608651 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2005.02.06
XML
カテゴリ:日記のようなもの
道。
それはどこかへ行くために作られた何か、
つまり本来の目的の場所に至るための途中にある何かに過ぎない。

そんな何気ない筈の道
だけの写真集に出会い
手に取り
惹かれ
迷わず買った。

どこまでも続く道。
Anywhere you want to go.

そんな題名が付けられた一冊。

世界の様々な場所で
作者が
立ち止まり
息を呑み
最高の一刻の訪れを待ちながら
一枚ずつ撮っていったのだろう。

息付いているのだ。
何でも無い田舎道が赤い照り返しを受けて怪しく輝いていたり、
ひっそりとした廃屋の中を通りまたどこかへと続いていくように見える道や、
まるで指輪物語に出てきそうな高い木立に挟まれ足を踏み入れればその緑色に埋まりそうな、
そんな道の数々が。

ハイビジョンや3DCGといった技術の進歩を嘲笑するように、
光景を純粋に切り取っただけの静止した一瞬が
何故か心に残る。
心の中の何かに響いてくる。

ただ、道が写されているだけなのに。



この本の作者のあとがきを最期にご紹介しておきます。
どこかの書店で見かけたら、是非、手にとってぱらぱらとめくってみて下さい。
それだけで、彼の感じた道の息吹が、あなたにも語りかけてくるだろうから・・・。



『人生においてしばしば、自分に問うべき地点に出くわす。
 次はどちらに行こうか、と。この地点を人は『岐路』と呼ぶ。
 この私たちの選択を最もうまく象徴してくれるのは、本物の道である。
 私はつねに変化を好む。
 いろいろな場所に行ったり、人々に出会ったり、新しい国を見たりしたい、
 そのようなところに私を導いてくれるのは、道である。
 現代の道は複雑で、あまり魅力的ではない。
 私たちはよく飛行機や渋滞したフリーウェイ、高速の鉄道や暗い地下鉄を使って
 目的地へ行こうとする。だが、私を惹きつけてやまないのは、
 好きなときに立ち止まり、思い切り深呼吸し、
 そこにある風景や雰囲気を楽しむことができる、
 なんの変哲もない、ただの道だけである。
 私がもっとも好きな道は、目的地はさほど重要ではなくて、
 ただ路上にいることが最もエキサイティングだと思えるような道、
 次の曲がり角を過ぎればうれしい驚きが待っているような、そんな道だ。
 ゆっくり行くという贅沢を覚えると、私たちはまもなく、
 道とはこちらからあちらへの単なる移動手段ではないと気づく。
 それどころか、道は、私たちの内にあらゆる感情を呼び覚ます。
 期待、希望とともに寂しさや孤独。
 また、生きることの喜び、過去のさまざまな思い出、すばらしい思い。
 私は、ゆっくり行くという贅沢をゆるしてくれる、
 変哲のない田舎の道たちにこの本を捧げたい』



『どこまでも続く道』、著者:ベルンハルト M.シュミッド、ピエ・ブックス)






Last updated  2005.02.07 07:11:24
コメント(3) | コメントを書く
[日記のようなもの] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.