600319 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

残り香

残り香


一日の間に頭の中に浮かぶ言葉は
400字詰め原稿用紙なら何枚になるか分からないのに
日記に書き留められる言葉はほんのわずか

一日の間に目に映る物を全部録画しようとしたら
120分ビデオテープが何本も必要になるんだろうけど
ほんの一コマでさえ思い出せない日々がある

けれど
ぼく達がカレンダーをめくり忘れていても
時計が壊れていても
風はぼく達の頬をなで
木々は雨に喜び
月は満ち欠けしながら夜闇を闊歩する

留められず僕達を置き去りにしていく日々だけど
残り香のようにぼく達の中に留まる物もある

猫の毛のやわらかさ
重ねられた唇のしめりけ
梅雨の合間の青空のまぶしさ

そんな日々の思い出は
いつどこで出会ったという日時が記憶から消えても
いつまでもその芳香を保つ


2004/6/9著


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.