1184971 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おじん0523のヒロ散歩

おじん0523のヒロ散歩

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

オジン0523

オジン0523

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

平塚市田村地区から… New! jinsan0716さん

コメント新着

フリーページ

ニューストピックス

2019.04.25
XML
カテゴリ:国内旅行
バスツアーの続きです。

4/17(水) 9:38
フルーツパークの側にある「甲州わさび漬センター」へ


前回も立ち寄っており、到着するとおばさんがバスに乗り込み宣伝。
何故か前回も同じだが、滞在時間が15分と少なく、この間にお土産を買えと!
本日の来客「ツアー」の名札


店内入り口にある、試食用の小さなスプーンをとり中に入ると、7種類のわさび漬け
がテーブルの上にあり手に載せて試食し放題。
好きなわさび漬けを3個選び、店員に渡して購入する(1,100円/セット)。前回もそう
であったがつい買うことになりワンセット購入した


他にも乾ぶどう、栗まんじゅう等いろんなお土産もあったが時間がなく試食だけで


甲府名物「ほうとう」もあったが、9:55には次の訪問先へ移動


10:18
甲州わさび漬センターを出て、国道20号線を走り「ジュエリー工房」へ。
添乗員から、ここの滞在時間は1時間半だとのこと。今回の安いツアーのスポンサー
なのか時間が長い


10:20
前回も来ているので二度目になる「㈱ラッキー商会」
所在地:山梨県甲府市湯田2-10-12
日本のジュエリーの1/3を生産し、山梨県で最大の地場産業であるジュエリー業界に
あって、1937年創業、業界でも屈指の歴史と実績を有しているメーカー。   


女性ガイドの説明を聞く、一階ホールに約40,000点のリング型を展示


一階から二階への階段横に展示


二階ホールで椅子に座り約十分間の説明を聞く。
前回もそうであったが、説明が流暢で上手。
ダイヤの加工、神明シリカのネックレスをかけると、冷
え性・肩こり等がなくなる等々の効果があると。
神明シリカは函館近くの山から掘り出している


店内に入るとネックレスをかけてくれ、ショッピングの間着用させてくれ血行が良く
なるとのことであったが、ちょっと高価(約13万円から)すぎて・・・・・





工場内


製品売り場では撮影禁止のためポスターを撮影


ジュエリーの企画、デザイン、製造、販売のすべての部分を備えて、事業が社内で完
結している数少ないジュエリーメーカーである。
1988年に中国・大連市に工場を設立、軌道にのり日本人の感性によってデザインされ
たジュエリーを中国で製造し、全世界に販売するという長期戦略を描いている


どの製品も高価であるので、もう必要がない高齢者は控室にて集まり(笑)


狭い敷地内に多くの観光バスが停車、観光客の時間調整をしているようだ


工場内に咲くハナミズキ





11:45までの見学であったが、11:30に出発


11:50
モンデ酒造㈱
所在地:山梨県笛吹市石和町市部476  tel:055-262-3161
営業時間:8:30 ~ 17:00  定休日:年内無休
ツアーのパンフレットには載っていなかったが・・・・・・。
添乗員から滞在時間は30分間、「昼食前で空腹での試飲に注意してください」と


WELCOME TO OUR WINE LAND
私はもう何度も訪問しているワイン工場である


この先の製品のボトルラインは撮影禁止エリア


この辺りからは「撮影OKエリア」。
音楽を聞かせながら保管していた


製品陳列


昔の、蒸留器 → 冷却器、と樽


モンデのオリジナル製品


赤ワイン用ぶどう
モンデ酒造自社畑・上屋敷畑「マスカット・ベーリーA」


赤ワインの「仕込み方法」「味わい」「良く合うお料理」


白ワイン用ぶどう
モンデ酒造自社畑・塚ノ越畑「甲州」


工場を出ると樽の門から入り試飲&売店へ


工場の間に一般道があり、警備員が観光客のために交通整理


左側は工場棟


土産物店に掲げられた社紋


お土産&試飲コーナー


飲み放題の試飲


買い物を終えバスへ


12:20
バスに乗り込み、ほろ酔い気分で昼食会場へ向かう


12:23
JR中央本線踏切


12:27
フルーツラインを走り


甲府盆地


12:28
山の斜面には桃の花、ぶどう棚


12:29
万力八幡トンネルの山には、芽吹き前のぶどう畑が広がる


12:36
国道140号線(雁坂みち)を走り、昼食会場の「信玄館」が見えてくる。
所在地:山梨県甲州市塩山小屋敷2311
恵林寺近くにあり、前回もここで昼食した


12:43
信玄館の二階は大食堂で観光バス用のレストラン


既に膳は用意され火がついていた。
膳はスタンダードの「しゃぶしゃぶとおこわセット」


野菜を先に入れて豚肉は後から入れてくださいと説明を受け。
ランクアップされた方の膳は、肉が和牛か?
おこわが美味しかったが、量が少なかったのが残念!


13:02
早めに食事を終え外に出る。
信玄館前に鎮座する「武田信玄像」。
他の店先にも同じような信玄像があったが、果たして山梨県下には何体あるのか?


13:05
信玄館の近くにある「放光寺」へ
所在地:山梨県甲州市塩山藤木2438


高橋山放光寺(ホウコウジ)。
真言宗の古刹で元暦元年(1184)新羅三郎義光の孫清光の子安田義定が賀賢(ガケン)上人
を開山として創建した。戦国時代には、武田信玄の祈願所として篤い崇敬と保護を受
けた。往古は、塔頭12末寺70ヶ寺の大寺であったが織田信長の兵火により焼失し、そ
の後慶長年間に再建された。
ここには、重要文化財の仏像4件5躯(大日如来・愛染明王・不動明王・金剛力士像)
が安置されている


真言宗智山派 高橋山放光寺の総門


ここの桜の木は満開も終わり。
総門から歩いて放光寺仁王門へ


13:08
民家の庭先に咲く花桃


縁結びと花の寺「放光寺」
事前に予約すれば「名物の精進料理」も食べれるお寺である


ブログ以外で、デジブックで公開しておりますので訪問していただければ幸いです。
「​河口湖・甲府バス旅​」をクリック願います

                               放光寺境内へ






最終更新日  2019.04.25 06:00:24
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.