000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2004.09.10
XML
カテゴリ:お仕事
職場の例の新人が
ようやく
教育役の人から見切りをつけられた。

来るべきものが来た
それだけのこと。

きっかけは
新人のテキトウとは言えない
投げやりな対応。
そこをお客さんに突っ込まれ
なじられ
クレームになってしまった。

たまたま厳しいお客さんが
たまたま販売元の方の人と知り合いで
たまたまそっちの人から
自分達のエスカレーション先に当たる人達へ
直接クレームが入ってしまった。

まぁいくつかの偶然は重なったものの
必然的に起こったこと。

その新人さんは
たぶん私よりも人当たりは良いのだと思う。
他の職場、
例えばツアーガイドとか英会話講師なら
全く問題無くこなしていたかと思う。

しかし、
上の部の人が問題の通話内容を聞きに下に降りてきた時
そいつ、
その新人は、
「すみません」
と口だけで言って、
その場を離れ
鼻歌のようなものを歌ってたので、

さすがに、
ギロリと
睨みつけた。

ふざけんじゃねぇ!
と。

私はそいつの
いつもへらへらした顔が大嫌いでした。

そいつは慌てて鼻歌を止めたものの
へらへらした顔のまま
上の人の側に行きました。


その通話録音の中でも
お客さんは本気で怒ってました。
あなた仕事をなめてるでしょ?、
と。

仕事があがってから
教育役の人と
二人でラーメン屋に向かう途中
もうあの人は外す事に決めた
という彼の声は
震えていました。


私も
クビになった事があります。
でも、
だからこそ、
言えます。
いちゃいけない職場はある
と。

今回の悲劇について言えば
大元の原因は
全く素質の無い人間を
回したウチの会社の人間。
そして彼を職場に入れてしまった
面接した人の読みの甘さ。
そして試用期間を
1ヶ月とか3ヶ月とか
短めに切っていなかった
受け入れ側の会社のシステム。
それらの事が絡まっていました。

彼がこの後どうなるか
どうするか
分かりません。

教育役の人は
もうあいつには
怖くて電話を取らせられない
と言っています。

私から言わせれば
彼を早く職場から切り離した方が
早く別の職場に入れて
お互いに幸せになれると思います。


ある場所で役に立てないからといって
全ての場所で役立たずなわけじゃない。

少なく無い職場を遍歴してきた私の
何度かクビになった事もある私の
体験談です。

要は、
自分が役に立てる場所を見つけ
そこで自分の居場所を確保する
最低限の努力を積み重ねる事。

たぶん、
それが大人として
自立する事だと思います。






Last updated  2004.10.25 13:30:38
コメント(0) | コメントを書く
[お仕事] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.