610683 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2005.03.11
XML
テーマ:ニュース(86476)
カテゴリ:日記のようなもの
ライブドアの仮処分申請が通った。

別にホリエモンがどうなろうが個人的にはどうでもよい。
が、この一連のニュースで、いかに日本の会社や経営に携わる人達や"会社員"達も、自分たちが生きている資本主義社会というものの本質をわかっていなかったのかをさらけ出している。

昨日の日記の中で紹介した『新円切替』という本の中で、「金融資本の方が産業資本よりも強い」(経済学でいうと金融寡頭支配)について触れられていた箇所があって、このライブドアの一件について連想させられた。

どんなに良い製品やサービスを生み出す会社があったとしても、その株を買い占めてしまえば、その会社の経営権を支配できる。

そんな単純な、しかし事実を、例えばニッポン放送の社長などは「社員の気持ちを司法は理解してくれると信じている」などと、信じられないほどの惰弱な言葉で認めていない。

株を市場に上場する、ということは、そのリスクを冒す、ということでもあるのだ。

トヨタのように自分で銀行ができるくらいに自己資本が充実しているところならともかく、産業のような実業に資金を提供するのは虚業である金融業である。金融が全ての資本を呑み込んでしまうと製造業がなくなってしまうので限度はあるものの、そういう社会に私達は生きている。

もしニッポン放送株50%以上をライブドアが握った場合、その経営権から逃れたいのなら、会社を辞めればいいのだ。社員がいなくなった企業は存在価値が無くなるが、ニッポン放送に限っていえば、目的はフジテレビの株なので、ライブドアは株価の下落による損失は被るだろうが当初の目的は達成するだろう。

外資参入への神経質なまでの過剰反応や、金融資本=悪といった幼稚なマスコミの反応も見てて笑えた。金儲け目的のために株を企業を買うのか、ってそれ以外に何があるのか?

長期的な企業への投資としての株の売買はもちろん存在するが、日本の株の配当なんていつまでたっても「元が取れない」もの。数十万、数百万とか投資して配当が一株当たりいくらですか?企業によって当然配当は違うにしろ何円とか何十円とかですよ?(大笑い



寝言は寝て言え。



第一、日本人の(イヤな言い方ですが)大半は、投資信託はもちろん、保険会社とか年金会社とか銀行とかが、どうやって何%とかって利率を稼いだり、TVCMで紹介されてるサービスの提供を可能にしているのか考えたことが無いように、特に今回の騒ぎを見てて感じた。

企業への貸し出しなんてタカが知れてる。

まさに投機なのですよ。いろんな金融市場で、それこそ欧米系の金融企業だってその持てる力を振り絞ってリスクに見合った投機機会を伺っている。彼らも預けられたお金があり、それを増やして返さないといけない。それが彼らの会社としての機能だからだ。生命保険会社とかだって基本は何も変わらない。

郵貯や簡保はそんなことないだろう、という人は、甘い。はっきりいって、お話にならない。公的年金を当てにしている人も、もちろんそうだ。30代以下の人なら特に。

政府系に預けられたお金がどう運営され、その実績がどうなっているか、調べてみれば、それこそお話にならないというのを通り越した悪い冗談になっている。その運用実績たるや普通の投資顧問会社なら一発で経営陣総入れ替えになってる。というか、とっくに会社が倒産に追い込まれているだろう。

利潤を得る、という発想が彼ら(役人)にはそもそも、無い。どう稼げば良いのか、についても国債を買う、くらいの発想しか(ほとんど)できない。

この「利潤を得る」という行為を卑しいと思うのなら、その人は資本主義とは決別すべきだ。(ちなみに上述の金融寡頭支配が根底に横たわる資本主義に反発したのがマルクスであり、共産主義が生まれましたがその試みが失敗したのは周知の通りです。)

今回のライブドアの騒動の中で、日本人がいかに金融というものをわかっていなかったのか、空恐ろしく感じました。リップルウッドを云々言う方は、自分たちが強制的に徴収されてる年金の運用実績でも確かめてみればいかがですか?

お金を殖やす、という行為も、大変なのです。






Last updated  2005.03.12 09:53:49
コメント(4) | コメントを書く
[日記のようなもの] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.