610635 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2005.02.23
XML
テーマ:たわごと(22967)
カテゴリ:日記のようなもの
水曜は帰った後疲れが溜まってたか体調が少し崩れてたかで、帰宅後から倒れ込むように寝てました。

そんでもって、最近取り組んでる国債というか、なんで数百兆の借金抱えてても日本が倒産しないのか、自分なりに調べて何となく分かりました。(たぶん)


昨日の分の日記で、借款債というもので借り直し、それが去年から既に国家予算(特別会計分除く)を越えてると書いたのですが、それでも『国債の借金はいつか消えるから問題無い』とwebで書かれてる人がいたので、ここ数日はそれがどういう仕組みになっているのか調べてました。


ひとみいごさんのコメントへの返答の中で60年償還ルールというものに触れてましたが、これが日本を延命している法律そのものと言っていいでしょう。(極論するなら)

例えば60兆の国債を発行したとします。(10年もの金利1%と仮定)

毎年6000億ずつが利払い。10年後には満額と最後の利払いをするわけなのですが、この時償還する為のお金(財源)が無ければ、ここで借款債の登場です。

借金の借り換えですね。

で、この借款債そのものの消化方法なのですが、これを考えた人はものすごく頭がいいといえばイイ。というよりは、まともに考えれば『反則技だろ!?』と思えます。

だって、今から60年前といえば1945年ですよ?www

で、ここら辺の国債の整理に関する法律がいつ定められたかというと国債整理基金特別会計法という明治39年に制定されたものらしいです。

ちょっと脱線しましたが、60兆を借款債で借り換えて、特別会計の方にそれが計上され、単純計算すると、一年で1/60ずつ、一般会計から国債整理基金特別会計に繰り入れ、国債償還の原資に充当するのです。

実際には、前年度末の国債残高の60分の1に相当する額、なのですが、上記の例で言えば、毎年1兆円ずつ一般会計から特別会計へと繰り入れていけば、60兆の借金はいつか消える事になります。600兆なら一年で10兆ずつですね。

で、ここがミソなのですが、普通、借金を返すとなったら、現金で返すことをイメージしますよね。無いお金を切るという手形ではなく?

一般会計予算から繰り入れているということで、その分のお金を割いているといえばいえなくもないのですが、その分のお金も新規国債で充当したとすればどうでしょう?

おやや?

そうすると、例えば10年国債でその分を埋めたとすると、繰り入れ分の1兆なり10兆なりの借金の借金の返済が更に10年+60年とかに延びていくことになります。そうして最初の60兆の借金はいつのまにか消えたことになります。



すごくないですか、この仕組み考えた人?笑



現金は、あえて言うなら新規発行しなおした分の利払いの部分だけを払えば良いことに。

自分には関係無いと思う人。そうかも知れませんが、例えばたばこ吸ってる人なら、その特別税はこの償還部分の繰り入れに充てられたりしてますよ。焼け石に水みたいな存在ですがね。笑(私はたばこ吸ってませんが)


(まぁ、また後で少し書き足します)


参考
借款債による公債償還の仕組み
減債制度の仕組み
最近7年間の国債整理基金の国債、借入償還財源の繰入額等、償還額等、年度末基金残高、借換額の推移
国債整理基金特別会計






Last updated  2005.02.26 05:44:07
コメント(0) | コメントを書く
[日記のようなもの] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.