615690 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2007.01.26
XML
カテゴリ:政治関連
まずは以下のニュースからご覧下さい。

昨年の交通死、65歳以上が44%

今後も高齢化率は上がっていきますので、このままだと65歳以上が50%を越えてくる可能性は高いと予想されます。

いずれ社会全体の4割以上が高齢者層になってくるのですから、高齢化社会社に必要な措置がいくつかあります。

車に衝突予想(回避)装置を付けたり、その装備を法律で義務化したり、もしくは無人(自動)運転装置を開発したり、それに必要とされる社会(交通)インフラ等の整備を進めたりすることが挙げられます。

衝突回避装置の開発は既に各自動車メーカーで進められてますし、自動運転装置に関してもそうでしょう。(いずれはロボット運転手なんてのも出てくるかも知れませんが)

さらに追加の機能として、昨今多発している、幼児や歩行者の列に車が突っ込むという様な事態を避けられる仕組みを車体側と交通インフラ側に用意する事が望まれます。運転手が意図的にそうしようとしたとしても、それを防げる事が肝要です。

運転手の意図を妨げる動作になりますので、メーカー側だけの努力では難しいでしょう。
高齢者の運転を補助・代行する信号の様なものを道路や信号などから発信できるインフラの整備に関しても必要になってくると思われます。

しかし既存の公共インフラの整備と維持だけでも追いついていかないのが知れない現状で、さらに労働者の数が今後激減していくのですから、新たな設備を追加していく地域やその内容については吟味が必要になってきます。

このニュースの様に、私的交通機関は随時それぞれの事情と判断に応じて交通網を縮小していくでしょうが、公的なものに関しては5年から10年というある程度の期間を見込む必要があります。

地方公共団体そのものの廃止や受け入れ先の模索から人口の集団移住なども絡めると、15~20年という長期スパンで行われるべきものでしょう。

大量に退職していく団塊世代を誘致しようとしている地方自治体は数多くあると思いますが、その地に骨を埋めるつもりで移住したのに、そこが15~20年後に廃止されてしまったら、再移住の費用は当然ながら国(か広域地方自治体)が持つ必要があるでしょう。そうでないと数十万~数百万という単位で浮民が発生する事になりますから。

日本の高齢化率は2030年代中盤から2040年代にかけてピークを迎えますので、それまでにハードウェアやインフラ、法律なども含めて準備しておく必要があるでしょう。







Last updated  2007.01.26 13:30:31
コメント(0) | コメントを書く


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.