579471 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

同『郵政民営化を真の改革にするために』

2004/10/7 日経社説『郵政民営化を真の改革にするために』を読んで


これは文字数はさほどでは無いのですが、読んでて要領を得ない
文章でした。内容としては、「民営化するとしてもそれが民業圧
迫につながる事はけしからん」以上のものは有りません。

つまり、読む価値無し。

しかし、それではつまらないので、何かないかと捜してみた所、
どうやら【窓口ネットワーク会社】の存在がキーポイントなのか
なと思いました。

それが何かというと、郵政が民営化された時に、『郵便、貯金、
保険の三社の窓口業務や集金業務を受託する』存在になるらしく、
その職員数は、『現常勤職員の六割超の「十八万人を擁し』とい
う事らしい。

この集金業務、という所がポイントかも知れません。

それに気付かせてくれたのは、日経では無く、Yahooで偶然見かけ
た別の記事でした。

民営化後の郵保会社が国民年金徴収…政府・与党検討

つまり納付率改善に半公半民の民営化郵政職員を使えれば、現行
の民間の4800対18万人には直接ならないにしても、大幅な改善に
つながる可能性があるってわけですかね。


しかし、この『郵政民営化』を私は良く分かってません。

何故かというと、郵政を民営化して、誰が得をするのか?、とい
う点が全く分からないからです。

小包がコンビニでどうのとか、特定郵便局がどうのとかいうのは
完全に本筋から外れていると思われるので、無視です。

政府にとっては、今まで通り国債引き受け機関でいてくれた方が
便利な筈なのに、どうして民営化するのか?

なぜこのタイミングで?、という問題に関しても不明です。

この問題に関しては継続して、時々、調べていこうと思います。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.