609059 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2004.12.16
XML
カテゴリ:日記のようなもの
昨夜飲み会で今朝目が覚めてから数時間の軽い頭痛は、
出社後に飲んだバファリンで治りましたので、
二日酔いのせいでは無かった事に少しだけ安心した名無之直人です。

というかですね、
今晩は日本代表の試合結果よりも、
諦めの速さとやる気の無さに呆れかえっていました。

いつもの事と言い切ってしまえばそれまでなんですがっ!

なぜサポーター達は惨敗の試合後もへらへらしている代表達をなじらないのでしょうか?


ベストの布陣でなかったとかジーコが監督だからとかは関係ありません。
なんとしてでも勝ちたい。負けたくない。
そんな気迫は格好悪いのでしょうね、彼らの間では。

きっと。

『絶対に負けられない戦いがある』
なんてCMは、
だからJAROに訴えないといけないですね。


真面目に相手して下さったドイツ代表の皆様、
申し訳ありませんでした。


とてもじゃないけど、
世界ランキング16位と17位の試合には見えませんでしたとも・・・。



(閑話休題)



と、いうわけで、
そろそろ観たい人は見終わった頃でしょう。
ネタバレ全開で行きます。


『Mr.インクレディブル』
(まだ誤解されてる方がいますが、これはディズニー作品ではありません。製作はPIXARという別会社。ネズミは配給してるだけです。)


ヒーロー(家族)ものですが、
彼らが社会的に追い込まれる所からお話は始まります。

高いビルの屋上から飛び降りた人を主人公が救うのですが、
その時腰の骨を折った(折られた)として
主人公は訴えられます。

その弁護士いわく、
「彼は助けを求めていなかったのに無理やり助けられて
しかも怪我まで負わされた!」と。

ヒーローたる主人公は言い返します。
「おれはオマエの命を助けてやったのに何て言い草だ?!」

ニヤリとさせられました。
自らの社会の持つ矛盾を痛烈に皮肉ってます。
ディズニーが作っていれば、助けられた方は涙を流して感謝の雨あられで終わるだけ。

こんな感じのヒーローへの逆恨みの訴訟が相次ぎ
国は膨大な訴訟費用と損害賠償などに追われ
ヒーロー達はその超常的な力を封じて一般人として生きる事を強要されます。


そうです。
このお話は、ヒーロー達が縦横無尽に活躍するだけのお話ではありません。
保険会社のデスクワークでも困った人達を見捨てられない主人公は、
自分以外に頼る者の無い人々に支払いを受ける為の抜け道をそっと教えてあげます。
(教えてはいけない事になっているので、あくまでも、こそこそと、ばれないように)

保険会社はいざとという時の支払いをする為の存在ですが
正直にそれをやっていたら収益は減ります。
だから上司は他の社員に比べてダントツに支払いの多い主人公を責めます。

そんな説教の間にも窓の外で強盗に襲われる人を見て、
主人公は助けに行こうとするのだけど、
上司はもし外に出ればクビにすると脅します。

主人公はそんな上司に掴みかかりますが、
超常的な力をふるっては職場をクビになり転居を繰り返す羽目になっていて
やっと今の環境になじんできた子供達の事が頭をよぎります。

単純なヒーローものなら
その場で迷わず上司を殴り倒し、窓をぶち破って
路上で襲われていた人を助けに行ったでしょう。

しかしPIXARは違います。

ヒーローだって様々な制約を持って生きている。
そんな葛藤をちゃんと描く。

子どもの教育(しつけ)、職、自分の力を活かせないという失望感、
そして過去の栄光の日々の記憶。
そういった数々のものに捉われていたからこそ、
怪しげな仕事にもつられてしまうことになる。


そんな心憎い話運びが、
いかにもPIXARらしい。


敵役も(設定が)渋い。
日本アニメやディズニーなら、迷わず
正義のヒーロー対悪のヒーローとしてしまうところを
かつて主人公に憧れ、共に活躍する事を夢見ていた
普通の少年が育った存在。
主人公に
「おまえなど必要無い」と罵られ、
ヒーローに絶望し
成長後に兵器産業を興して彼らを抹殺しつつも
自分が新たなヒーローになろうとする。
ちゃんと描かれた過去と感情に裏付けられた彼には
悲哀感さえ漂う。
世界征服を狙う悪のなんちゃらとかいう薄っぺらな存在ではありません。


他のキャラクター達の能力の制限も絶妙でした。


体を自由自在に伸ばし縮みできる母親でも
伸ばし過ぎた体を何層もの(自動ロック)ドアに挟まれて窮地に陥ったりとか、

ものすごく速く動ける(走れる)長男が敵の攻撃をひらひらとかわし
大人の顔に何発もパンチを当てるのですが、
子どもの非力さのせいで効かず、大人のパンチ一発でのされてしまうとか、

長女の透明になる能力も足跡とか砂をまかれたりとかで見破られたり
バリヤーも最期の敵の連続攻撃を受けて気絶して消えてしまったりとか、

主人公である父親も基本的には力が強いだけな存在なのですが、
様々な場面で機転を利かせて危地を乗り切る姿とか、

荒唐無稽になりがちなヒーロー物だからこそ
登場人物達に出来る事と出来ない事の制約をきっちり設定して
その線から決してPIXARは足を踏み外しませんでした。

だからこそお話の底に貫かれたリアリティーも崩れないし、
"ヒーローだからそんくらい出来て当たり前じゃん?"
という皮肉も出番を失います。


Yahooなどのレビューで同時期に公開された『ハウル・・・』
とも比較される事の多いこの作品ですが、
この場ではどちらが面白かったかという評は置いておいて
一部のハウル擁護者達が言う
「話は良く分からなかったけど、話の辻褄を合わせる事が映画の目的じゃない。
 感性で楽しめればそれでいいんだ」
という意見に少しだけ異論を挟んでおきたいと思います。

確かに話は良く分からなかっけど面白いと感じたり
「観て何も得るものが無いけど、とりあえず楽しかった」
という映画も時にはあったりもしますが、
話の辻褄合わせは可能であればするべき事。
特に映画の中の伏線などは、
当然映画の中で観客に分かるように話の流れの中で伝え、
映画の話の中で解消される事が望ましい。

それがされてなかったり出来ていなかったからといって
別段誇るような事では有りません。

「製作側が意図的に想像の余地を観る側に残した」
なんて言う人もいますが、
そんなのは苦し紛れの言い訳に過ぎません。
(『千と千尋の・・・』の、千尋が最期に両親がそこにいないと言い当てられた理由とかね。笑)

Mr.インクレディブルでは一人一人の登場人物の設定から
伏線の一本一本、小道具や衣装まで、ちゃんとした意味が持たされ、
それらは全て映画の話の中で活かされ、かつ解消されています。

その事自体は映画の面白さと正比例するものでは無いかも知れませんが、
観てて素直に楽しめない引っかかりを生じさせない理由にはなるとは思います。



ごちゃごちゃと書いてしまいましたが、
結論としては、非常に良い、楽しめる映画です。


かなりお勧めですので、機会があれば観てみて下さい♪


おまけ:故途乃葉(コトノハ)






Last updated  2004.12.17 15:59:52
コメント(2) | コメントを書く
[日記のようなもの] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.