610449 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2005.01.27
XML
テーマ:ニュース(86419)
カテゴリ:日記のようなもの
<体外受精児>10万人超す 02年は76人に1人

上記のニュースを今日見たわけですが、先日人口減少の問題について書いた時に、今年の時点ですでに人口の自然増は、8~10万人程度とされていました。

つまり、です。
体外受精、という、ほとんど無理矢理、命を誕生させる分を含めないと、既に人口減少は始まっている、という言い方も出来るかと思います。

上記記事の中でも触れられている顕微受精を、以前、何かのTV番組で見た事があるのですが、率直な感想としては、

『そこまでするか?!』

というものでした。
顕微鏡を見ながら細い針で卵子に精子を直接注入するって、もう既に大切な何かを踏み越えてしまってる気がするのは私だけでしょうか。
(もちろん自分がそういう立場に置かれていたら、その手段を採っていなかったとは断言出来ませんが)

しかしその手段だけでも3万人以上が現実に産まれていて、彼らの分を引くだけで、人口は統計上減り始めている事になる、って何かすごい事のような気がします。


出生率が落ち、子供が欲しくても授からない人達は、ますます体外受精などの補助手段に頼るようになると思います。現在でも受精率は20-30%だそうです。(上記記事中のデータ)

そうすると非常に近い将来、例えば年間出生数100万の内、15万~20万以上は体外受精から産まれてくる事になりそうですね。


余談かも知れませんが、だから生命の誕生についての教育とかも様変わりしてきそうです。

子供「パパ。わたしはどうやって産まれてきたの?」
今までの父親「お父さんとお母さんがセックスして出来たんだよ」

だったものが、

子供「パパ。わたしはどうやって産まれてきたの?」
将来の父親「お父さんの精子とお母さんの卵子を試験管の中で混ぜ合わせてお前が出来たんだ」

・・・。
自分で書いててなんですが、
ロマンもへったくれもあったものじゃないですね。^^;

例えば将来的に、自然受精と体外受精による出生が半々になったりすると、冗談ではなく、子供たちの間で分化が生まれそうな気がします。

自然受精の子供たちがこんな風に悪口を言うのかな。
「やーい、お前ら、無理矢理作られて産まれてきたんだぞ!本当なら産まれてこれなかった連中のくせに!

(自分で書いてて何ですが、酷い悪口ですね・・・。)

まぁ言い返し方としては、
「それでもパパもママも私を欲しがったから、私は産まれてきたのよ!」
でいいのでしょう。


ハイ、ここから先は私の勝手な想像です。

望まれて不自然な手段で産まれてきた子供達は、まだいい。
救われているとさえ言えます。

けれども、両親が子供を望んでいなかったのに、体外受精で子供を作るような義務がもし社会の中で発生したら、そんな風に産まれてきた子供達の救いは一体どこにあるんだろう。

もしそんな義務を押し付けられるとしたら国しかいないのですが「あなた達は国の存在の危機を救う為に産まれてきたのよ」と言われて、納得して生きていくのは辛そうな気がします。

とても。とても・・・。

ほんとに勝手なただの想像ですが・・・。



あとこんなニュースもありました。
晩婚化と離婚率の上昇は世界的な現象だそうです。

個人的な考えですが、人間が死ににくくなってきてる事が関係していると思います。

つまりネズミとかがそうですが、寿命が短ければ短いほど、次の世代を作りそれが育って再生産を始めるまでのプロセスが短い。つまり回転が速い状態ですね。

逆に、寿命が伸びれば伸びるほど、次の世代を残し育て彼らが再生産するまでのプロセスが長くなる。ゆったりとした回転になる。寿命がまだ長く残っていて、安定している(すぐに死にそうにない)ので、自分の遺伝子を無理に遺そうとはしない状態、という事になるでしょうか。

種族全体としての平均寿命が延びているところに全体の出生数まで上昇すれば、それは現在の自分の生活環境(条件)を破壊しかねないので、そういったバランス感覚も人間(動物として)のどこかにプログラムされているのでしょうかね。


ここら辺の事は、ずっと書いてる物語の中とか、これから書く『バジリスク』の中などで触れていこうと思います。






Last updated  2005.01.28 02:42:45
コメント(0) | コメントを書く
[日記のようなもの] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.