000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

すえchanのページ

あーちゃん語録

あーちゃんは、片言をしゃべるようになった頃、独自の言葉を発していました。
その言葉達の記録・紹介です。

・「はぶー」=食べる  ・「ぱえる」=食べる(「はぶ」の変形)

・「はじー」=お座り   ・「じょっぱ」=ごちそうさま

・「ばっぺー」=髪の毛 ・「あーびー」=おしゃぶり

他にもいろいろあったと思うのだけど…忘れた(^_^;)ゞ
思うに、あーちゃんは、言葉全体を捉えて発音しようとしていたようです。
反対に、いーちゃんは、分かるところだけとにかく発していたようです。
「べい」=おせんべい、「さん」=金魚さん、など。

慎重派か、ひらめき派か、この辺りからも性格の違いがハッキリしているなぁと思いました。

慎重派ゆえに(?)、あーちゃんの2語文の出始めは遅めでした。「虫、いる!」2歳3ヶ月の時。
しかし、2語文が出始めたかと思うと、すぐに3語、多語文へとあっという間に変わっていきました。
ずーっと溜めてたのね…

一方、いーちゃんは、1歳半で2語文はもう出ていました。「べえ、たい」=おせんべい食べたい、など。
でも、いーちゃんはそこからちゃんとした文章になったのは、やはり2歳を過ぎてから。
早く話し始めたからといって、そこに理解が伴っているのかというのは、また別の話のようです。
言葉の出方には個人差がある、というのは、本当ですね。


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.