000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ビーズジュエリー クリソプレイズ

’06・8・26 (小倉 9R)


【’06・8・26 小倉 西海賞】


優勝を飾った新潟戦から20日経った今日、

クリソ号は1000万下クラスに昇級して

小倉の特別レースに出走しました!!



牝馬限定の12頭立てと、かなり少ない出走数ですが

レベルの高さは前走の時とは比べ物になりません。

パドックではピカピカに手入れされた牝馬たちが

力強く歩いてアピールしています。



クリソは、マイナス6kgとの事ですが

数字よりも痩せた感じで夏負けしたのかな?と思いました。

「毛ヅヤが良いですね~。ちょっと線が細くて

トモの踏み込みが浅くて力強さに欠けますが

まあ、この中では走るんじゃないでしょうか」と言われていました。



でも、その中でひときわ輝きを放つ馬が一頭…

小さい馬体ながらも、オーラというか

何か惹きつけられるような馬がいました。



それはクリソと同じ年に生まれた

エルコンドルパサーの仔(母親違い)トウカイルナ号。

クリソよりも父馬に似ています。

「いかにも走りそうですね~!!」解説者の声も違います。ムム



雷雲が立ち込め始めた小倉競馬場に

ファンファーレが鳴り響きました。

ゲートの中でクリソの足がステップを踏んでいます。

パカッ!!と開いて一斉にスタート☆



「あ…」

ちょっと出だしつまづいた感じで3歩ほど遅れてる?

初騎乗の福永騎手を乗せて

3コーナーまではベベから4番目です。

トウカイルナ号は別格の走りで独走態勢に入ります。




「やっぱり、無理なのかな?」

4コーナーに差し掛かった所で進路妨害もされてるし(涙)

手に汗握りつつ応援していると



ゴール前の直線から、矢のようにクリソがダッシュ!!

おシリにすごいムチが入ってる(><)痛そう…

「おおぅ~!!クリソプレーズ早い!2着でゴールか?」

解説が入りましたが、ハナ差で3着でした。



うう~ん…進路妨害が無くても優勝は無理でしたが

格上相手に充分渡り合えるレースが出来たと思います。

そしてまだまだ力が残っていたので

次に期待できそうな感じがしました。



そして次のレースが始まってからも

「さっきのクリソプレーズ号の走りは良かったですね」と

解説者が言ってくれたのが嬉しかったです(^▽^)

クリソ号、お疲れ様でした~♪


次へ


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.