579516 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2010.05.12
XML
カテゴリ:政治関連
有名人の比例選挙への獲得競争は別に今に始まった事じゃありませんが、谷亮子が民主党から出馬するというニュースに接した時は、正直複雑な心境でした。

別に彼女のファンでもありませんが、かといって別に彼女のスポーツでの業績まで否定するわけじゃない。

彼女もものすごくいろいろ考える所があって、その上での出馬を決心したのかなと。
実際考えてなかったわけじゃないんでしょうけど、この報道見る限り幻滅しました。

やはりね、と。

【谷亮子出馬会見詳報4】谷氏「小沢先生の応援は、地球を覆うほどの愛」

政治家になる人が一番口にしちゃいけない言葉の一つが、「愛」だと思います。
彼女はほぼ間違い無く当選するでしょう。
だけど彼女が政治家になって何をやろうとしているのか。
何の為に政治家になろうとしているのか。
全く見えてきません。

H-Yamaguchiさんの下記の記事を読んで、もう『キャラクシー』でいいんじゃないのかと、私も思えてきました。

日本型キャラクラシーについて

有名キャラクターとか、イラストレーター・漫画家・声優などの競争は激しくなるかも知れませんが、中の人さえしっかりしてれば、どっちにしろ政治的素養がゼロの有名人を引っ張ってきたり客寄せパンダにするよりは、むしろマシな可能性さえあるんじゃないかと。


ちょいと真面目気味に話をすると、比例選挙はどのみち政党単位のみなんだから、下記の仕組みでいいんじゃないかと。

1.比例投票は、支持票と非支持票どちらかを、何れかの政党に対して投じる
2.比例票は、議席としてはカウントされない

まぁ例えば、『自民クン』『コバトちゃん』の二択だったとして、それぞれに支持票が千万票ずつ入ったとします。不支持票はしかし、五百万票と千万票だった場合、

 『自民クン』  支持票(1000万)-不支持票(500万)=獲得票(500万)
 『コバトちゃん』支持票(1000万)-不支持票(1000万)=獲得票(0)

この仕組みと現在までの白票との違いは明白です。
組織票を浮動票が押しつぶせるのですから投票率が劇的に上がる可能性があります。
特定の支持政党は無いけれども、特定の不支持政党はある、とかいう状況下では、特に強くその傾向が出るでしょう。

この獲得票でもし議席を割り当てる場合、小選挙区での当選者が要した平均獲得投票数につき一議席という方法であれば、比例と小選挙区の格差を無くせますし、一票の重みの差の軽減にもつながるでしょう。

もう1点非常に大きいのは、例えば現行の仕組みでは、谷亮子を落選させる方法はありません。
しかし上記の仕組みであれば、例え谷亮子効果で仮に300万票を稼いだとしても、それ以上の不支持票が投じられれば、彼女の効果を相殺できるだけでなく、人気取りでかき集められた客寄せパンダ候補を全滅させられる可能性さえ出てくるのですから。

投票者としては、非常に燃えられる仕組みです。
東京で投じようと島根で投じようと支持政党があろうと無かろうと、絶対に死に票にはならないのですから。


さて、次に2番の方の解説に行ってみましょう。

議席の配分となると結局は、その議席を埋める人に焦点が集まってしまうのです。
なのでそれを、国会審議での議決の際の票数に対して上乗せする仕組みに変えます。

具体的に例示してみます。

政党(キャラ名)  小選挙区議席数 比例区獲得票数 
『自民クン』       30     1500万
『コバトちゃん』     50      500万
『Minna』         15     1000万

上記の場合、3政党の総獲得票数は3000万票となります。
それぞれの獲得票数が全体に占める割合をまず求めます。
『自民クン』   50%
『コバトちゃん』 17%
『Minna』     33%

この総獲得票数を、それぞれの小選挙区議席数(本会議での投票数)に上乗せします。

すると、

『自民クン』  30×50%=45
『コバトちゃん』 50×17%=58.5
『Minna』  15×33%=19.95
(獲得票数がマイナスの場合は、ゼロとして上乗せ無し)

こうすると、議員は小選挙区で勝たなければならないという制約は残した上で、政党(政策)単位の全国的な判断を加味できる事になります。

上記の計算結果だと(小数点以下の扱いは微妙ですが)、比例獲得票上乗せ前後を比較してみると、

(比例票上乗せ前)
 与党50  対 野党45

(比例票上乗せ後)
 与党58.5 対 野党64.95

比例復活なんてものを無くして、かつ衆議院は小選挙区のみで、参議院は比例のみという住み分けが一番明確になる気がします。なので参議院選挙は毎年1回ネットで、というのがお金もかからずいいように思えてきました。

選挙や投票なんてものは数千年ほぼ同じ姿で来ているので、そろそろ綻びに見える箇所を繕えるような仕組みに変えてみる価値はあるんじゃないのかな、とか思います。


<おまけ>
農水委員会の江藤拓議員の質疑で泣けない奴は日本人と認めません。
2000年と2010年の口蹄疫
小沢氏、政倫審で弁明検討=党幹部に伝達-政治資金問題


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキング






Last updated  2010.05.13 01:57:06
コメント(0) | コメントを書く

Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.