599364 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 

2004/10/7 日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで


損得勘定至上主義の日経がわざと触れていない事が有ります。

日本が常任理事国になる事によって、日本は何を得るのか?

そんな最も重要な点に全く触れていません。


『日本は常任理事国に入る資格は十分あると考える』と書き、
『日本が常任理事国になって、何をしようとするのか』諸外国に
根気強く説明しなければならないと結んでいるのですが、そもそ
も何故日本が"今"常任理事国にならなければならないのか、この
社説は、その根拠についても全く触れていません。

おそらく触れた所で国連運営費への日本の拠出金の貢献度くらい
でしょうが、それでは余りに芸が無い。

経済新聞と名乗りながら、日本が常任理事国になる事によって、
日本や周辺諸国、世界にとって、どんなメリットとデメリットが
有るのか?、という疑問に全く触れていないのです。

例えば中国にとって、日本が常任理事国になる事によって、何か
得する事は有るか?

皆無です。

その一点だけでも、日本の常任理事国入りは、単純に、有り得ま
せん。何故なら、常任理事国入りする為には、全常任理事国の同
意が最低限必要だからです。


では、日本にとってのメリットとは?

現在の常任理事国は、全て核兵器保有国です。
北朝鮮はもちろん既に核兵器を保有し、韓国までおそらく核兵器
を持とうとしている現在、パワーバランス的に日本中枢は核武装
したがっているかも知れません。領海線付近で天然資源を反対側
から吸い取る中国を牽制する為にも、いざとなったら北朝鮮を先
に叩く為にも・・・。

いくらでも理由は見つけられます。アメリカ軍の配備状況の変化
も理由の一つに加える事さえできるでしょう。

常任理事国入りしたら、次は核ですかね。
日本は政治や軍事に関しては憲法が存在しない国なので、非核三
原則なんて、単純に無視するでしょう。(存在しても無視されて
しまう物であれば、存在しないのと同義です)

国民感情?

北朝鮮に時々発射準備してもらったり、核弾頭つけてないミサイ
ルを発射してもらえれば、「背に腹は変えられない」とイヤでも
変わるでしょうね。その内実弾が飛んで来る可能性は、もちろん
有りますが。


それと、日経以外でもやっている議論のすり替えがこの社説の中
でもありました。

『・・・多くの指導者が改革の必要に言及した。
 日本などには勇気付けられる反応のように思われる・・・』

国連改革、安保理改革の必要性をアナン事務総長がなぜ声高に唱
えているのか。何故多くの国々がその必要性を口にするのか?

日本の常任理事国入りと、安保理改革は、全く正反対の議論です。
面接とかで恥かかないように注意して下さい。その違いが分から
ないような面接官がいる会社に入らないように、注意して下さい。


安保理の常任理事国を増やすという事は、解決策では有りません。
数が9になろうが15になろうが、100になろうが、全く関係ありま
せん。一国でも反対すれば、決議は通らないという仕組みが変わ
らない限り。

そしてその仕組みが変わる可能性は、現在の所、ゼロです。恐ら
く、将来に渡っても。だからこそ、アナンは危惧しているのです。

第2、第3のイラクの悲劇が起こったとしても、国連はそれを止め
られないのです。国連が止められなければ、他の誰も止められま
せん。

イランが2000kmの射程を持つミサイルを装備し、核開発している
事は、その意味において、非常に有効な自衛手段です。国連は彼
らに不利な議決を下す事は有っても、その逆は無いし、議決が無
くとも行動を起こす国を止められもしないからです。


常任理事国入りを目指すよりは、先に核兵器とそれを搭載できる
長距離ミサイルの保有国になった方が、自分の言い分を国際政治
に押し通しやすくなる。

イラン、北朝鮮、インドとかがそんな部類ですか。

イランがヨーロッパまで射程内に収めたというのは、だから非常
なインパクトが有ります。それこそイランと中国との関係も含め
て、日本の常任理事国入りなんて「クソ」みたいな問題です。


日本は先に核兵器保有国になれそうにないから、持つための"箔"
として安保理常任理事国の座を狙っているように、私には思えます。


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.