000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おやじTRAD

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

自転車

2016年09月27日
XML
テーマ:MTBカスタム(306)
カテゴリ:自転車
ずいぶんと日が短くなってきましたね

自転車での夜走りは、ちゃんとしたライトが必携です

僕の住んでる中国などは、意外とライト付けてる人が少ないような?
勿体ないのか?、盗まれちゃうからなのか?
はっきり言って危ないデス!!

中国はこういうもん安く買えるのにね
僕の今使っているLEDライトは
確か25元(約375円くらい)
ミニマグライトみたいなスティックタイプですが、
ズーム式で遠近調整の結構明るいやつです
ちゃんと米国CREE社のLEDです

ただ値段相応の質感と、ホルダーの作りがラフで、
ブレーキを掛けると外れてすっ飛んだりします
まさに中国品質です

あまりにも貧相なので、
せめて中華製でももう少しグレードアップを!!ってことで、、、



いちおう1200ルーメンと謳ってますが、、、
今までのスティックタイプのライトと比べ、
いまいち余り明るさが変わらないような、、、
(変わらないとは言えど、元々のスティックタイプもむちゃ明るいんですがね)



まぁ、これも激安中華モンでして、
1200ルーメン(因みに中国語だと流明と書きます)だと
日本じゃまともなものなら1万円では買えませんよね!?
これ1,500円くらいでした
しかも、ヘッドライト・キットに取り付けアタッチメントに、
15000mAhのモバイルバッテリー付です
(バッテリーにもライトが2個付いてる意味が良く分からん??)
USBのポートが3個も有るので、ツーリング時にスマホの電源としても使えます

もともとLEDライト自体なんてのは、量産すればするほど安くなるもんですね
多聞殆どがこのバッテリー代でしょうけど、
それにしても安過ぎですね

なんちゃって製品が多く、またこれが安く楽しめるのも中国の楽しみ方かな?






最終更新日  2016年09月27日 15時47分21秒
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:自転車
高価な自転車に乗ってるわけではないですが、
やっぱり心配は盗難です

僕の住んでる中国では、ちょっと目を離すと簡単に盗まれてしまいます
ただ彼らは、高級部品の価値すら知らないので、
ただの乗り物として盗み、自家用にしたり人に売ったりするだけです

昨今の日本の自転車盗難被害は違うようですね
昔のように悪ガキがちょっと拝借程度で盗むのではなく、
最近は専門の窃盗組織が何十万~百万円超の自転車を狙った窃盗や、
高価な部品だけを狙う手口が横行しているようですね!!

日本は空前のロードバイクブームで、
安モンのエントリーバイクでさえ10万円超
マニアに至っては、コンポーネンツやサドルにホイールと
とにかく何万何十万円をつぎ込む時代、
そこに目を付けた悪人たちがその部品だけも盗み去る
高級部品を寄せ集め高級バイクを組み上げて売ったり、海外へ輸出したりと、、、

高級サドルやホイールだけ外されて持って行かれたり、
最近ではクイックリリースでホイールだけ外せますよね
しっかりホイールだけ地球ロックしてもそれ以外すべて盗まれたり、
フレームはしっかり街路樹にチェーンロックで固定しても前輪後輪共盗まれたりと、、、
高級なカーボンハンドルやステムだって簡単に外せますからね!!

僕も日本にいた時は、
ママチャリですが4台も盗まれました
買っても買っても盗まれてしまう、ホントやりきれませんよね
自転車は盗まれたらまず戻って来ないと言ってもいいでしょう!!
そんじょそこらのチェーンロックなんてニッパーやカッターで瞬殺ですからね

ならばやっぱり自力で抑止するしかないですが、
果たしてどんな鍵がいいんだろう???

ってことで、調べてみたら、
"ABUS"というドイツ製の鍵メーカーがいいらしい
ヨーロッパは特に自転車盗難が多いようで、
実績とノウハウを培った世界ブランドの老舗のようです
このメーカー・ロゴを見ただけで盗人は諦めるとか!?

日本でも、数千円から何万円まで
いろんなタイプが販売されてます
自社基準でセキュリティ・レベルを1~15まで設定し、
目的や重要性に応じてグレード・バリエーションが用意されてます

取り合えずコレ中国で買いました
いわゆる”Uロック”といわれるタイプ
頑丈な12mm鋼材で作られた安心感のあるタイプ
ちょっとやそっとじゃ切断不可でしょうね!!
金ノコで時間を掛けて切断するしかないでしょう
難点が、、、1kg超えの重量と約28cmと長いこと
フレーム固定アダプターは付いてますが、とってもカッコ悪いし、、、
結局リュックに入れて持ち歩くしかない!!

これは、自転車メーカーのGIANTとABUSがコラボしたモデルで、
何故かABUS純正より安いのが特徴
セキュリティ・レベルは”6”です



高級な鍵を一つだけ掛けるより、安くても複数掛けるのが効果的と言われますよね
要は、解錠や切断作業に手間取らせるのが一番なんですよね
あとはホイール・フレームに地球ロックと絡めるのが肝心!!

次は一般的な”ワイヤーロック”です
こいつは楽天で注文中です
セキュリティ・レベルは”7”です
ABUSのワイヤーは丈夫で、やわな工具じゃ簡単に切断できないのが◎
迷ったのは、キー式かダイアル№ロック式か?????
キー式はピッキングされるのが心配!?
ABUSのキーシリンダーはピッキングされにくい構造ではあるんでしょうが、、、
ダイアル式なら解読するにも時間が掛かる、無難に№ロック式を選択




ABUSロックを選ぶ際の注意点ですが、
大きさや重さやタイプに関係なく、セキュリティ・レベルで当然ながら価格が大違いです
また、安いモデルのダイアル式などは№が固定で変えられないものもあります

あと、こんなんも楽天で注文中
”コンパクト・ワイヤー式リール・ロック”

セキュリティ・レベルは表記ないですが、
ちょっとだけ自転車から離れる時や、
ヘルメットや大事なサドルを固定するのに便利
サドルのダブルステーに通してフレームとロック
ポケットに入る携帯性は◎

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ABUS】 コンビフレックス 201/70
価格:1271円(税込、送料別) (2016/9/26時点)




最後に今一番欲しいヤツ!!
”多関節ロック式”と言われるもの
この製品でセキュリティ・レベルは”10”ですね
お金さえ出せばセキュリティ・レベル15のモデルも叶いますけどね

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アブス Bordo 6000/90 カラー:ブラック
価格:13737円(税込、送料無料) (2016/9/27時点)




この多関節ロックが、現在では最強と言われています
意外と軟そうに見える本体ですが、
樹脂と金属の複合構造で、カッターやニッパーや金ノコでは刃が立たず、
それこそサンダーで焼き切るしかないでしょう!!
そこまでリスクを冒して盗む輩はまずいないんじゃないでしょうかね!!!!!

たかが鍵如きでそこまで金を掛けるか!?!?というところですが、
何十万円の自転車をお持ちの方にはおススメです
僕のようなそんなに高くない自転車の人には、
財布の中身と求めるセキュリティ・レベルとそうだんですね
安心を買うのはお金が掛かるということですね

セキュリティ・レベル”7”くらいのものからかなり丈夫な作りになってます
また価格も比較的リーズナブルかな!?

人のモラルさえあがれば、、、なんとも皮肉な話ですが!!






最終更新日  2016年09月27日 12時11分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月20日
カテゴリ:自転車
僕は自転車乗りですが、
どうもサイクル・ジャージが大嫌いです

だけど我々の倶楽部も只今ユニフォーム製作中です
当然ド派手なレーシング・ジャージにぴちぴちのレーパンです
殆どマウンテンバイクばかりのメンバーだし
ローディーでもないのに、、、
正直着たくないです

これは僕の良く行くここ中国のアウトドアショップのチームウエアです



ロードレーサーだと、やっぱこんな感じですよね!!

余談ですが、”大連千尋戸外”というショップなんです
大連は地名・戸外はアウトドアという中国語、
千尋は屋号なんですが何故か英ロゴを見て下さい、ジブリの千尋(CHIHIRO)と読ませています
こんなところまで日本の影響が色濃いんです

とりわけ中国も現在は自転車ブームで、
ロードとマウンテンバイクの両極分化ですね
まだ、日本のようにクロスバイクは流行っていません

こちらは、そこらかしこに自転車野郎ばかりで、
朝なんかみんな派手なサイクル・ジャージで通勤する者も多く、
どんなカテゴリーのバイクでも皆同じ!!
日本のようにレーパン履いててもさほど浮かない感じではあります
自転車乗ってサイクル・ジャージがステイタスのようです
ただ、ファッション性が随分欠落しているのは事実です

僕の愛車はマウンテンバイクですが、
オフロード車ではなく、ちょっとツーリング車っぽく仕上げています
自称”マウンテン・ツアラー”
カラーも派手な原色や蛍光色は避け、地味にまとめた自転車です
(ブログの表紙:ちょっとホイールがくどいのでもっと地味にしたい)
”チノパンが似合う自転車”を目指しています
だから、ライディング時のファッションもなるべくカジュアルを意識しています
ビンディング・シューズも敢えてカジュアルに合うものをチョイスしてます

もともとファッション好き僕は、
自転車もシューズやバッグのように持ち物としてオシャレに楽しむのもいいかななんて、、、
学生の頃からアイビー好きの僕としては、
ブックバンドで本なんかぶら下げて、チノパンにボタンダウンシャツ、
スニーカーはジャックパーセルなんて組合せ大好きです
また、ハリスツイードのジャケットにハンティング・ベレーみたいなブリティッシュなお洒落似合うような自転車が理想です

自転車から随分脱線でしたが、

ちょっと最近気になるサイクルウエア・ブランドがあります
”カペルミュール”です
いかにもフリーライド・ウエアといった装いで、
日本ではクロスバイク乗りの方なんかに人気がありますね



こんな素敵なウエアを展開するメーカーです






最終更新日  2016年09月20日 12時36分27秒
コメント(2) | コメントを書く
テーマ:MTBカスタム(306)
カテゴリ:自転車
昨日、注文していたチューブが到着したので、
以前に購入しておいたニュータイヤを、我が家の2号に装着しました

太いブロックタイヤ(2.1インチ)から細目の舗装路用ツーリング・タイヤ(1.75インチ)に交換するので、当然チューブも細いのが必要になります

中国安いですね~!!
KENDAのチューブが何と10元(約150円)/1本だったので、
備えで6本も買ってしまいました
KENDAはタイヤも安いですよ、ベーシックモデルなら35元(約530円)くらいで売ってます
メジャーなデトネーターでも50元くらいですね

今回導入した新しいタイヤは、
CST(チェンシン) C1698Nというタイヤで、
日本だとGIZA センサモと同じものですね
ただ反射テープが付いていません
CSTはGIZAのOEM生産もしているようです



何ともそっけないデザインですが、、、
反射テープは欲しいところですね
まぁ、68元(約1,050円送料込み)は安いのでしょうがないか

パターンはイイ感じじゃないですか!?



組み合わせたホイールは、
1号から外したお下がりのMAVIC XM119です
全体的に真っ黒けで、なんか冴えませんね



まだ未走行ですが、触った感じでは
僕のシュワルベ・マラソンに比べて、
トレッド面もサイドウォールもなんか柔らかくて心もとない感じですね
ただ重量はその分激軽です
パターンは深めなんでグリップは良さそうな感じ
走行テストは後日という事で、、、

ついでに、
先日衝動買いしたESSENのドリンク・ケージ
TREKショップでディレーラー調整無料でやって貰って、
手ぶらで帰る訳にいかずコレ買ってあげました



やっぱ店舗は高いですね、45元(約680円)
でもアルミ製にしては激軽ですよ!!

毎日のようにパーツを買いまくってますが、
そろそろ買うものもなくなってきました
安い中華モンのパーツで自転車弄りが楽しめるのも、
ここ中国の魅力でもあります
1万円あれば山ほど部品が買えますからね!!

因みに今注文しているもの

1200ルーメンの明るいヘッドライト
日本だと1万円で買えないかも知れませんね!?
コレ、15000mAhのUSBバッテリーパックと、頭に付けるヘッドライトセットにすべて取り付けキット込で91元(約1,400円)
ちゃんと米国CREE社のLEDを搭載しています



コラムヘッドにネジ付けする、スマホ・ホルダー、
コレ、98元(約1,500円)



ああ、自転車弄りは楽しいな!!!!!






最終更新日  2016年09月20日 11時18分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月18日
テーマ:MTBカスタム(306)
カテゴリ:自転車
こちら中国の東北地方も、
めっきり涼しくなって、秋の晴天が多くなりました

中国は中秋節休暇というものがあり、
我々サラリーマンは15~17日まで3連休です
因みに僕は14日から休みで4連休!!

14日はのんびり自転車弄り

今日の新導入パーツは、
油圧ディスクブレーキのパッド交換
標準のレジン(樹脂)のパッドをメタル(金属)に変更
先日ローターはメタル対応のものに予め交換してあります
キャリパーは元々レジン・メタル共用です

今回購入したのは、
シマノ純正の冷却用ヒートシンクの付いたカッコいいパッド!!



なかなか見た目も迫力がありますねえ
汎用品でもカラフルなアルミ製フィンが付いたものもリリースされていますが、
やっぱり技術と品質で純正を選択しました
さて、肝心の制動力はどう変わるか!?

翌15日は、自転車倶楽部の仲間たちとプチツーリング
今日の工程は往復45kmほどと、ちょっとしたポタリング程度
目的地は新しい日産自動車の工場
もう稼働して2年近く経ったかと思いますが、
まだ見たことがなかったので、、、
朝8:30に出発



でっかいですねえ
大連東風日産分公司と言います
メインはRV車を中心に生産しているようです
さすがにこの日は休日で稼働しておらず、
閑散としていました

当然みなとに隣接した工業地帯にあり、
近くの岸壁にはモータープールもありましたね
この国は、何百万台/月のクルマが売れる国なんです!!



大企業を誘致し、その周辺が素晴らしく整備・発展されていく、
この近くには世界のインテル大連工場もあります、
インテルだけの為に造られた税関も、、、
大連という街はどんどんどんどん様変わりしていますね
僕は今年の冬で丸6年在住、変わりゆくこの地を目の当たりにしてきました

さて、
そろそろお昼でお腹も空いて
いつもの日式ラーメン屋へ急ぐ!!
15元(225円くらい)の醤油ラーメンに焼き餃子+冷たいビール

ビールを呑むと坂道漕ぐのがたいへんしんどい

肝心のブレーキ交換後の試乗レーポート
・放熱効果の加減か?、ブレーキレバーをべた握りしても、強力な制動が掛かります
・フルブレーキングはちょっと怖い感じ、ポンピングが基本ですかね
・レジンがじわっとマイルドな感触に対し、メタルはガツンといった感じ
・ブレーキング時の音は、やはりメタルの摩擦する音が結構大きく感じます

今度は雨の日の制動を試したいですね!!

なんか最近僕の愛車は、
マウンテンバイクのランドナーみたいな、、、
細いタイヤで収納いっぱい!!
マウンテンバイクである意味が良く分からなくなってきた
自分流ツーリング・マシンです







最終更新日  2016年09月18日 10時55分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月13日
テーマ:MTBカスタム(306)
カテゴリ:自転車
うちの奴の愛車もちょいとドレスアップしてみました

これは”GIANT XTC800”という、おそらく中国専用モデルです
基本コンポーネンツはSHIMANOで、ディレーラーはディオーレを装着しているまあまあのグレードですね

先日日本から購入しておいたサドル”SELLE SMP TRK LADY”
これは肉厚パッドのレディース専用のコンフォート・サドルです
幅広でいかにもお尻が楽ちんそう
また、鮮やかなイタリアンレッドが何ともオシャレです

そして、イタリアンレッドに合わせて、グリップとバーエンドバーもレッドでコーディネートしてみました
こちらは激安中国品、グリップ+バー=18元(約270円)で送料サービスの(◎_◎;)価格でした
値段の割にまあまあかな!?



僕の愛車から外したライザー・ハンドル・バーが余っていたので、
2号をストレートバーからライザーバーに交換



若干色の差が否めませんが、いい感じ!!

あとは先日購入しておいたペダルです
標準のペダルは安モンが付いてますからね



ペダルは、フォークサスのチューブに合わせてチタン色をチョイス
”Wellgo MG-3”という結構メジャーな奴ですね
マグネシウム製で軽く、ビッグな踏面のフラット・ペダルです
質感もかなり高いですが、85元(約1,275円)と安かった!!


タイヤも買ってみました
”CST C1698N”チェンシンという中国タイヤです



太いタイヤが魅力でカッコいいマウンテンバイクなんですが、
ツーリングなどではやはり舗装路タイヤが楽ちんなんですね
標準装着が27.5×2.1のブロックタイヤと極太で抵抗も大きい
そこで幅を2.1⇒1.75インチに若干細くしようというものです

こんな感じのパターンです



結構イケてるパターンだと思います
ただサイドウオールとかのロゴとかダサいですね
無理もない、2本で136元(約2千円ちょっと)
満足できる

僕の愛車から外したMAVICのホイールが余っているので、
これに装着してまるごと交換しようと思います

眠くなって、タイヤ交換は明日に日延べ、、、!!






最終更新日  2016年09月13日 10時17分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月08日
テーマ:MTBカスタム(306)
カテゴリ:自転車
ようやく届いたカーボン・ハンドルバーとサスペンション・シートポスト



先日交換したカーボン・ステムと同シリーズ
EASTON EC90 ライザーバー600mm(カーボン)を取り付けました

130gという超軽量は、指先で摘まんで持てるほどの軽さ
先日交換したカーボンステムと相まって、
フロント重量が激減しました
また、カーボン独特のしなりによって衝撃吸収効果も期待できそう!!

そして、乗り心地緩和対策
タイヤを細くしたせいか、お尻の突き上げが気になります
サスペンション・シートポストの導入
kalloy uno製です

標準のアルミ・シートポストが約300gに対し、
これは500gもあります
ダンパー構造なので2重構造になるため致し方無い
重量が犠牲になっても乗り心地を重視しました



シートポスト径を間違えて31.6mmを買ってしまって、、、
実は僕の愛車は30.9mmと特殊規格でした
改めて変換シムを購入、肉を盗んで軽量化してあるタイプです

敢えてシルバーを選択しましたが、
カスタム感が出てカッコ良くなりました

乗った感じは、
これハードサスペンション・タイプなのですが、
思ってた以上にダンピングしますねえ
±調整で一番柔らかい設定にして、僕の体重69kgで凸凹道で2cmほどダンピングします
乗り心地は断然に改善しましたね


ついでに、
チューブのバルブキャップって、
塩ビのものはすぐに割れたり、飛んで行ってしまったりするので、
今回アルミ製のものに交換しておきました
安いもんです、約0.6円/個ほど



安いパーツを交換しても、気分は随分変わるもんです!!!!!






最終更新日  2016年09月08日 10時25分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年09月05日
カテゴリ:自転車
昨日は晴天に恵まれ、ちょっこら自転車愛好仲間とツーリング

ロングライドまではいきませんが、
100キロ未満のミドルライドといったところです
8:30に集合場所を出発

先ずは15キロ程先のマクドナルドで、
”エッグマフィン・セット”
エッグマフィン+ハッシュドポテト+ホットコーヒー
内容も味も日本と同じです
※言い忘れました、ここは中国の遼東半島なんです



腹ごしらえが終わって本格走行
目的地に向かって40キロ近い登り



ホイールを新調して、今日は試運転も兼ねて、、、
軽量ホイールはいいですね!!、よく転がります!!
カーボンパーツ導入で、
今回ハンドルバーが間に合わず、ステムのみカーボンに交換



例によって、逆付けで前傾がとれるようツーリング仕様に!!
標準品より10ミリ長いの付けました

休憩時間は、仲間同士でパーツ自慢が始まります



今日のコースは、
行く先々で通行止めの連続
迂回やコース変更で悩まされ、
結局目的地は断念して違うコースで折り返す

ちょっとコーヒータイムなんかいれながら、、、



ただ漕ぐだけは飽きてしまうので、
コースを海岸線にとり、景色を眺めながらのツーリング

ビーチで海の家で、
水の補給とアイスクリーム・ブレイク、しばしの休憩



無事に帰って来たのは、16:30頃でした
今日は、自宅から約90キロの走行でした

100キロを超えるロングライドは、我々ビギナーには敷居が高く、
90キロという工程は、ちょい走りに丁度いい距離です
心地良い疲労感がまたいいですね

先日は仲間が、ナイトライドで大ケガをしてしまいました
時間を競って走るより、
のんびりペースのウイークエンド・ライディングが、
我々中年おじさんライダーにはピッタリです

怪我もなく安全運転が第一ですね!!!!!






最終更新日  2016年09月05日 11時27分46秒
コメント(3) | コメントを書く
2016年08月31日
テーマ:MTBカスタム(306)
カテゴリ:自転車
昨夜は早目の夕飯を喰って暇なので、
19:00までTVを見てからMTB弄りに係る

先日買っておいた幾つかのパーツ

【ホイール交換してみました】

標準装着ものは、MAVIC XM119というリムです
いちおう銘柄品ではありますが、
リムも軽そうではないし、スポーク数も36本と多い
おそらく完組状態で2,000gは軽く超えてるでしょうね

ホイールって一番高価な自転車部品です
100g軽くなる毎に単価が跳ね上がりますよね
カーボンという選択だと100万円超えもありますからね、、、

そんなん買えないので、ボンビーな僕がチョイスしたのは、
同社の中格モデル、MAVIC CROSS RIDEというモデル
CNC切削加工された側面デザインが美しい、
スポークは24本で平打ちタイプの軽量仕様
あと完組状態で1,750gとアルミでは軽量な部類

幸い僕の住む中国では、
台湾製品が非常に安い、中台貿易協定(ECFA)の関係でしょうね!?、
おそらく自転車部品は関税ゼロなんでしょう?
御存知自転車部品は台湾製品多いので、その点助かります
このホイール前後2本で380元(約6,000円前後)で買えちゃいました!!
日本の自転車屋では3万円くらいで売ってますねえ

予算が余ったから、
今後の手間節約で一緒に換えちゃえってことで、
油圧ディスクブレーキのディスクローターも買っちゃいました!!



先日ブレーキキャリパーを交換しました
レジン/メタル・ブレーキパッド対応なので、
今回ディスクローターも、今のレジン専用からメタルも使える共用に
現在はレジンパッドを使ってますが、今度冷却フィン付きのメタルパッドに交換するのが前提で、、、

前後旧ホイールからディスクローター・カセットスプロケット・タイヤを外して、新しいものに付け替えて1.5Hくらいで作業終了
自転車専用工具は取り揃えてあるので作業は楽々です

こんな感じです!!



ブレーキキャリパーからパッドとディスクが接触しているような音がするので、これは後日調整します

全体のルックスがちょっとイメージと違ってました

●旧ホイール装着時


●新ホイール装着後


以前のブラックのリムの方が足元が締まって見えますね、今回ちょっとホイールだけ浮いてしまった感デス??
しかもタイヤも細くて小さく見える、まぁ買ってから悔やんでもしょうがない


さて、続けてこれを装着しようと、、、



KALLOY UNOのサスペンション・シートポストです
タイヤを細いツーリング用に換えてから乗り心地が悪くなりました
重さは気になります(約2倍の500g)が犠牲にして装着しよう!!
と思って作業はじめたところ、
ポスト径31.6mmは間違っていないのですが、
フレーム側にシムがきつくて入らず、
抜けなくなると怖いから装着やめました、
今度サンダーで削って再トライとします

そこでテンション下がってしまって、
これらのパーツも取付やめてビールを呑みだしてしまいました(笑)



軽量化パーツ、
EASTONのカーボン・ハンドルバーとカーボン・ステムです
むちゃ軽いです、装着楽しみに後日に回す事にしました!!

また装着レポートさせていただきます

日本の皆さんには申し訳ないですが、
ほんと中国は自転車パーツが安くて、
毎日定食食べ行くの節約すれば、
パーツは数百円/個で買えちゃいますから!!
毎日何かパーツが増えてます

日本人自転車愛好家グループで、こんなことばかりして楽しんでます






最終更新日  2016年08月31日 11時40分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年08月26日
テーマ:MTBカスタム(306)
カテゴリ:自転車
うちの奴の愛車にもオシャレなサドルを奢ってあげました


【在庫あり】【送料無料】セラSMP TRK LADY サドル レッド


セラ・イタリアのSMP TRK LADYというサドルです
イタリアンレッドが冴える、素敵な女性用サドルです

このマシンがうちの2号です



フォーク・サスペンションをエアサスに交換しただけで、
まだ殆どノーマルです
サドルだけは、VELO PLUSH 4126というレディース・サドルに換えたものの、
どうもオシャレではなく、今回セラに換装のため注文しました

サドルに合わせてハンドル・グリップなども同色でコーディネートすると、
イメージが全然変わります、当然グリップもイタリアンレッドに換える予定!!

僕のマシンはこれですが、
殆ど全改造で最初のものはフレームを残すのみですが、



これもサドルをセラ・イタリアのSMP HYBRIDのブラウンに交換してます
同様ハンドル・グリップもブラウンのバイオコルクに交換
サドルって非常に目立つパーツなんですね
ファッションで言えば靴みたいなもの、

イイ感じでしょ!!

自転車もルックスやカラーコーディネートには拘っています
例えばファッションに調和する持ち物ってところを意識してます
バッグみたいなイメージですかね!?

だから、
サイクルウエアもレーサージャージみたいなものより、
割とカジュアルスタイルで自転車のカラーに合わせたファッションに心掛けてます

派手なピチピチジャージはいかにもって感じで嫌なんです






最終更新日  2016年08月31日 13時43分22秒
コメント(0) | コメントを書く

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.