000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2010.02.09
XML
カテゴリ:政治関連
まぁ、一連の騒がれた疑惑が全く存在しなかったと仮定しましょう。
しかし一政治家としての見識は、やっぱり疑われます。

なぜでしょうか?

小沢氏訪米、大統領との会談が条件
小沢氏が訪米条件 大統領と会談要求

「党と党の関係や日米関係の一層緊密な関係を築き上げる目的で考えて欲しい」
「政策的な議論は政府がやることだ。友好親善が目的と考えてほしい」と、政策論議をしないことも条件にした。」

「小沢氏は8日の党役員会で「中国に行ったとき胡錦濤国家主席にお出迎えいただいた。オバマ大統領もちゃんとやってくれるだろう」と期待感を示した。」

整理してみましょう。

1.小沢は幹事長であり、閣僚でもなく、政策を決定する立場にはいない。(と自分でも公言している。ただし偽装陳情一元化システムなどでは総元締めという便利な立場)

2.小沢は日本の国家主席ではない。

3.オバマが鳩山首相を差し置いて小沢幹事長と会談しなければならない理由は全く存在しない。鳩山とオバマなら国家主席同士の会談となるが、そこに小沢が同席しなければならない理由もまた全く存在しない。

4.胡錦濤国家主席が小沢に会ってやったからといって、オバマが小沢に会わなくてはならない理由も存在しない。

5.「党と党の友好を深める」為に行くのであれば、小沢の幹事長というポストに対応する米民主党の要職者がいる筈でその相手に会えば済む話で、それは絶対にオバマ大統領ではない。

6.自身が首相でもないし、最高の政策決定者でもないことを自認し公言もしているのに、自分は相手が国家主席ではないと釣り合わないという、超ド級の勘違いをしている。(=鳩山を自分以下に見ていると公言しているも同然なのだが、本人は気にしていない。:参考記事→

7.普天間基地移設問題でアメリカに日本の譲歩を高く売りつける為の外交手腕だと考えてこのような言動を取っているのであれば、逆効果に過ぎない。「信頼して欲しい」「年内の決着」などを譲歩してきたのはアメリカ側であり、最終的にどこに米軍を配置するかは日本側でなく米側の都合で決まる。沖縄の在日米軍無しでアジアの安全保障の均衡が保たれると考えているのであれば、やはり小沢は不見識でしかないか、中国に日本の安全保障を委ねようとしている点で盲目的にしか過ぎない。(関連妄想記事→

8.小沢本人が自覚しているかは不明だが、小沢=民主党ではない。
 最近の鳩山首相による3つの証左。(オウムではなくなってきている?)
 ・外国人の地方選挙権、首相が慎重姿勢
 ・首相、小沢氏への「頑張って」発言否定
 ・<鳩山首相>「党の判断ある」石川議員進退で


うん、まぁ、それでも小沢を応援する人達はいるでしょう。
でも、その多くの人は、オバマがなぜ小沢に会わなくてはいけないのか、論理的に説明できないでしょう。

なぜか?

オバマが小沢に会おうが会うまいが、普天間基地移設問題に小沢という政治家個人は一切の決定権を持っていないので、全く影響が無い=会う意味が無いのです。それは日米地位協定然り、他の日米間の問題全てにおいて同じ事が言えます。

党と党との友好関係?
何それ?
糞の役にも立たない戯言に過ぎません。
立つというなら、具体的に、何がどう例えばオバマの政権運営にプラスになるのか提言してみて欲しいものです。(*1)

社民党や国民新党なんぞと連立政権組んでる日本民主党ですよ??
政局の為だけに、亀井静香を金融・郵政の大臣におく日本民主党ですよ????
世界中の国々が金融恐慌を避ける為に必死になってた時に、政局を最優先して(解散総選挙をまずやれと連呼してい)た日本民主党ですよ?????

少なくとも、政権交代が最大の景気回復手段だとかいう戯言は、実現されてきてませんが。


まぁ、とはいえ、話を持ちかけたのが米側なので、それ相応の見返りと共にオバマは小沢に会うんじゃないかと私は思いますが。会談のお土産内容がオバマの期待を裏切るものだったら、ロッキード事件なんて目じゃない事態が起こるんじゃないかと私なぞは期待するところが無いでもないですけどね。

ではまた。


(*1)例えばなんですが、日本民主党が頼めば米共和党が米民主党やオバマに対して譲歩してくれるんでしょうか???
100%無いとは言い切れませんが、もし有り得るとしたら、相応以上の見返りを米側に対して先に提示した場合のみ、です。しかもそれはもう党と党の友好なんてレベルの問題ではなく、純粋に国対国の外交関係になりますので、やはり小沢が言ってることは戯言に過ぎません。

米国の内政に日本民主党が口を出せると考えているなら、やはり小沢は狂ってるとしか言えません。米共和党も米民主党も、「(金だけ出して)黙ってろ」と言うのが関の山でしょうね。



にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキング





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2010.02.09 23:03:38
コメント(0) | コメントを書く

Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


名無之直人さん

テキトーに生きてます。

フォローする

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.