609889 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2005.02.27
XML
テーマ:たわごと(22940)
カテゴリ:日記のようなもの
「ミミズをください」にやられた週末だったわけですが、それはとりあえずおいときます。笑

昨日までの続きで無税金政府の可能性について考えてたのですが、これまた長い話になりそうなので、外堀から段々に埋めていくことにしました。



タイトルのマイナス金利が何かというと、お金を預けて増やすのが与信行為な筈なんですが、減らしている機関があります。誰かというと、日本の信用の総元締めでもある政府その人(?)です。

お金は少なくとも、現金で手元に持っておけば、増えることは無くとも減ることもありません。これを金利0%の状態といいます。

老後の支払いを受ける為に支払うお金を、だから手元に蓄えていった方が、将来自分が受け取るお金がより多い(貯めた分と等しいから)ということになります。



日本政府が借金まみれでも破綻していないのは、国債の国債による買い付け(実質的な政府/日銀引き受け)と、郵貯や簡保などの"税収以外のお財布"の存在があるからです。(もちろん先日から触れてる借款債とか60年償還ルールもありますが)

年金も国が将来への保障として強制的に集めてるお金の一種類なわけですが、これも周知の通り、破綻しています。タイトル通り、マイナス金利になっているのです。


ちょっと話が脇にずれますが、東大法Iを出た人が大蔵省に入るのが通例になってたそうですが、『なぜ法律を学んだ人が経済に携わる役職に就くのか?』と不思議に思った事はありませんか?

現在の金融工学とかマネー経済とかデリバティブとかは、法律は絡むかも知れませんが、はっきり言って全くの畑違いです。国の役人が国債買ってれば運用になっていたという時代ではありません。

『国に預けておけば(任せておけば)安全だ』というのはだから幻想にしか過ぎない日が来た、ということでしょう。

少子化と恒常デフレ(需要<供給)でGDPもマイナス成長を続ける可能性がありますが、現金を手元に置いておくという手段が現実としてある限り、人はマイナス金利を受け入れるとは思われません。(可処分所得の減少率<物価の下降率が恒常的に続くなら別かも知れませんが)


さて、そして本題。w

無税金政府を考える時、混同してはならないいくつかの考えがあります。

・無税金政府は、無政府状態を指さない。
・無税金政府は、無料政府ではない。
・無税金政府は、無収入政府ではない。

まず、『無税金政府は、無政府状態を指さない。』ですが、これは当然で、無税金政府の機能は現在考えられているものとかなり異なる形態になるでしょうが、やはり治安維持・外交(軍事)・通貨発行などの機能はおそらく保持するからです。(だから憲法そのものも相当程度変えることにつながる筈です。九条がどーたらとか女性天皇とか安保理事国とか言ってる場合じゃないのですよ。破綻してる国なのに)

次に、『無税金政府は、無料政府ではない。』ですが、必要なサービスには必要な対価は徴収する形になるでしょう。何故なら例えば医療費や福祉費を全部政府持ちにすると仮にしただけで、日銀(中央銀行)は相当な紙幣を刷らなくてはいけなくなるわけで、そんな通貨の価値が安定するわけもないからです。実際に公共サービスが必要量使われた分だけ適時支払いを行う。詳細についてはまた別項で触れます。


そして『無税金政府は、無収入政府ではない』。これがある意味一番大きくて、現在でも日本政府が破綻を宣言せずにいる(いられる)最大の理由でもあります。

現在の日本政府の収入を大雑把に分けると、
・税収
・国債
・公的預貯金や年金
があります。

まず税金ですが、無税金政府を名乗るのであれば完全にゼロになる筈ですが、話が長くなるのとまだ考えがまとまってないのでひとまずおいておきます。

次に国債ですが、将来の税収から償還されるものなので、ゼロ-マイナス成長時代には、だから発行不可能になる筈です。可能であるとしたら、金利の為の与信行為ではなく、現金をそのまま預かるゼロ金利国債になります。(世間がデフレを続けていくのであれば、実質的な金利がつくことになる)ここで預けられたお金をもって、無税金政府が発行する通貨の信用の裏打ちをすることになるのでしょうかね。(マイナス金利国債というのは、将来の経済動向が予測できないので、保障がきついかと)

最期に公的預貯金や保険、年金ですが、これは基本的に廃止でしょう。何故なら、民間資本や金融が未発達な国ならともかく、国が巨大な(自らの金融機関に)公的信用を与える事自体が民業の圧迫ですし、ソ連や共産圏の計画経済では無いですがお役人と利殖(金融行為)とは本質的に相容れないものなのです。畑が違うし、求められる専門性もスキルも経験も全く異なります。

国や組合の様な存在が、医療や福祉費用を一部肩代わりするような制度はおそらく残るでしょうが、公的年金の代わりに国は物理的なセーフネットを設ける形の方が良いのではないかな、と思います。(その方がまだ固定費を計算できるので)

(誤解を恐れずに言えば、超高齢化社会になってきたら、自らの命を自分の好きな様に絶つ権利という権利の行使も一部認められるべきだと思います。目安は70歳とか75歳以上で、親族がいればその承認も必要とか、悪質な金融や生命保険などが絡んでいない場合とか、条件はいくつか厳しく定める必要が出てくると思いますが、平均寿命が85~100に届こうという社会では、今までとは異なる仕組みやルールというものも必要になると思います。)




・・・結局また長くなってしまいましたが、無税金政府の可能性について、たぶんもう少し(後日)続きます・・・。






Last updated  2005.02.28 15:26:43
コメント(2) | コメントを書く
[日記のようなもの] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.