160291 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ぱちねこのWEBの仕事と趣味の日記

PR

X

Profile


p_style7

Category

Favorite Blog

まだ登録されていません
2006/03/22
XML
カテゴリ:パチンコ・その他
雀球復活!って事で、ドリームジャンベガスをさっそく実戦してきました。

サミーから発売ですが、現時点ではテスト導入です。

(店舗名は伏せますね)

参考:ドリームジャンベガスZ パチスロ攻略解析情報 P_Style777

ドリームジャンベガス

パチスロコーナーに設置されるので、コインで遊戯です。
1プレイ3枚なのはパチスロと同様ですが、最大払い出しが30枚とパチスロの2倍。

とはいえ、ゲーム中はパチンコ玉を手ではじく昔懐かしい手打ち式。


パチンコでもパチスロでも、ゲーセンなどにある麻雀ゲームでもないのが雀球です。


急いでプレイしても1ゲームに1分は掛かり、のんびりプレイすればかなりの時間がかかります。

という訳で、3枚のコインを消化するのに1分と、パチスロならば6秒で終わる10倍です。物凄く負けにくく、勝ちにくいゲーム性なんですね。アミューズメント色まっしぐらです。(ギャンブル性がほぼ無いに等しいです)


さて、実際のプレイ手順は以下のとおり!

1:コイン投入・BETにてゲーム開始

2:配牌(コンピューターのランダム)
  BB役とCHANCE役の決定

3:捨稗を選び、手打ちにてパチンコ玉を1球発射

4:パチンコ玉が入賞した牌をGET

5:3~4を繰り返し、ツモれれば配当獲得!
  (高目を狙う為に上がらなくてもOK)

  11打まで可能。

つまりは、配牌を手打ちにて決める一人打ち麻雀です。

麻雀を少し知っていないとゲームになりませんが、ナビおねーちゃんが3人いるので捨てる牌や狙う牌をナビってくれますので、初心者でもOK!

役が無くても、平上がり(ツモ)があるのでとりあえず上がれます、リーチをかければ裏ドラが乗る可能性があるので、積極的にリーチしましょ。(4人麻雀とは感覚が違いますね)


配牌された時にBB役が決定していますが、もしミッションクリアできればBB発動です!かなり難易度が高い役ばかりなので、1日に数回しか上がれないかも?


国士無双やツーイツ・大三元など・・・ 稀に一気通貫が選択されるので、この時はかなりのチャンス!


CHANCE役(RBみたいなものです)が揃えば、上がらずに再度違う役で上がれれば配当2倍というものです。まー、狙って出来るようなら狙ってみましょ。



BB中は、ほとんどの役配当が2倍になります。簡単な条件クリアにて、毎回好きな牌を5つまで貰えるので、あがるのは容易。高配当役を狙う事も可能です。14回まで継続します。
もし1度でも上がる事が出来なければパンクにて終了、これが一番痛いのであまり高目を狙うのもホドホドに・・・。
(でも役満狙うのに大チャンス!)
毎回、最高配当である30枚を獲得できれば、(30-3)*14=378枚獲得できます。

しかし、いいところ100枚~200枚じゃないでしょうかね。


BBは150ゲームくらい遊戯して、たった1度だけイッツウで上がれました。BBは本当にプレミアム要素ですね。獲得枚数は150枚位だったかな?(獲得表示はありませんでした)



攻略要素としては、まず麻雀の役を覚える事が前提として、ナビを無視したプレイスタイルが要求されます。
積極的にBB役を狙うようにしながら、平上がりでもあがるチャンスがあるならあがってロスを防ぎます。

リャンメン待ち以上までリーチをかけずにプレイし、リャンメン~多面待ちに変更できればそこでリーチ!

単騎待ちでも待ちを変更できない&残りツモが少ないときには、リーチ頼み!

ツモる牌は、マンズが左・ピンズが右にあるので(ソーズは1と9しかありません)ストローク全開で打つとほとんどピンズに入賞します。マンズは釘構成などから、狙う事は難しいです。役牌はど真ん中。これも難しい。


風牌は左右の端に2個ずつ。東南が左端・北西が右。東は役牌なのですが、狙うのは難しい為に私的には無視。
全開で打っていると、ピンズの7~9・北・西に入りやすい為にこれらの牌を獲得して待ちにするとあがりやすいです。


ピンズの清一色や混一色が簡単なので、ピンズ狙いがいいでしょう。


配牌はどうしてもコンピューターのランダムですし、ドラや裏ドラも運の要素が強いので、上がれない時・配当が低い時は仕方ない事です。


全国導入が決定したら、ぜひ遊戯してください。2kで4時間遊戯出来ました。パチスロやパチンコよりも技術介入性がとても高くて、面白いですよ!

ドリームジャンベガス2








Last updated  2006/09/20 11:59:48 PM
コメント(2) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.