579610 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ある日ぼくがいた場所

PR

Freepage List

『今日から議員様!?』


プロローグ


1-1 出会い


1-2 移動中のおさらい


1-3 執務室初日


1-4 バーゲニング演習


1-5 首相代行候補選出


1-6 元カノ、そしてレイナ


1-7 選挙議院について


1-8 EL取締法予備審議1


1-9 EL取締法予備審議2


1-10 任命式典と指輪


1-11 休養日のDinner


1-12 法案説明会1


1-13 法案説明会2


1-14 法案説明会3


1-15 みゆきの決断


1-16 アイスベルト


1-17 150億対75億


1-18 再審議前日1


1-19 再審議前日2


1-20 結審


2-1 陛下からの依頼


2-2 絶望の理由


2-3 みゆきからの依頼


2-4 亡命騒動


2-5 二人の過去


2-6 浮気の余波


2-7 律子の告白


2-8 ビリオンズ


2-9 予想外の波紋


2-10 皇居にて


2-11 再審議


2-12 新談話発表後


3-1 LV3の始まり


3-2 和久達の結婚式の後で


3-3 望(ノゾム)


3-4 イワオ、おじさん、光子さん


『今日から議員様!?』設定等


背景世界年表


MR大政変


抽選議院について


選挙議院について


国体維持関連3法案要旨


『今日から議員様!?』サイドストーリー


ss1:内海愛の場合


ss2:奈良橋悠の場合


本の感想など


『しあわせの理由』 グレッグ・イーガン


『ぼくを探しに』『ビッグ・オー』


『イラクの中心で、バカと叫ぶ』


『エンダーのゲーム』


自分で書いた物


2004/4/19の日記


ずれまくり(2004/4/12)


ジョン・トーレ監督


重し


日経社説『前途険しい安保理拡大』を読んで 


同『郵政民営化を真の改革にするために』


私という人


私の心に残っている一言


私は・・・ (その1)


私は・・・ (その2)


私は・・・ (その3)


私は・・・ (その4)


私は・・・ (その5)


詩みたいなもの


残り香


繰り返されない風景


私が気に入ってる漫画リスト


家の子猫画像


看板など


過去記事のサルベージ


無税金政府・地域/共同通貨


国家財政などについて


人口減少について


増税では人口減少も財政赤字も解決できない


2004.10.02 イチロー


映画の感想やお勧めランキング


「紳氏協定」


「無伴奏シャコンヌ」


「フルメタルジャケット」


お勧め映画リスト


私の好きな本や作家のリスト


『今日から議員様!?』特別読み切り編


その1.進路


ニュースクリップ集 その1


その2.始まりの1週間を終えて


その3.押しかけ秘書


その4.双子島への訪問


その5.難民達


その6.瑞姫の母親と


ニュースクリップ集 その2


プロローグ的なもの


ニュースクリップ その0


人口集約法要旨


浜辺にて


Category

2015.01.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ブログに書き残すような事かどうか少し考えてみたが、やはり一生に一度しか無い事なので書き残しておこうと思う。

もう何十年も難病と闘い続けてきた人で、入院回数も期間も手術回数も飲んでた薬の数も全て把握してた人は誰もいなかったと思う。

あと数ヶ月とかあと半年なんて宣告を何度となく受け過ぎて生き延びすぎて、誰ももう深刻に受け止めていなかったし、本人があと数週間で私は死ぬと言い出しても結果は同じだった。

投薬の結果、人格や記憶が定かでなくなった期間すらあった。家族や自分すら分からなくなって、これは植物状態以上の人格の死ではないのかと思ったりもした。

昨年とその前くらいからフル介護が必要になったりもして、家族も相応の負担をした。自分自身を含めて。月並みだが経験しておいて良かったとは思う。


ここ最近は、当人のこれまでの病歴や状態を鑑みれば安定しており、正月には一週間ほど自宅で普通に過ごせていたらしいし、自分は電話越しにその元気な声に安心したりした。

それから僅か二週間後の今朝方、姉から電話があった。一度切れたが、こんなタイミングでかけてくる要件としてはほぼ一つしか考えられず、かけ直してそれは確かめられた。

悲しくはなかった。
涙を催す気配もなかった。
また暗い部屋の中、ベッドにネコと布団にくるまりながら、込み上げてくるだろう感傷に浸ろうともしてみたが、そうかぁ…、といった漠然としたものだった。

いろいろ間に合わなかったかという後悔めいたものはあったけれども、ツイッタで全く関係の無いやり取りをしながら朝を迎え、忌引きの手配をしたり、ペットホテルのアテをつけたり、その他諸々の準備を終えてから、予想外に早かった帰京を終え、躯となった母と再会した。

やはり悲しみは込み上げなかった。
穏やかな、本当に眠っているだけにしか見えない、往生した姿だった。(本人クリスチャンだけど)

兄弟や親族と葬儀その他の話を詰め、それぞれの家に帰る者と、遺体と共に残る者とに分かれ、台所を片付け、部屋に下がった後のことだった。

洗い物も片付けも済んだ筈の台所で、まだ何かを洗ったり片付けている音が続いていた。親族の一人の叔母さん。ここに通うには少し遠い場所に住んでいるのに、何かにつけ来てくれたり母の世話を手伝ってくれてたりした人だった。

兄が風呂を入れ、本人は疲れたからと入らずに部屋に下がり、叔母さんはまだ興奮しててお風呂入ってもすぐ寝付けずに湯冷めして風邪を引いてしまうからと辞退したので、自分もしばし部屋に下がった。

それから風呂に入る前、叔母さんに声をかけようとした。母の遺体を寝かせてある部屋の入口で、叔母さんは、正座したまま上体と顔を正面に折り畳み、泣くでもなく、震えるでもなく、おそらくその視界は床に向けて閉じられたまま、死体に、人生を終えた誰かに相対していた。

声をかけられず風呂に入り、出て、また部屋の前を覗くと、足を崩し身体を起こしていたので、何言かを交わし、会話の途切れる際にそこで風邪を召されないよう言い残して、自分はまた彼女をそこに残して、部屋に下がった。

まだ一時間ほども彼女は遺体の側にいた。
無言でその遺骸に向き合っていた。

言葉にするなら、あれが死を悼んでいる姿なのだろうと感じた。

これを書き終える頃になって、彼女は風呂には入らず、彼女に割り当てられた寝室に下がり、襖をすーっと閉じた。

これが、自分の母が死んだ一日だった。


2015年1月18日 記す






Last updated  2015.01.19 00:13:12
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ   マイコ3703 さん
私もBinaryとか色んな事を書いてるんですが、まとまりがなくって参考にさせて頂きたいです♪
私はまだまだなんですけどBOとか色んな事をまとまりなく書いてます(笑)
私も書き方を参考にさせて頂いちゃおうかな♪是非、私のブログも見てみて下さいね☆ (2015.05.21 12:33:19)

Re:母が死んだ日(01/19)   かかし さん
はじめまして
Twitterから来ました
名無之直人さんにとって名無之直人のお母さんについて様々な思いがあったようですね
はじめてで変かもしれませんがお悔やみ申し上げます。

@hatake_kakasiより (2016.03.11 07:59:02)

Favorite Blog

Pianoforte ひとみいごさん
閑古鳥の巣箱 小市民伯爵さん
かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
bravado bravado2112さん
名無し人の観察日記 ナナシィ1190さん

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


名無之直人

Comments

かかし@ Re:母が死んだ日(01/19) はじめまして Twitterから来ました 名無之…
マイコ3703@ スゴイですね☆コレはビックリ(^^ゞ 私もBinaryとか色んな事を書いてるんです…
バーバリー 財布@ nxhahel@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
グッチ アウトレット@ ijhhraplg@gmail.com 今日は~^^またブログ覗かせていただき…
ミュウミュウ 財布@ nawiagi@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.