610396 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2007.02.15
XML
カテゴリ:お仕事
最近、職場で苛つくことが重なって、転職まで考えてたりします。

自分でも「ササクレテルなぁ」と実感できる状態です。
そんな日々の合間に、NHKのプロフェッショナルというシリーズ番組を見て、そこに出てきた人たちの言葉が非常に印象に残りました。

『逃げられないのがプロフェッショナルだ。逃げられる立場にいる人はアマチュアだ』

今夜出てた庭師の方の一言です。
転職を繰り返してる、というよりは職場を転々としてる身には、ずしんと来ました。

一端引き受けた仕事は最期までやり遂げる、というのが言葉の意味なのですが、単発の仕事で言えば、単純に仕事がこなせる人でもアマチュアだったりします。

その意味で言えば、正社員だからとか派遣/請負/パート/バイトだからという身分の違いではなく、仕事に望む態度と仕事の結果(アウトプット)を大事にして、全力を尽くす人がプロだ、と言えるでしょう。

昨夜の再放送のプロフェッショナルに出ていたのはMITの教授なのですが、彼の印象に残った言葉はこうでした。

『出すぎた杭は打たれない』
『理不尽な制約に妥協する必要は一切無い』
『オリジナルこそ、命』(それ以外はゴミ。捨てる、と続きます。)

また、別の日に見たヨーロッパで活躍するオーケストラ指揮者の言葉はこうでした。

『誰かをついてこさせるには、その相手を何倍も圧倒しなければならない』

これも、ここ数ヶ月新人を使い物にすべく暗中模索してる身には、厳しい言葉でした。

「誰かを教えるためには、その誰かの3倍勉強しなければならない」とかは時々聞く言葉ですが、まさにその通り。相手がついてくるのは、ちょっとやそっとでは追いつけないと思わせるほど能力の差がある時だけです。

相手を教えるという事は、リードしてる側からすれば、そのリードを埋める作業でもありますので、自分は常に相手よりも努力し続けなければいけない事も意味します。


とまぁ、ちょっと奇麗事が並んでしまったのですが、現実な現状を少々。
技術的な知識とか応対とかなら教え込めるだろうけれど、人間的な性質は、会社という場所では、たぶん無理です。

それが、

・自分の非に気がつけない
・お客様とか第三者から、自分の非を指摘されても認めないし謝れない
・自分の非を隠し、改める努力は全くしない

なんていう致命的なものであると、私も途方に暮れてしまうのです。

ふつー、一発でレッドカードものですよね?

この人、すでに2枚くらいは最低でもイエローカードもらってる身です。

そこでさんざん絞られてる筈のくせに、全く堪えてません。

それに加えて、私が籍を置いている会社の事務方がものすごい融通の効かなさを発揮してくれてて、会社に対する愛想の尽きてます。

同じ職場でずっと一緒に頑張ってきた人たちには迷惑をかけたくないとは思うのですが。

さて、35歳の身だし、どうする、かな~・・・。(笑






Last updated  2007.02.15 23:13:11
コメント(2) | コメントを書く
[お仕事] カテゴリの最新記事


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.