収賄罪なのに、それを追及しない不思議な検察。


    結局、検察も権力で民を支配する集団犯罪機関の一機関。


    民の批判が激しければガス抜きして組織を守るのが彼らの役割のよう。




    国の命令で、警備にあたる古代南米の悲しき「防人像」


    DSCN4012>





    昭和の防人は、「国」をたかった「役人」の命令で、数百万人が死亡。

    昔の防人の嘆きの歌は、万葉集には残っているが、

    靖国神社他の昭和の防人は、ほとんどが慎ましく無言。


    「国」は、彼らを死に追いやった呵責の念から

    「英霊」と讃えて戦争責任を回避しようした。


    そんな卑怯な輩ばかりが生き残り霞が関に返り咲いた。


    民に玉砕を民に命じた岸信介以下の官僚は、

    文官だからと戦争犯罪を免れて戦後も生き残り、

    戦後は、戦争賠償でさらに私腹を肥やしていった


    黒沢明の「悪い奴ほど良く眠る」には

    霞が関の官僚が主役として招かれるべきだった。



    DSCN3904>



    最近「一億総白痴化」が、とみに顕著になっている。


    政府に反対しないお抱え教授が盛んに

    テレビに登場する裏の画策を知らない国民。



    まず、情けないのが収入が40万兆円しかない旦那(自民党政府)。

    奥さん(官僚)が80兆円使いますと言うのに反対できない。



    反政府的な評論家は、今では不要なはずの

    「公安警察」がつけ狙い社会から葬る。


    植草一秀教授は、数か月、異様に眼の鋭い男に尾行されていた。

    酔って眠り込んだ植草さんのそばに、おとりの痴漢を使って、

    とどめをさすなどなどの手際は、なかなかのもの。



    将来、首相候補と人気のあった管さんや

    気持ち良い政府批判をしていたテレ朝の

    人気があったコメンテーターを

    女性スキャンダルで落としたのも彼ら。




    プリコロンビアの土偶 「支配階級の女の顔」

    DSCN4007



    男と思っていたら、女の顔でした。


    いかにも強欲そう。

    おねだり奥さんと言われて海外接待ゴルフを楽しんだ、

    古代インカの防衛庁次官の奥さんだそうです。

    防衛庁とは武器を特命で調達する。

    したがって汚職天下りが特命で遂行できる甘い役所。

    毎年350人もの官僚軍人を防衛大学から無条件で採用。

    大学時代の衣食住も小遣いまで、我々の税金です。

    防衛大学を廃止すれば、30万人の年金が賄えるでしょう。

    汗水たらして、この平和な日本で暇をむさぼっている

    すでに3000人もの軍人官僚を養うなんて。

    馬鹿げてると、おもいませんか。






    古代の南米では、支配階級は、鼻に鼻輪、耳に耳環で区別した。

    霞ヶ関から「民を支配する」方々にも、ぜひそうしてもらいたい。

    そしたら、悪人が誰か見分けがつきやすくて、我々は判別しやすい。


    一人で帰宅タクシーに税金を450万も優雅に使って

    運ちゃんから賄賂などもらっていた方など、

    ぜひ鼻輪などして皆に解るようにして欲しい。




    プリコロンビアの 「男の像」


    古代の彫像では男の象徴は、誇らしく表現されている。


    DSCN4013>



    アフリカのある土族には、不思議そうで、理に適った掟がある。

    「密林の夜道で出会った男女は、男女の営みをしなければならない」と。



    おそらく、そんな折には当然ながら、男は野望に燃え、

    拒否した女性があまた殺されると言う事件があったのだろう。


    そこで村の長老たちは集まって考えた。

    名案が浮かんだのが、その掟である。

    これなら、ふたりして、月明かりの下で、幸せなひとときを過ごし、

    女は、非難されることもなく夜の闇に身をゆだねることができると。





    自然や人間性を肯定的するこんなおおらかな国々に、

    いかがわしい間違った流布を行ったのがキリスト教。


    禁欲されて、嫉妬して、怒り狂った、

    牧師達の妬みからでは決してなかった。



    とは、誰が言えようか。




    このプリコロンビアの偉大な作品を残した子孫は、

    牧師達にこう言われて土着の信仰を捨てて改宗していった。



    「すべてを神にゆだねなさい。神はあなたがたを見捨てはしない」と。



    その結果、パタゴニアの原住民は、絶滅。


    他の多くの地で土地を奪われ、抵抗力のない伝染病にかかって、

    生き残っている部族も、かっての2割ほどに激減していった。



    2000年も前に生きた、たった一人の青年が、

    長い人間の歴史を見通せるはずがないと、

    いまだにキリスト教を信じないゆえんでもある。




    プリコロンビアの「支配階級の面」

    小台インカの面

    鼻には鼻輪、耳には耳環、満艦飾の支配者の顔です。


    霞ヶ関の魑魅魍魎は、柔和な笑顔の裏に、ひょっとしたら・・・・

    民を支配しようとする、これよりもっと恐ろしい

    不気味な顔を隠し持っていますよ。





    デザイン・アート部門のプログランキング。


    プログランキング









    Last updated  2008/06/10 09:52:16 AM
    コメント(6) | コメントを書く
    2007/10/24
    カテゴリ:官僚腐敗国家
    350万人以上を擁するアメリカ軍部は、2万以上の企業と
    組んで、巨大な「軍産複合体」を形成している。

    アイゼンハワー大統領は、はるか昔に警告した。
    「軍産複合体は、いつか米国の将来を脅かすだろう」と。

    いま、それが現実になった。

    その軍産複合体は世界中の紛争に関与し武器を供与してきた。
    肥大化した米国の軍事費は、国家財政を破綻させたのみでなく、
    軍需産業が生産する膨大な兵器は、すべて他国で消費され、
    他国の紛争を深刻化し、多くの国が戦場と化していった。
    結果として米国自身も、他国の人々の憎悪の的となり、テロの
    標的となって、多くの人々の命が失われていった。

    「軍」と「産業」の癒着を生み出したのが、あの「マンハッタン計画」。
    総額7300億円の資金が投入され、無差別殺戮兵器「原子爆弾」を完成。

    すでに日本が降伏交渉を行っており、投下は不要と知っていたと言う。
    しかし、この「軍産複合体」は、莫大な利益を生む新兵器の効果を
    確認するため、広島、長崎で人体実験を行った。


    SANY4371.JPG

    「軍産複合体」の中核にいるのが、国防総省(ペンタゴン)」とCIA。
    戦争が引き起こされないと、軍需産業は成り立たないから、
    まずCIAが、後進国に武器を供与して紛争を引き起こす。

    米国軍隊が攻撃されるとテロと称して、
    公然とペンタゴンが、軍事介入する。
    米国追従の政権が樹立されると、米国の巨大資本が、
    その国の資源産業を破壊し、傘下に収める。

    これが、世界各国の紛争に介入する米国の行動パターン。
    標的となった世界中のイスラム国家に憎悪されるゆえんである。
    テロを阻止するには、米国民が、憎悪の原因をまず把握すること。
    命を賭けてテロを行うには、それなりの理由がある。

    こんな美しい祖国を、もし他国に爆撃されたとしたら、
    誰だって怒りを覚えるだろう。


    SANY4369.JPG


    ベトナム空爆の原因だったトンキン湾の米艦艇攻撃も嘘だった。
    イラク空爆の大量破壊兵器も嘘だった。
    ベトナムが赤化したらドミノ現象が起こるも嘘だった。
    米国の他国への軍事介入は、ほとんどが嘘から出発した。

    テロを攻撃すれば、ますます憎悪で増殖する。
    テロの対象となった米国の非を改めない限り無くならない。
    日本が、そんな米国の紛争に加担する必要は全く無い。

    巨大な米国軍需産業が生産する兵器は、不思議なことに、
    米国では一切使用されていない。皆、他国で使われてきた。
    全ての兵器が海外の人々の殺戮にのみ使われている。
    米国の爆撃で、どれだけの人々が、父を失い子を失ったろう。


    こんな美しい祖国を、もし他国に戦場化されたとしたら、
    誰だって怒りを覚えるだろう。



    SANY4374.JPG


    この軍産複合体は年々肥大化し、
    多くのお抱え大学教授や政治家を金で養い、
    テレビ番組すら作って世論を統制する。

    最近、日本でも、同じような画策が始まった。
    国粋的な大学教授がテレビ登場し、米国追従一辺倒、
    戦争に参加すべしと国民をあおり始めている。


    ペンタゴンの退役軍人は天下りによって老後を保証される。
    主要軍需業100社は、「2072人の退役軍人」を抱えている。
    退役後は、国の税金で老後を保証される仕組みが完成している。
    今回の山田洋行への防衛庁官僚の多数の天下りも同じ縮図である。

    議員に定員があり、国会議員は640人と制限している。
    国政全般をつかさどる議員が640人なら、防衛のみを
    考える官僚は、せいぜい50人もいれば十分だろう。
    しかし防衛官僚に定員はなく、すでに4000人もいる!

    その原因は、毎年400人近くの軍人官僚を育成する防衛大学。
    毎年400人も軍人官僚候補を採用! 10年で4000人!
    ただちに防衛大学を閉鎖して、防衛官僚は、転用するか解雇する
    必要がある。こんな愚かな仕組みを誰が作ったのか?

    1人当たり4億円の費用がかかるとすると、総額1兆6000億円!
    しかも、生活費、学費は只。小遣いも月12万円税金から支給される。
    なぜ、軍人官僚だけに、こんなに税金を不公平に浪費してきたのか?

    防衛大学を廃止すれば、50万人に年金300万円以上を支給可能。
    自分の年金を削って、こんなに多量の軍人が必要と思いますか?

    SANY4406.JPG

    こんな政治を行ってきたのが、日本の自民党政権。
    しかも安保条約を強化し、防衛庁を防衛省に格上げした。
    軍需産業に支援された利権政治家の活動成果である。

    日本が米国の二の舞にならぬためには、
    軍産共同体の中核となる軍人官僚を阻止すること、
    その温床たる防衛大学を即刻廃止することである。
    軍人官僚は、今回の守屋次官事件や給油量事件のように、
    不都合な情報は隠蔽し、軍需産業に天下りして
    国民に増税となる軍備拡大を画策する。
    文民統制には、防衛大学卒の官僚は要らない。

    年金財源創出のためにも、防衛大学の廃止を議論すべし。
    決して、極論ではない。
    収入40兆円の倍の80兆円も税金を浪費している以上、
    全ての組織の存在の得失を議論しないと財政再建は不可能。
    800兆円の破産国家を立て直す方法を根本から議論すべし。

    腐敗官僚が画策した税金浪費は数多く存在する。

    たとえば警察官僚の老後の天下り先が交通安全協会。
    ここに巨額の交通反則罰金が多量に還流している。
    交通罰金は全額国庫に戻し天下り官僚を排除すべし。

    雨後の筍のような魑魅魍魎の私学が何故採算が取れるのか?
    文部官僚が天下るために使う巨額の私学助成金が原因!

    不要なダムや港湾にどれだけ税金が浪費されたろう。
    建設省予算を1/10に縮小しないと、国家再生は無理だろう。

    ODA予算8000億円は、外務官僚が天下りするため。
    世界中へ使われないダムや設備を無償支給しただけである。


    水彩画 「林野庁の植林破壊を免れた美しい自然」

    SANY4403.JPG

    国連への常任理事国入り活動は即刻中止すべし。
    そのためにどれだけ税金を外国へばらまいたことか。
    国連負担金が更に増えて年金財源が消失するのみである。
    得するのは、優雅な国連に就職できる外務官僚のみ。

    削るべき不要な制度や体制の廃止を全てを議論すべし。
    税金3兆円を詐取する全ての特殊法人を即刻廃止すべし。
    税金を詐取する天下り官僚を完全に淘汰する法律を作るべし。
    簡単である。出身省庁への画策をすべて犯罪とすれば、
    無能な官僚を雇う企業は全くなくなる。即刻法律化すべし。

    消費税値上げは、それらが全て実行されてからである。



    デザイン・アート部門のプログランキング。

    クリックして応援してくださいね。


    プログランキング










    Last updated  2007/10/30 09:36:59 PM
    コメント(3) | コメントを書く

    全17件 (17件中 1-10件目)

    1 2 >


    © Rakuten Group, Inc.