018791 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

自分探し

全2件 (2件中 1-2件目)

1

家事

2008.06.05
XML
カテゴリ:家事
私が苦手な家事(家事全般苦手というより嫌い)のひとつが掃除。


結婚して4年たってずいぶんとマシにはなったけど、まだまだきれいとは言えるレベルではない。


子どもが床にジュースをこぼしていたのを知らなくて、ベタベタとした感触に気付いたので、仕方なく床拭きをすることにした。


もくもくと床を拭いていると、仕事で訪ねたことのある農家さんの家々が思い浮かんだ。



「そういえば、片付いていない家なんてなかったな…」
何軒かは片付いていない家もあったのかもしれないけど、圧倒的に片付いた家の方が多かった。


朝は夜明け前から夜遅くまで、畑を耕したり、手入れをしたり、収穫、荷造り、出荷と特に農繁期には睡眠時間を削って働く農家の方々。
そのなかでも、お母さんたち(奥さん)はそれプラス家事や育児をこなす。


そんなお母さんたちは農業という仕事の合間にご飯の支度をして、掃除したり、子どもの面倒を見たり、たくさんの仕事をこなしている。


それなのに部屋は見事に片付いている。家が散らかるほど家にいないのかもしれないけど、こっちが不快になるような汚さはなかった。


その中でも特にきれいな農家さんの家に、初めて常務と訪問した時のこと。とっても広いお屋敷(こう表現してもおかしくないくらい広い)は玄関から廊下、客間までとてもきれいだった。神棚には畑から初めて収穫したキャベツが飾られていた。


上司はしばらくしてトイレを借りて帰ってきた。


そして帰りの車の中。上司が「トイレと玄関がきれいだった。トイレと玄関のきれいな家はいい家だ」と教えてくれた。


トイレだけでなく、やっぱりそういった人たちの野菜は愛情を込めて作られ、おいしいものが多かったし、評価も高かった。



過去を振り返ったところで現実に戻ってきました。



ハイ、我が家汚いです。



私、専業主婦です。



猛烈に恥ずかしくなりました。


汚れた床を見ながら、楽しかった仕事のことを思い出しながら、床拭きに励むのでした






Last updated  2008.06.06 12:58:15
コメント(0) | コメントを書く


2007.05.25
カテゴリ:家事
昨日、その前の日に掃除した時に灯油を拭いた雑巾を洗濯機で洗ったら、灯油の臭いが充満。
もう一度洗い直したけど、やっぱりダメ。仕方なく一緒に洗った他の雑巾と足拭きマットはおじゃんに。


何度も洗濯機を洗浄したり、空回しをしてみても直らず。
仕方がないので、今日はコインランドリーに行って洗濯物を片付けてきました。
あんな短時間で乾燥まで仕上がっちゃうなんて感激。
生まれて初めて行ったので、洗剤がなかったら大変だ!!って思って洗剤抱えていったらいらないし、ちょっと恥ずかしかったあっかんべー


何事も人生経験。とってもためになりました。

洗濯機はいつ臭いが取れるのか!!






Last updated  2007.05.25 19:18:15
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.