000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

すえchanのページ

PR

X

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

耳より情報

2008年04月23日
XML
カテゴリ:耳より情報
1週間くらい前だったかな、朝の情報番組の冒頭での話で

 コレステロールが高くても、死亡率は高くならない
 逆に、低いと、死亡率が高くなる

という話をしていた。
何万人かの死亡した人を調べた結果なので、信憑性がある。
といっても、確かアメリカかどっかの外国の数字なので
日本人(東洋人?)に合ってるかというのはわからないが…

欧米では、コレステロールを下げる薬は出されないそうだ。
日本の医療の常識だけ違っているらしい…
結局それは、製薬会社との関係らしい…

前にも、『コレステロールが高いほうが記憶力・集中力が高い』
という研究もあったし(初期の日記にも書いたっけ)、
コレステロールが高いほうがバイタリティがある、なんていうのも
テレビで見たことがある。

大体、コレステロールというのは、細胞壁を作る素材だし
女性ホルモンの原料にもなっているし(だから女性は若干高めのほうがいいという説も)
コレステロールが高い、低いをそれほど気にする必要はないように思う。

そもそも、飽食と運動不足、が、ほとんどすべての生活習慣病の原因だろう。
薬でなんとかしようとするほうがおかしいんだよね。

食べたいものを食べていれば、普通だったらそれで自然とバランスが摂れるんだと思う。
そうやって、体の要求に敏感になるほうが、コレステロールを気にして
食べたいものを我慢してストレスをためるより、よっぽど健康的な気がする。






Last updated  2008年04月23日 09時00分49秒


2008年03月12日
カテゴリ:耳より情報
昨日見た、たけ*の本当は怖いなんちゃらという健康情報番組で。
眼精疲労は脳疲労だというのを見て、驚きとともにすごく納得した。

交感神経と副交感神経のせめぎあいという切り口だった。

大昔、仕事というと狩猟や戦いだったわけだが
仕事をつかさどるのは普通、交感神経(興奮する)。
交感神経優位の時には、遠くを見ていた。

一方、お母さんと赤ちゃんが見つめあったりしてリラックスするときは
副交感神経優位なのだが、こういうときは近くを見ている。
これが本能的に正しい形。

なのに、現代は、仕事をするときは近くを見る人が多いだろう。
パソコンや本や、とにかくデスクワークなんかもろに。
だから、交感神経と副交感神経をどっちも使うという、神経的は大変なことになっている。
本来は交代しながらバランスを取っているはずなのに。
それで疲労しちゃうんだって。

疲労を取るには、睡眠しかないそうな。
汗をかくくらいの長風呂は、疲労するだけでよくないそうだ。
最近よくやってたのに…だから疲れが取れないのか…
それでよく寝れるというのは、風呂で疲れたからであって
その分の疲労は寝て取れるかもしれないけど、もともとの疲労が取れないんだと。
今日は温まるくらいにしとこう…






Last updated  2008年03月12日 09時00分00秒
2008年02月19日
カテゴリ:耳より情報
↑もう連休も何もあったもんじゃないけど、一応続きだし…~~;

さて、こんな目にあったので(もちろんシラミのことだ)、いろいろ調べた。
前に、シラミ被害にあった人の日記を読んだことがあったので
大体の知識はあったつもりだったが、いざとなると、自分の記憶は当てにならなかった…

シラミは、戦後の混乱期に大流行したので、不衛生&貧乏というレッテルを貼られていたらしく
そのせいで、いじめなどの2次被害を恐れて、公言出来ず、被害が蔓延していく…
という悪循環のようである。
今時、それほど不衛生にしている日本人家庭は少ないと思われるのだが…

シラミは、一日に5個くらい卵を生み付けるらしい。
直径0.5ミリくらい。見ても全然わからない。
知ってる人なら、細かく見ればわかるだろう…というくらいのもの。
その卵は、髪の毛にしっかりと巻き付き、シャンプーなんかじゃ全然取れない。
指でこすっても取れない。
爪を立ててキーってやって、やっと取れる。

考えればわかるが、シラミの成虫が誰かか誰かの使ったモノから移ってきて
そんな頑丈な卵を生み付けられたら…
もうどうにもできないのである。
どんなにキレイにシャンプーしようが、卵は取れないし、死んでもくれない。

しかも、虫のほうも、普通にシャンプーしても、落ちたりしないそうだ。
髪の毛にしっかりしがみついて離れないらしい…
シャンプー液で苦しくないのかしら…それだけが不思議だよ、ホント。

というわけで、まあ、感染した私がいうのも言い訳がましく聞こえるかもしれないが
ほとんどの情報には、不衛生だから感染するのではない、と書かれているのである。
しかも、逆に清潔なほうを好むそうだ。
それは、オーストラリア産のシラミ駆除剤にも書いてあった。

オーストラリアでは、シラミが流行り始めると、学校から「この日に駆除してください」
というお知らせがきて、親が駆除剤を薬局に買いに行き、みんなで一斉に駆除するのだそうだ。
シラミは、自分だけ駆除しても意味が無い。
また移されるかもいしれないからだ。
だから、その集団ごと一斉に駆除するのが、本当は一番いい。
のだけど、日本はそこまでしてないんだよね…

でも、自分の子が感染してないのに、わざわざ高い駆除剤を買って
しかも面倒な駆除作業を10日もしなきゃいけないというのは
確かに抵抗があるよなぁ…

その駆除剤、日本で唯一の、スミスリンシャンプーだが、
今回は慌てたので使ってしまったが、もし次回があったとしたら、もう使うのをやめるつもり。
ティーツリーオイルだけでも駆除できるし、オーストラリア製の自然由来のシャンプーもある。
スミスリンの成分は、フェノトリンというのだが、これは、神経系統を侵して殺す殺虫成分で
鳥類や哺乳類には効き目が弱いとはいうものの、外国では、「脳に影響がある可能性がある」
と明記されているそうだ。

関係ないかもしれないが、ここのところいーちゃんが、頭が痛いということが増えていて…
関係ないことを祈るけど、ただ寒いから、とか、疲れてる、とか、そうだといいけど…
もしどこかおかしくしてしまったとしたら…ちょっと心配なのだ…

それに、アメリカなどでは、この成分に耐性を持つシラミが増えているそうだ。
というか、日本でもそういうシラミはいるそうだ。
スミスリンが出てから一時期、シラミの流行は下火になったが、今は右肩上がり。
きっと耐性虫が増えていることも関係しているのではないだろうか。

ネットで見る情報には、いろいろばらつきがある部分があった。
有名なウィキペディアでは、不衛生だと流行する、みたいなことが書かれていたし
 (まあ、確かに、戦争や紛争があった後に大流行するらしいから
 そんなときに衛生状態を保てって言われたってどう考えても無理だろうから
 不衛生なせいいわれればそうなのかもしれないけど)
好きな湿度90%、と書いてるのもあれば、高温多湿を嫌う、と書かれているのもあり。

しかし、最近書かれているものは、涼しくなって乾燥してくる秋から冬にかけて流行と書いてある。
6月にも治療のピークがあるが、これは、学校などのプール学習が始まる前に
一斉検査をするところがあって、その時発見されるから、だそうだ。
プールで移る、と思っている人もあるらしいが、水を媒体にはしないのでそれは違う。
ただ、着替えのときなどに、タオルや衣服にくっついたシラミが移るというのは考えられる。

シラミは、頭皮で血を吸って生きているので、血を吸わないでいれば生きれない。
その期間は50~60時間。多くて3日ほどで死んでしまうのだ。
ノミのようにホコリの中で生きてたりしない。

だから、頭から追い払ってしまえば、そんなに怖いものではない。
それに、他に病気を媒介するわけでもないし(掻き過ぎて頭皮を痛めてバイ菌に感染はあり得るが)
正しく駆除すれば、そんなに恐れるものではないのである。

でも、気持ち悪いけどね…
あんなのが頭にいたかと思うと…
人に移してたら、やっぱり申し訳ないと思うし…
駆除も面倒だし…
風邪とかインフルエンザとかだったら、誰かに会っても気軽に愚痴も言えるけど…
なんか、何も悪くないはずなのに、罪悪感というか…
精神的にキツイ感染症だよね…

だから、少しでも偏見をなくしたいなぁと思って、日記に書きました。
もし感染して困ってる人がいたら、少しでもお役に立てたらなぁと思うし。

ん~、でも、うまく書けなかったけど。
もうちょっと駆除方法とか、シラミの生態とかも詳しく組み込もうと思ってたんだけど~~;
もうね、毎日シラミのこと考えてたから、ちょっと疲れちゃったんだよね…
でも、おいおいフリーページに、もうちょっと整理してアップできたらいいな。
いつになるかわからないけど…^^;






Last updated  2008年02月20日 00時25分21秒
2008年02月17日
カテゴリ:耳より情報
今日で最終回を迎える、アレルケアシリーズ。
思えば、あっという間であった… ←無意味に感慨深げ…

だって、モニターなんてするの、初めてだったんだもーん。
なんかさ、ちょっと緊張するじゃん? ←やっぱアタシだけか…

さて、効果のほどですが。
夫も、いーちゃんも、今のところ、花粉症の症状は出ていない。
やった♪

でも。
こんなことを書くのは、モニターとして望ましくないかもしれないけど
わかっていることを書かないと意味がないと思うので敢えて書きますが
夫の花粉の症状が一番キツイのは、3月後半から4月にかけてなので
夫の場合はまだ効果があったのかというのは…実はまだわからないといえる。
そしていーちゃんのも、去年の秋に診断されたので、春のほうはどうなのか…
ただ、春も痒がっていたことは確かで、でも、そんなにひどくなかったので
医者にいかなかっただけのことなんだけども。行ったらきっと診断されたと思う。

そんなわけで、これから継続しないと、効果のほどははっきりしないのであった…

今はまだ残りがあるので、引き続き検証をしたいと思う。
モニター期間は終わるけれど、また続きを書くつもり。
興味のある人は、どうぞ読みに来てください。

ただし…
これやってる間、必要があるのでトラックバックを受け付けているのだけど
多いのよ~、スパムが(>_<)
ホント、消すのが面倒だし、そんな余力があるなら、世界平和のために使いたいよ。
つーか、使ってくれよ、送ってる人、って思う。
つーことで、これ終わったら、トラバはまた拒否に戻します。

なんか、意味不明な終わり方になってしまいますが…~~;
最後に、ケンブロさん、カルピスさん、ありがとうございました♪

ケンブロL-92トラックバックコンテスト」参加中






Last updated  2008年02月17日 23時27分03秒
2008年02月14日
カテゴリ:耳より情報
連休3日目のことは、ひとまず置いておこう。
こっちも期限が迫っているから^^;
やっぱり、約束は守らないといけません。
それが、大人のマナー。(いや、子どももだね。)

周りのお友達は、そろそろ花粉が飛んでいて鼻が…と言っている。
でも、いーちゃんは、特に症状が出ていない。
夫も、昨日ちょっと鼻が?と思ったが、それほどでもないし。
これはもしかして、効果が出ているのか。
それとも、まだ花粉が充分に飛んでいないのか?

ところで、アレルケアは腸内環境を整えるというので思い出したけど
どこかの国のなんとかという人種の人たちの話。
彼らは、筋肉隆々ですばらしい体系をしている。
普通、筋肉を作るには、たんぱく質。=肉だ。
でも、この人種の人たちは、肉は食べない。主食は芋。
たしか、サツマイモのような形の芋だった。
貧しいので、ほとんど芋ばっかだ。
だから、畑のお肉といわれる豆もそんなに食べてないと思われる。
では、どうして筋肉が作れるのかというと、それは腸内細菌のせい。
芋の成分からたんぱく質を作る細菌があるんだそうだ。
その細菌が、すごくたくさんあるんだって。
ほぉ~~~。すごいなぁ、腸内細菌!

だから、なに? って感じだけど^^;
とにかく、これだけいろんな可能性のある腸内細菌なのだから
腸内細菌を作り変えて、健康な体を手に入れることは
夢ではないんじゃないか、と期待している、ということでした。

ケンブロL-92トラックバックコンテスト」参加中






Last updated  2008年02月14日 23時08分15秒
2008年02月11日
カテゴリ:耳より情報
今度書こう、明日書こう、と思ってる間に、こんなに間が空いてしまった!

1ヶ月継続して飲むというのは、なかなか難しいもので
つい飲んだかどうか確認するのを忘れてしまう。
抗生剤など、飲まないと困るものは、もうちょっと神経質になるのだけど
それでも、つい何回かに一回は忘れてしまう私なのだから
これもいたしかたあるまい…

いーちゃんも、美味しいのだから忘れずに飲めばいいものを
やっぱり忘れるんだな、これが。

とはいえ、夫といーちゃんの2人で飲んでいるので、残りがなくなってしまった。
1ボトルには、1人分の1ヶ月分しか入っていない。←当たり前
さて、どうしよう。

いーちゃんは、時々飲み忘れることはあるものの、
「飲まなきゃ!痒くなっちゃう!」と、慌てて飲んだりする。
ってことは、『飲むと痒くない』という図式が成立しているらしい。
もしかして気のせいかもしれないけど…

なぜかというと、目が痒いと言い出し時は、実はまだ花粉が飛散してない時期だった
と、花粉が飛散し始めたというニュースを聞いて知ったのだ。
だから、気のせいだったことは十分ありうる。
が、しかし、いーちゃんの目の痒みは、花粉だけのせいではないということかもしれない。
とにかく、本人がその気になっている(アレルケアによって痒みが軽減している)ことは
間違いないようだ。

というわけで、もう一個追加、つまり、購入してみた。
この調子で行くといいなぁ♪

ケンブロL-92トラックバックコンテスト」参加中






Last updated  2008年02月11日 23時52分53秒
2008年01月29日
カテゴリ:耳より情報
インフルエンザに振り回されて、なかなかレポートできなかった~;;

実は、いーちゃんが、飲んで3日後くらいに、寝る前になると痒かった目が

「かゆくない♪」

と言っていたのだ!

だけどさ、そんなに早く効果が出るものなのでしょうか??
でも、プラシーボ効果でもなんでも、効果があったら私的にはうれしいのだけど。

で、ここは見極めなければ!と思っていた矢先に、インフルエンザに…orz

薬を飲むので、お腹の調子を壊しやすいし
高熱を出した後はやはりお腹を壊すことが多いので
アレルケアは腸まで届く乳酸菌で腸内環境を整えるわけだから
これはちょうどいいのでは?一緒に飲まそう!と思った。

それに、インフルエンザのときにアレルケアを飲む、なんていうサンプルは
なかなか珍しいんじゃない?やる価値ありそうじゃない?!

なんて思ってたのに、いーちゃんに勧めたら、

「いらない」

無下に断られた…(;_;)

ま…そりゃそうよね…ご飯も食べたくなくて、飲み物しか飲まなかったんだから。

というわけで、もしかしたら初のデータとなるかもしれなかった実験は、
不成功…というか、始まる前に終わった。

そういえば、インフルエンザ中は、痒そうなそぶりはなかったな。
外に出なかったから、当たり前か。
それとも、免疫作用が他の敵に忙しかったからとか?

元気になって、また思い出したようにアレルケアを飲み始めたいーちゃん。
昨日はまたちょっと痒かったみたいだ。今日は痒がってなかった。
果たして、効果が?

ちなみに、夫も飲んでいるはずだが、こちらは、話すヒマもない。
昨日の帰宅は4時半だってさ。
今朝は7時半にお出かけ。風呂にも入らず…
こんな夫に、せめてアレルケアが効いて、花粉症がラクになりますように…

しまった~!この文言を入れるの忘れておった。
↓ コンテストはもうダメですな^^;

ケンブロL-92トラックバックコンテスト」参加中






Last updated  2008年01月30日 11時53分54秒
2008年01月21日
カテゴリ:耳より情報
アレルケアが届いた~~~!
モニターに選ばれたらしい!やった!!

届いたのはちょっと前なんだけど、出掛けたりして忙しくて日記が書けなかった。くすん。
このモニターは、5回レポートを書くというのが条件で、
それが2月17日までなので、1週間に1度はがんばって書きたいところなのだ。
あ、こんなこと書いたらダメなのかな…?
でも、応募条件なんて、オープンにネットで公開してあるんだから、問題ないよね^^;

で、さっそく食べてみた。
ほのかに、ほんのりと甘い。
いーちゃんにもあげた。
大喜び!^^
「美味しい、美味しい、もっと食べたい!」
いや、それはダメだってば。1日2個なのよん。

粒の大きさは、思ったより小さくて、クッピーラムネより一回り小さいくらい。
噛んでもいいから、本当にラムネのように食べられる。
これなら小さい子でも全然OKだね。
甘いといっても、感じないくらいの甘さだから、カロリー的にも全っ然問題ない感じ。

粒が思ったより小さいというより、容器自体が思ったよりすごく小さかった。
1か月分も入ってるのだから、てっきり、普通のビタミン剤のような大きさだと思っていた。
その小さな入れ物の中に、粒の量は、さらに半分くらいまでであった。
だから、もっと小さい容器にも出来たのだろうけど、あんまり小さいと扱いにくいから
きっとこの大きさになったのだろうなぁ。
メーカーさん(カルピスさん)もいろいろ考えてるんだなぁ。(←当たり前ですね;;)

ちなみに、お値段は、調べたら(今頃かぃ)2000円であった!
おおーーー。りっちぃーーー。
でも、ヨーグルトを1ヶ月買うと思えば、一個100円としたって3000円だ。
それに、毎日ヨーグルトは飽きるし、カロリーも(しつこいようだが)気になるし。
そう思ったら、効き目があるなら、惜しいことはない。

花粉症症状のないあーちゃんにも味見はさせてあげたけど、
「私も毎日食べたい!」という申し出は却下。
「2000円もするんだからっ」と言ったら、「ええー!」と驚いて、
「それなら、いらない!」と即答した。
この経済観念、妙に笑える。

* * *

こっちにも追加で入れとこう。ま、今さら誰も気付きもしないだろうが…。

ケンブロL-92トラックバックコンテスト」参加中






Last updated  2008年01月30日 11時52分30秒
2008年01月11日
カテゴリ:耳より情報
うちは、夫と、去年からいーちゃんが、花粉症だ。
夫は、それでも、マイカー通勤になってから幾分症状も治まったし
いーちゃんも、去年もそれほどひどいわけではなかったけど
今年はどうなるか…

夫には、ペパーミントティーを、ステンレスボトルに入れて持たせたりしていた。
これは即効性があるとテレビでやっていて、実際、夫も納得。
ただ、これに使ったステンレスボトルは、何を入れてもペパーミントフレーバーになる…
ので、麦茶でもほうじ茶でも、子どもが飲めなくなる…泣

もっと前には、レンコン汁というのもやった。
何が効くのか、実はもう忘れてしまったが^^;これも夫によると効果があったらしい。
ただ、それほどの効果かいうと、「あるかもしれない…?」くらいだったので
作るのが面倒なため、しかも、超まずかった!ため、1年しかやらなかった。

花粉症にヨーグルトが効く、というのは、ずいぶん前から言われていることだけど
“L-92”という乳酸菌がある、というのを、知り合いが教えてくれた。
サプリメントのような粒状のもので、手軽に摂れるらしい。

この前、またテレビでやっていたことだけど
胃にピロリ菌がいると、癌になりやすいのだけど、そのピロリ菌を抑えるのに
ある乳酸菌(L-21だっけか)が効くそうだ。だけど、ちょっと活動を抑える程度で
今は完璧ではない。今のところ、ピロリ菌を殺すには、抗生剤しかないそうだ。
でも、これからもっと強い乳酸菌が開発されることも夢ではない。
菌には菌で対応する、それが理想だと言っていた。
やっぱり、薬よりも、より自然に近い形で対処するほうが、体にはいいよね。
実は私は、自分にピロリ菌がいるのじゃないかと疑っている。
何かあると胃腸にくるタイプだからだ。だから、ココアも飲んでる(抑制効果あり)。
これからよい乳酸菌ができることに、大いに期待している。

…というのは余談で、話を戻しますと、
ヨーグルトだと、毎日食べるのも飽きるし、それなりに出費になるし
プレーンだと美味しくないし、甘いのはカロリーやメタボも気になるし…
と、あんまり定着させる気がなかったのだけど、粒状なら摂りやすいかも!
でも、お値段が気になるところ…

と思ったら、『ケンブロ』というサイトで、モニターをやっているということも教えてくれた。
まあ!
それなら、応募してみようかしらっ

そういうものに応募するのは、実は初めてなので、どうやってやるのか微妙に不安だが
トラックバックとかするらしい。
な、なんとかやってみよう。
というわけで、この記事で「インターバランスL-92 アレルケア 60粒入り」のモニターに応募するのです。
ケンブロL-92トラックバックコンテスト」参加中






Last updated  2008年01月11日 15時23分03秒
2007年09月28日
カテゴリ:耳より情報
この前、スーパードクターの特番をやっていたよね。
すごいの、発見。
いや、みんなすごいんだけど(でも、最後のほうしか見てないけど^^;)

いいなと思ったのは、歯医者さんのヤツ。

痛くない、すぐ終わる、夢のような治療法が!

虫歯喰ってるところに、オゾンを当てるだけで、虫歯菌が死滅するんだって。
だから、詰め物をする分だけ削ればいいから、痛くもないし
詰め物も、今は型を取らないでいいから、あっという間に終わる。10分。

保険外診療だから、今はきっとすごく高いんだろうけど
そのうち、メジャーになること間違いなしだね。
ヨーロッパではもう多いらしいぞ。

あれは、ドクターがスーパーというより、機械が優れていた気がするけど
勇気を持って新しいことを導入したところは、やっぱり褒めてあげよう。(何様?)

いや~、すごいね~。
医療はホントに日進月歩だね。
鳥越さんも、癌を乗り越えて、再発の危機も乗り越えて復帰してるけど
癌は近い将来、絶対治る病気になる!なんて、宣言してたし。
自分がなってみて実感した言葉だから、本当にそうかも?と思わされちゃったわ。

でも、病気にならないような生活をすることが、一番いいけどね。






Last updated  2007年09月28日 22時38分31秒

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.