609917 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2011.05.15
XML
カテゴリ:政治関連
「基地ない沖縄」求め行進=復帰39年、普天間で

前首相の首を最終的に絞めたこの問題ですが、アメリカ側の都合でまたもや結末が不鮮明に。しかもこれ、嘉手納周辺の住民の方々には受け入れがたいでしょうに。

米上院委員長ら嘉手納統合を提言

軍隊がいないから平和になるなんてのは、妄想に過ぎません。

自分の身は自分で守るものというのも、国家としての大事な原則です。

咋年沖縄方面を回った時に強く感じたのが、変な団体云々ではなく、反米軍・反軍隊感情でした。でも、中国の密漁船などには毅然として対応して欲しいとか言う矛盾に、誰も気づいていないか、声としてはとても小さい様です。

全体の絵図を俯瞰すると、今後、アメリカと日本の軍事予算が拡大していく事は、ほぼ、有り得ません。それは両国の軍隊の規模そのものが削減されていく事も意味します。

逆に、中国の軍事予算は拡大され続けます。
ハードウェアだけでなく、ソフトウェア面での差も縮小されていく一方でしょう。

米軍が沖縄からいなくなればみんなハッピーなんて幻想は捨てましょう。違う国の軍隊が来て進駐されれば、以前以下の境遇に陥る事は明白なのですから。言論の自由一つ取っても、かの国には有りません。

はっきり言って、この原発騒ぎの最中ですが、沖縄から通常軍の基地を払しょくする最短距離かつ最も現実的で格安の手段は、核武装する事です。沖縄自身が。

核ミサイルの標的にはなるかも知れませんが、必ず相手を巻き添えにする。それが核武装の意味合いです。

日本自身が所有する事には米韓などが難色を示すかも知れませんので、米軍の原潜などの寄港施設だけ近海上にMOBなどで用意すれば良いでしょう。後は敵対的潜水艦への防御艦隊や要員の常駐などですかね。(米戦略原潜は近海にいる必要はありませんが、大砲外交的なものですね)


思考実験として、沖縄が自主独立を宣言した際の対処を考えておく必要性は低くありません。

道州制は日本国内での熱は高くないものの、基地問題でずっと苛立ちを抱えてきた沖縄が自主憲法を定めて、通常軍備ではなく核武装を選択する可能性は、ゼロではありません。

米軍には一定の施設と資金を援助する代わりに、核武装と攻撃してきた相手への自動報復を契約として求める。

米軍基地施設の大半を失った沖縄の経済をどう運営していくのかが成否のカギとはなりますが、日本の核武装を集約する地域として、日本政府から一定の料金を徴収する事は可能でしょう。

日本全体が核武装する事は、たぶん無いでしょう。
自前で持つ必要性も、あまり高くありません。韓国とか北朝鮮に余計な刺激を与えかねませんし。
しかし、半独立した沖縄が核武装した場合、台湾情勢を含めて全く変わってきます。

原子力発電を将来的に放棄し、化石燃料に今後数十年頼らなくてはいけないかも知れない日本にとって、東南アジアや台湾近海の情勢は決して他人事ではありません。ロシアに天然ガスを頼るというのもぞっとしない選択肢ですしね。

MOBは攻撃への脆弱性が懸念されますが、半移動式にしておくなど、対テロも含めていろいろやりようはあります。
MOBにする意味は、沖縄本土上(地下含む)を攻撃しても核攻撃力(反撃力)は全く損なわれない体制にしておく事が、少なくとも相手の一次攻撃目標から外れる事にもつながるからです。

技術的な問題の方が、政治的な問題よりもよほど簡単に解決できるでしょうから、お勧めかも知れません。
沖縄の人々も本土の人々も忘れてはいけないのが、平和とはタダで手に入るものではないという事です。

どこかの誰かが無償での平和を提案してきたりしたら、タダより高いものは無かったという当たり前な事実を後悔する事だけは避けましょうね。


それではまた。






Last updated  2011.05.16 00:09:11
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.