608398 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2004.09.30
XML
カテゴリ:お仕事
月末、客先に常駐してる我々はタイムカードを元に、自社に送る資料をまとめます。タイムシートとか残業シートとかです。4人チームの内、一人帰り二人帰り、私と、そう、あの新人さんが残りました。


使えないという領域を遥かに越えた所におわす方です。


私もそのタイムシート絡みの作業を7時40分くらいから始め、8時20分くらいには終りました。
その新人は、まだ終ってませんでした。彼の業務は私のと違って5時には終了してます。それでもパーティション越しに何かうんうん唸ってました。

周囲にいる客先の人達の手前、彼を無駄に残業させる為に残すのはためらわれるので、私は声をかけました。


私:「どうしたの?」(真意:何でこんな時間かかってるの?
新人:「えっと、2枚のエクセルシートの間でコピー&ペーストできないんで、全部手書きで書こうかと思って」

私が彼の机の上を見ると、印刷したシートの上に手書きで残業理由を書いてました。


ちょっと強烈なジャブを食らった私は、何気なく今日消費したペットボトル2個とイチゴオレの残骸を捨てにいったんそのセクションから出て、ふと考えました。



ホントにうまくいかないのかな?
でも、まず印刷できるなら、そのシートに・・・



直接入力して、それから印刷すりゃいいじゃん!!!???



ふつふつと何かが内側に沸きたぎるのを感じながら、私は彼の所に戻りました。


すると彼は、また信じられないコトをしてました。

手書きで一枚のシートから書き写した内容を

手打ちで別のシートに入力し直していました。



ブチッ



と私の中で何かが切れる音がしました。



私はにこやかに(おそらく、ね)
彼の机に近付き
まず事実を確かめるコトにしました。

シートAで、あるセルにカーソルを合わせ、マウスの右クリックメニューから

コピー

を選び

タスクバーから、シートBを選んで画面に表示させ
適当なセルを選んでまたマウス右クリックから

ペースト

するとまぁ

全く



問題無くペースト、つまり
貼りつけできたんですが何か?????!!!


まぁ私がやったやり方以外にも何通りも方法はありますが
全て問題無くできたろう事は疑いありません。



私:(ちょっとだけ震える声で)「できるじゃん・・・?」
新人:「え・・・、ああ、ほんとだ・・・」



私は言葉を失いました。




頭の中は真っ白というか


何か言わなきゃいけないと思いつつも


ひとまず自分の机に戻り
荷物をまとめ

かばんを担ぎ

彼の机に戻り
言いました。


「あのさ、何か技術検定試験を受けるとか言ってるけど
 そんなレベルじゃないよ?

 こんなこともわからないって

 

 を知れってことなんだよ?」

新人:「・・・あ、ええ、すいません・・・」


そして私は彼を残し家路につきました。



本音で言えば

私は彼を職場の外に掴み出し

「なめるんじゃ、ねぇ!!!」

と殴り倒したかった。
何発でも。何度でも。



新人と便宜上彼を呼んでますが
歳は36
勤める業界はIT業界
彼はサポートされる側ではなく
サポートする側に回って
この職場だけでも半年が経過します。

職場の同僚達の名誉の為に明記しておきますが
彼は少なくとも数ヶ月以上の教育を受け
電話と電話の間の下手すれば数時間は自由に勉強に使えます。

パソコンやエクセルに御縁が無い方の為に説明しますと
くつひもをちょうちょ結びできないとか
Yシャツのボタンをかけまちがえるとか
花に水ではなくアルコールをかけるとか
そんなカワイイ程度ではすみません。

もともと私は彼にはとうの昔に見切りをつけていましたが、
最近になっても日々クレームの種を生み続ける彼にはうんざりしてましたが、


今日は久しぶりにブチ切れました。


彼は2ヶ月ほどの製品やサポートの研修・勉強期間を終えて
お客さんからの電話を受け始めた時
自分がサポートする製品が、
大きく分けてAとBという二つの全く異なるOS(仕組み)で動いてる事すら把握してませんでした。


私が完全に彼に見切りを付けたのはその瞬間です。


パソコンで言えば、「ウチの店はWindowsもMacも扱ってる」
エンジンで言えば、「ウチはガソリンもディーゼルも扱ってる」
ネジで言えば、「ウチはプラスとマイナスも扱ってる」
人間で言えば、「男と女がいる」
その程度の違いが存在する事を
2ヶ月かかって分からなかった、把握できなかった人間が
どうしてその後も職場に居続ける事ができたのか?


不思議になりますよね?


そして社会とか会社とかは不思議なもので

いろいろとクレームの嵐を巻き起こし

ある客先の責任者からも
「あの人って大丈夫なの?」
と最終宣告な電話をもらっても

おそらく現在から半年先の来年4月までは
つまり1年契約満了までは

彼はこの職場に居続ける事になりそうです。



学生さん、高校生中学生小学生のみなさん
就職浪人のみなさん

会社とか職場とかって

時として
摩訶不思議な場所だという事は覚えておいて損は無いです。

スタッフサービスのCM企画スタッフもまっつぁおでしょうね。

ええ。




そんな新人とかの事とかを考えつつ、
西葛西の駅で降りて
もう一つの出来事がありました。

駅の自動改札の一番端って、駅員さんのいるオフィスになってる事ありますよね。そこで清算したりしつつ通り抜ける人もいるのですが、まぁ普通は順番に並ぶ。
私もそうしてました。

そしてもうすぐ私の番という時に
背後から若い女の人の声で
「お母さん、それ割り込みだよ!」
と聞こえて来ました。

すると私の斜め後ろから
まぁ普通といっていいおばさんが、堂々と
娘からの制止の声を何度も浴びつつ

傲然

私の前に割り込もうとしました。



私は無言で左肘を張り、そのおばさんの侵入をブロックしました。

娘さんの名誉の為に。


私は自分の定期を通しましたが、
おばさんは結局自分の定期は通さず
私の肘ブロックをすりぬけてそのまま改札の向こう側へと抜けました。

そのおばさんは
全く恥じ入っている様子は有りませんでした。

「お母さんてば、それ割り込みだって」という声は
まだ背後から聞こえました。


私は彼女の名誉の為に、振り返りませんでした。
ただ、そのおばさんの様子を見て
ハラワタのよじれる思いをしました。

可笑しくてではありません。
おそらく言葉にならない怒りで、です。

私は声にならぬ溜息を心の中でつき
愚にもつかない事を思いました。
私の頭に浮かんだその一言が何だったかは、
ご想像にお任せします。


ゲーセンに寄ってから、
イタ飯屋でスパゲティとイタリアン・ビールを胃の腑へと落とし込みつつ

私は頭痛を覚えました。



ええ、
頭痛くなりましたともさ。






追記:
後から気が付いたのですが、
』という文字は、
』と『』から成っているんですね。
つまり耳に心持たぬ者は、恥を知る筈も無い、と
そういう風に腑に落ちました。とさ♪


追記2:おまけ






Last updated  2004.10.01 12:08:34
コメント(8) | コメントを書く
[お仕事] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.