608770 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2004.10.22
XML
カテゴリ:お仕事
今朝のニュースで、最近話題の赤いペンギンおばさん
法相の迷答弁の映像を見た。その中で彼女は言った。


『・・・シロウトなのでわかりません』


国会の質疑応答の場なのに、
「末は博士か大臣か」
なんて誰も言いたくなくなるような光景だった。
少なくとも博士号はきちんとした資格だが。

しかし大臣はどの博士号を持つ世の識者よりも重い
責任を負っている"筈"の存在だ。例え派閥の勢力分
布によって割りふられるだけの椅子だとしても、一
度座ってしまったら決して言っていい言葉ではない。


私の仕事は、大雑把に言うと、分からない人に答えを提供
する仕事だ。当然その中には技術的な事に触れた事が全く
無いシロウトさん達が電話をしてくる事もある。


正直、誰か他にワカル人に代わって下さい、
と言いたくなる時もある。


私の今の職場で扱っているのは、少なくともそれが止まる
と社内全体のネットワークが影響を受ける代物である。
それを全く予備知識も経験も無い人がいじる事自体が間違っ
ているのだが、小さな会社ほど贅沢は言ってられないとい
う現実もある。


しかしだ。技術的な事どうこう以外の、こんなやりとりが
発生する事もある。

サポートをする側も無料ではやっていられない。

ネット上でユーザ登録をしてから初めて技術的な問い合わ
せをする事が可能になり、購入前は販売代理店に問い合わ
せてもらう事になってるのだが、これは昨日のあるお客と
のやり取り。

 私「ご購入後ですか?」
 客「はい、そうです」
 私「では、ご登録を確認させて頂きますので、
   お使いの製品の製造番号を教えて下さい」



 客「・・・・・すみません、まだ買ってません・・・」
 私「・・・(#'Д')」



実はこのお客、この電話の前にも一度連絡してきてて
たまたま私も分からなくて関心があった質問なので答
えて上げてたのだが、原則はその時にも案内していた。

しばらくした後素知らぬフリをしてかけてきたのだが、
声でもろばれですがな・・・。笑

しかもです、諦めの悪い事に、付き合いのあるシステム
屋かどこかから、また同じ手を使って質問させて来たり
してました。爆

たまたま、一連のコールを私が連続して取っていたから
判明してましたが、サポートの無料使用はドロボウ行為
に等しいと分かってるんだろうか・・・。



んで今日笑えたのがこのコール。

製品をネット上で登録して、そのサイトから個人情報を
管理してる画面にログインするには当然ユーザーIDなど
を画面上で入力する必要があるものの、それを忘れてし
まうお客様が跡を断たない。

普通のエンドユーザーであれば、多くとも1,2台の確
認と認証作業で終わるのだが、このお客、最初から

「17台もあるんですけど、どうしたらいいですかね?」

と来ました。私の今までの最高は一度に7台分くらいでし
たが、確認と認証作業だけですので、仕事的には難しい
事ではありません。

以下、そのお客様とのやりとり。
(業務情報秘匿の為、ボカシを使用します)

 私「では、まず3台ほど製造番号をお伺いできますか?」
 客「○○○○△△△△B569
   ○○○○△△△△84C8
   ○○○○△△△△004E
   になります」

 私「それぞれ異なるユーザIDの下に登録されてますね」   
 客「ああ、そうなんですか」
 私「それでは4台目をお伺いできますか?」
 客「○○○○△△△△8569です」
 私(ここで以前までの3台とは違う製品種類で、
   他3台とは全く違う会社名で登録されていたので)
  「お客様、こちらの製品はXXXというものですか?」
 客「いいえ、YYYというものです」


まぁ、このくらいで怯んではいけません。
誰にでもミスはあります。


 私「こちら全く違うお客様にご登録されている別製品
   の様ですので、もう一度製造番号を確認させて下
   さい」
 客「○○○○△△△△8569ですが?」
 私(ありがちなパターンを思い出して)
  「その"8"は”B”では無いですか?」
  (お客の答えを聞く前に検索をかけ、ビンゴだった)
 客「ああ、本当だ。8ではなくBですね」
 私「すると○○○○△△△△B569となりますね」
 客「はい」
 
ここで私はふと一番目に聞いた製造番号に目をやり・・・、

 私「・・・お客様、1番目にお伺いした製造番号と
   4番目にお伺いした番号が同じようなのですが」
 客「・・・・・!!
   ごめんなさい、書類がたくさんあって・・・」
 私「・・・いえいえ」


あのさ、客先に収めてる物か社内で使っているものかは
分からないけどさ、あなたが今その確認作業を請け負って
私に連絡して来てるんだから、最低限確認しておこうよ。


 私「それでは17台と伺っていた内4台、実質3台分を
   お伺いしましたので、残り13台の製造番号をま
   とめてお伺いできますか?」
 客「ええ、そうですね、14-9は6ですね」


・・・・・・・・・、待て


突っ込み所多過ぎです、あなた。^^;;;;;

前提の数も引いてる数も引き算の答えまで間違われたので、
私はどこから突っ込もうか迷いました。

 私(引き算にはあえて触れず)
  「では残り13台の製造番号をお願い致します」
 客「ええと、
   ○○○○△△△△004C、
   ○○○○△△△△84C8、
   ○○○○△△・・」
 私(既に聞いたものを確認しつつ)
  「お客様、今おっしゃられた6番目のは
   2番目のと同じですが・・・?」
 客「・・!?」


・・・まぁ、
こんな感じで、
17台の確認作業だった筈の作業は、
最終的に重複だの字の見間違いだので・・・・・・・、




6台にまで減りましたとさ。ヽ(;´ー`)ノ



ちなみに社会人1年生とかではなく、普通の中年くらいの
人の声でしたが、

最低限の確認はした上で、電話しようよ・・・・・?


仕事は慣れてくると、慣れによる手抜きとかが原因で、
本来が単純な筈だった仕事が予想外のクレームに発展する
事があります。

この手の確認作業とか、再確認作業は、社会人として何年
も働いているなら、

「シロウトナノデ、ワカリマセン」

と決して言い逃れはできない類の仕事です。

給料もらって、業務時間内に行っている行為であれば、そ
こには必然的にお金が絡んでくるわけで、こういった単純
作業が出来ないようであれば、当然それ以上の業務を頼ま
れる事は無く、さらに言えば解雇のきっかけにすらなりか
ねないでしょう。


これから就職しようとしてる皆さん、決してこのおじさん
みたいにならないように注意して下さい。

何がやばいって、






14-9=?、を真剣に間違えた辺り。






社長が通りかかって聞いていたなら、
何かを即決されかねません。


少なくとも、私なら、そうする、かも・・・・・・。笑






Last updated  2004.10.24 01:54:27
コメント(0) | コメントを書く
[お仕事] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.