609536 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2011.06.06
XML
テーマ:ニュース(86192)
カテゴリ:政治関連
以前の日記でも書きましたが、答えは既に出ています。

発電ではなく、蓄電です。

原発から数Km離れた所に、有事の際に関係各機関の担当者が集まって情報集約と指示の効率化を図る、とは聞こえが良いのですが、今回全く機能しませんでした。

オフサイトセンター 機能せず

外部からの電力供給が途絶え、その時の為に備えた非常用発電も震災の影響で故障して使い物にならなかったからです。

原発からは数km離れてても津波の直撃を受けて使用前に壊滅した所なんてのもありました。

非常用発電装置を備える事自体はおそらく無駄では無いでしょう。しかし、原発自身もそうでしたが、非常用発電を何重にしてても、同じ場所にあれば同じ震災でやられてしまう可能性が高く、かつ離れた所にあれば交通インフラが復活するまではやはり使い物にならないといった脆弱性を抱えます。

交流・直流変換のロスや再充電の手間もありますが、ユニット化した蓄電装置(いわゆるバッテリー)の一番の利点は、持ち運びが可能な電力である事です。

使用済みになって再充電が必要になったユニットは、非被災地で発電(充電)可能な地域に持ち込み、再充電したものを被災地へと運び込む。自衛隊の輸送機や輸送ヘリなどで迅速に運べるよう、全国一律の規格が当然望まれます。

そして原発もオフサイトセンターも公的機関や病院などの施設も、重要なインフラの仕様変更として、外部電源からの電力供給を受けられるようにしておく事が必要です。

最初からそうなっていれば、後は電源を何でもいいからつなげば、とにかく通電しその施設は利用可能になる、というのが望ましい姿です。発電施設云々や電源回路復旧などの時間的ロスなどを全てスキップする為です。

装置類も全部を一体化しておくのではなく、機能毎にユニットをばらけさせておいて、必要なユニットだけ交換すれば再利用可能にするという仕様も重要でしょう。建屋が半壊しても装置を外に運び出して、持ち込んだ外部電源をつなげて、必要な機能を果たせるようにするというのが、在るべき姿です。

また、MOB(Mobile Offshore Base)式の曳航可能な小型発電施設を全国2か所くらいに配備しておくのもアリかも知れません。

汚水処理用施設も併設しておくのも効果的でしょうが、数か月以上の長きに渡って汚水循環施設への電源供給を効果的に行う為に、洋上から半固定で支援できる施設で、次回別の場所の震災にも利用できる事は非常に大きな利点を持ちます。

目標としては、全国どこで今回と似たような被害が発生しても、12時間以内に1基、24時間以内もう1基が被災地に到着する事が望ましいですが、余震がある程度落ち着いてないと津波による二次被害が懸念される事もあって、数日から一週間、二週間程度到着までにかかっても、十分に費用対効果としてはペイするでしょう。(今回の電源復旧までにかかった右往左往ぶりを思えば尚更)


さて、ここらでまとめておきます。

・非常用発電装置は無駄では無いが、それ自体が故障してしまうとお手上げになってしまう
・なので、蓄電ユニットを全国各地に貯め込んでおいて、有事の際に被災地に迅速に運び込んで使えるように体制を整えておく方が、インフラ復旧を待つよりは格段に早い
・装置類も機能毎に着脱可能にしておいて、ユニット単位で交換や運び出しを可能にしておき、建屋が使い物にならなくなっても装置類は利用可能にする
・装置類は全て、外部電源からの電力供給が可能なようにしておく(建屋の電力回路のみに依存しない)
・MOB式の移動可能な小型発電所は、おそらく緊急時の電力供給に非常な力を発揮するので複数用意しておく(放射能汚染された汚水された処理施設も併設しておくと尚良い)

オフサイトセンターの立地をとりあえず津波の影響を完全に除外できる所に移すなんてのは始まってますが、そんなのは序の口とも言えない初歩的な対処です。

今回の福島以上に原発が密集している地域が、日本にはあります。そこに大規模な津波が来たという記録も、発電所は無いと言ってましたが、最近見つかったという報道も先日見ました。

「そこにまで大震災と大津波が来るなんて想定外でした」なんて間抜けな記者会見を聞かないで済むように、必要な措置を講じて行く事が求められています。

それも、迅速に。

「こんなに立て続けに来るなんて(以下略)」なんて事になっても、後の祭りですからね。


それではまた。






Last updated  2011.06.06 23:01:05
コメント(0) | コメントを書く


Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.