610800 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2005.01.20
XML
カテゴリ:日記のようなもの
決して犬派に転んだわけではありませんが、カワイイものはカワイイわけです。

こんばんわ、週頭の徹夜×2が効いて口内炎が出来てまだ治ってない名無之直人です。若くないと睡眠不足は肌に来るらしいって、内側にかいっ!?

とまぁそんな一人ぼけ突っ込みも寂しい今日この頃、形骸的にもこのサイトに一応の節目が来たらしいので、記念に何か書いてみようかと思いました。



が!



行き詰まった挙句、ブッシュの二期目の就任演説をちょうど生で見たのでその感想を簡単に書いて、その代わりとします。
(こういう時ですね、翻訳を解さずに英語を理解できて良かったと思えるのは。)
(スピーチ全文はこちらで→(英語です))


えーと、まず全体を通してブッシュが一番使ったのは、Liberty(自由・解放)という言葉だったのですが、一言で突っ込むとすると、

「あなたのいう自由から自由になれる自由を下さい」
"Could you give us the freedom to be free from the freedom you are offering?"

になるかと思います。


スピーチ全文に対する突っ込みは後日おそらく暗いニュースリンクさんの方でUpして下さると思うのですが、一番すごいのが、

『アメリカにおける自由(や安全)が保証されるかどうかは、他の土地で(我々が提供する)自由が定着するかどうかにかかっている』
(原文:The survival of liberty in our land increasingly depends on the success of liberty in other lands.)

という言葉でしょうか。

彼はスピーチの中で多様性を認める言葉も吐きました。民主化や自由という言葉が我々の慣習や思想などから離れているものになったとしても、我々はそれを否定しないという意味のことも言いました。

が、現実的に考えてみましょう。

イランあたりが、完全に民主的に選ばれた政体によって、自国を防衛する為の核兵器やミサイルの開発や配備を進めたとしましょう。今はまだヨーロッパの一部までしか射程範囲に入ってないのであまりアメリカも表立っては騒いでませんが、アメリカ本土まで射程に入れたミサイルが配備されたとしたら、おそらくもう形振りは構わないで潰すでしょう。

アメリカの言う自由とは、アメリカにより提供され、アメリカによって認可を受けた範囲内での自由です。今更言うまでもありませんがね。

この就任演説で、ブッシュは一期目の路線を推し進める事を表明しました。日本の新聞が選挙直後にこぞって書き立てていた『二期目は協調路線で』というのは無いものねだりのクソ記事であった事が、まぁ当然ですが、判明しました。
(さよなら日経。続けるな日経。まぁ日経だけに限った事じゃないけどね)


私としては、他に気付いた事と言えば、会場の寒さもあったにしろ、集まった観衆の反応の薄さが気になりました。

集まっている(集められた)のはほぼ全てブッシュ支持者の筈なのですが、ブッシュが拍手待ちのわざとらしい間を作る度に拍手や歓声を上げてあげていたのは、全体のほぼ3割くらいに見えました。2割未満という時も多かったです。ラストの一番盛り上がるべき所でさえ、半分には満たなかったと思います。

演説内容のあまりの白々しさもあったでしょうが、支持者の反応は、特に吉本興業辺りの人達が見れば、「お寒い」の一言に尽きたと思います。

元大統領(夫妻)とかも来ていたのですが、一番印象的だったのが、ヒラリー・クリントン。ぜんっぜん、笑ってませんでした。

笑顔ってどこ?美味しいのそれ?

って感じでしたね。TV画面に何度もUpで映ってたのですが、横にいるビル・クリントン元大統領のどちらかと言えば(ブッシュの演説姿への)好意的な表情とは、ものすごい好(嫌?)対照でした。

やはり、次かその次で打って出るのでしょうかね。

「けっ!今は好きな事ほざいてやがれ!」
と内心では毒づいていたとしても不思議ではありません。
そのくらいの表情はしてました。笑


全体で20分未満くらいの演説なので、WEBのどっかにUpされる画像とかテロップ、興味ある方は眺めてみるといいと思います。

彼の一期目に成した内容を暗いニュースリンクなどで確認しながら二期目の演説を聴くと二倍楽しめるかも知れません。




え?
そんな無駄な事に時間費やしたくないって?














ごもっとも。笑


おまけ:故途乃葉(コトノハ)






Last updated  2005.01.21 10:53:59
コメント(0) | コメントを書く
[日記のようなもの] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.