609433 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2011.05.20
XML
カテゴリ:政治関連
震災の影響による原発事故その他の補償の検討の報道で、こんな台詞をよく耳にするようになりました。

「国がしっかりと必要なだけの補償を」

みたいな。

国の財源は限られているのは、誰もが知っている事実です。

だから補償に国が割ける金額も有限だし、その金額は国の収益力=国民が負担できる範囲に収まるというのも自明の理です。

今回の震災を下手に「東日本大震災」なんていう呼称にしてしまったから錯覚が起きてますが、実際に大きく被災したのは、東北の太平洋岸と、千葉茨城の一部と言い切れます。

今回被災した方々に対応する為に、又今後の震災被害に対応する為に様々な法律が組まれるでしょうが、東京が同程度の震災と津波に直撃された場合、その被害額と補償額がどのくらいになるか。おそらく数倍では効かず、桁が1つか2つは違ってくるでしょう。

そんな時保険会社が今回の様な支払いに応じられるかどうかも微妙だと思われますし、国や地方自治体においても同じ問題に直面します。

つまり私達が忘れてはいけないのは、収入以上の支払いは出来ないという大原則です。

震災という単語がそこに加わろうが加わるまいが、その原則は変わりません。加えて、今回の震災では主に宮城と福島という僅か2県に原発事故という要素が加わったものの、補償額は保険会社の支払い分だけで既に数兆円規模になっているという事実です。

震災の保険金支払い2.3兆円 企業向け募集停止相次ぐ

原発事故に限らず大規模災害で集団移住(避難)が必要となるケースは、今後も発生するでしょう。最低でも政令指定都市の規模を持つ住民を避難させる必要性が生じた場合、受入住居や生活費(物資)の用意だけでも、数兆の数倍規模の財源が必要とされるでしょう。

題名に書いた通り、津波被害が予測されるのは、今回の被災地に限りません。以前の記事に書いたように、津波被害を避ける最も効果的な手段は、被害が予測される地域から住民を移住させてしまう事です。

その移転費用は、事が起こってから補償云々を取りざたするよりは遥かに安上がりで、かつ人的被害の桁も比較になりません。

集団移住そのものが困難と思われる東京は、だからこそ都市計画として津波対策を従来とは異なる形で具体的に進めていかなくてはいけないのです。

「想定外」という言葉は、その意味で禁句です。
私達は既に、耐震という言葉だけには頼りきれない事実を思い知らされているのですから。

限りある財源を、次の震災までの限られた時間の中で有効活用しなくてはなりません。阪神大震災が1995年1月に起こり、今回のが2011年3月ですから、20年も経っていません。

つまり、現在20歳の人なら、80歳までの間にあと3,4回は同程度の震災に遭遇する可能性があるという事です。

半恒久的な避難村のような集団移住施設を全国の過疎地域に準備していくのも一つの手です。震災地のインフラ復興よりは、震災地から被災者を移転させてしまう方が時間がかからずその後の支援も遥かに楽です。

民間の保険会社では対応できない/し切れない集団避難やその後の生活支援は、広域自治体ですら対応できない場合が発生するでしょうから、国としての支援体制を今後整えていくしかないでしょう。


一時的な義援金が無意味だとは言いませんが、一番重要なのは、雇用の確保です。失われた雇用の再確保は、生産施設だけを元に戻せば確保できるとは限りません。今回の震災の影響で倒産した企業は、別に被災地だけに限定されてもいませんし、壊れた工場を治せばそれで元通りなんて訳に行かない場合は非常に多いでしょう。

結果として、恒常的に生活保障に頼らざるを得ない人口が積み重なっていった時の事も考えていかないといけません。

それが何を意味してくるかと言うと、国民一人一人が、自分自身が被災した時の為に、どの程度までの資金(税金)を供出するから、だからどんな補償を受けられるような体制(インフラ含む)を築き維持してきましょうというビジョンを示し判断を下す事です。

10万人が雇用を含む生活基盤を完全に失った場合、1カ月1人当たり10万円費用がかかったとして、1カ月当たりの総額は、100億円かかる事になります。1年だと×12倍で、1200億円です。

100万人で同じ計算をするなら、1カ月で1000億。1年で1.2兆円ですが、100万人分の仮設住宅とスペースを用意するだけでも想像を絶する作業になるでしょう。そして東京が今回と同規模の津波に襲われた場合、避難住民の数が100万人で済むかどうか、誰にもわかりませんし、実際の費用も数兆円では済まないでしょう。

義援金なんて、集まっても数百億とか数千億です。数千億から数兆円を継続的にねん出する手段は、税金しかありません。

年金方式は徴収や管理コストが膨大になり効率が悪過ぎますので、必要になった時必要になった分だけ徴収するのが最も効率が良く、かつ必要最低限な施設は全国各地に分散して維持しておく方が緊急時に対応しやすく一々建てたり壊したりするコストも省けます。(建物や資材の耐久性の限界や維持コストも考慮する必要はありますが、都度の新規建設よりはおそらく安いかと。)

繰り返しになりますが、国としての補償の財源は、自分達の支払う税金でしかありません。だからこそ、どの程度の原資を何に対して振り分けるのか、今まで以上に真剣で具体的な議論が求められて然るべきではないでしょうか。






Last updated  2011.05.21 02:52:10
コメント(0) | コメントを書く


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.