338068 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ダイアモンド・ダスト

Jun 30, 2018
XML
カテゴリ:備忘録
今朝ほど犬たちの世話をしているときに
ああ、そうか!と
突然何の脈絡もなく「利他的」であるということについて
一つの考えが降りてきた。

利他的であると言う事は
エゴが表出していない状態だ。

そういうときってのは
良いシンクロが起きやすかったり
上と?ハイアーマインドと?のコミュニケーションが取れやすくなっていると思うから
閃きが有ったり
直感が働いたりっていうことが
起きやすいんじゃないだろうか?

でも、それなら
以前介護会社に振り回されていた時は
何故あんなに苦しかったんだろう???って考えた。

答えは、
きっとそれが中途半端で
自分が大切にしているもの(仕事やら家やら看板やら)が大きくて
そういうものを維持するために
寝ずに仕事をしていたところに
介護会社からのもろもろが加わったせいだな。。。

守るものがいっぱいあって
当時はただでさえそれらを守り通すために精一杯だったのに
半強制的に利他的にならなざるを得ない状況が発生して
どちらもが自分の中で中途半端だったり
いつでも天秤心理が働いていたせいだ。

守るものが何もなければ
他者のために何かすることは
全然苦にならないはず。

しかもね当時は気づかなかったんだけど
寝ずに働いて維持するなんて言う仕事のやり方は
そもそもそこからして間違いだったんだよ。

そうしなければ維持できないという事だから
そんなことをいつまでも続けていられるわけがなかった。

仕事に没頭してしまっていると
そんな簡単なことにも気づかないんだね。

働きすぎっていうより
働き方がなんか違ってるっていう。。。

生身の人間なんだから
そんな仕事の進め方は
間違いだ。

なんでそんな簡単なことに気づかなかったかなぁ。。。

仕事とか
物とか
人間関係とか
こだわりすぎると
いざそれを横に置いて何かしなくちゃならなくなったというとき
執着が自分を苦しめることになる。

それがあの介護だったんだ。

同じ利他的なことをするのでも
守るもの、執着が無く
天秤にかけるものが無く
それに没頭できるなら
お役に立たせていただきます。。。って
それが苦ではなく
楽しむことが出来たんじゃないだろうか?

介護会社に振り回されていたから苦しかったんじゃなく
自分が守りたいものに執着していたから
それを失うことになるのを防ぐために苦しんでいたってことなんだ。。。っていうのが
今朝の気づき。

そんなことを考えるとね
家族運が無いとか
仕事運が悪いとか
守るものなんか持つなよっ!っていう
人生設計されているのかもなぁ。。。






Last updated  Jun 30, 2018 07:04:19 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.